ALL YOU NEED IS SAKE!

2020/09/09

黒龍・吟醸ひやおろし!

早いもので、もうひやおろしの季節です。

Img_3652

入手したのは「黒龍 吟醸ひやおろし」。

このお酒、まさに“ひやおろし”でした。

香り、味わい。レギュラーの黒龍・吟醸をそのままボリュームアップ。

それでも黒龍らしい品を失わないギリギリのところをキープ。

巧者ですね〜。もう1本買っちゃうかも。

| | コメント (2)

2020/08/10

夏酒!

やはり夏も盛りになると、夏限定の酒が飲みたくなります。

Img_3539

九頭龍・純米 夏しぼり。

黒龍のお蔵の醸す夏酒。福井県産五百万石を100%使用。

アルコール度数は17度と高め。原酒なのかな?

香りは駄菓子屋を思い出す。なぜかと言うと、ラムネに近いんですね。

夏っぽくてすごく良い。

口に含むとラムネに加えて、マスカットも連想。

基本は黒龍らしくすっきりと辛口の酒。甘味・旨味もありますが、全体がさらっとしている。

そして度数の強さはあまり感じず、軽やか。

うん、これは良い夏酒ですね。

 

そして・・・。

Img_3590_20200810172401

紀土・純米吟醸 夏ノ疾風。

なかなか涼しげな印象のボトルとラベルデザイン。

マスカットと薄〜くメロンを感じさせる香り。

味わいは淡麗方向で、酸味があってすっきりしています。

キレがよくて食中酒としてもいけそう。

 

という事で、梅雨明けのいきなりの猛暑の中、楽しんでいる夏酒2種でしたっ!

| | コメント (4)

2020/07/31

すっきり、あっさり酒3種!

以前は味のはっきりしたパンチのある濃い酒が好きでした。
いや、今でも“パンチ酒”は好んで飲むのですが、毎日だときつい。そんな時、取り出すのがこれらの酒。
最近はあっさりした味の酒を、多く選ぶようになってきました。

パンチ酒6 対 あっさり酒4という感じかな?
(やはり歳をとったということですかね・・・)

Img_3534

・呉春 池田酒
・久保田 千壽 吟醸
・三千盛 本醸造

本来ならそれぞれの味わいを酒別に紹介したいところなのですが。正直違いがわからない。
以前ならそれでも眉根を寄せて無理やり僅かな違いを表現していたと思うのですが、その辺の執念も薄れ・・・。
(これもやはり歳をとったということなのか・・・)
ま、それでも酒を楽しむ心はしっかり持っているつもりです。

そんな3本。共通しているのはあっさり、すっきりしている味。去り際が潔い。
いわゆる“辛口酒”と呼べばいいのか。三千盛がよく“水口の酒”と言われますが、まさにそんな感じですね。
それでも無味ということはなく、ほんのり舌の奥に旨味も感じられるので飲み続けられる。

胃に疲れがみえる時には、これらの酒が良いようです。

| | コメント (0)

2020/05/20

春のおすすめ濁り酒2本!

毎年春にはにごり酒、それも活性にごりを楽しむのですが、今年はあまり満足の行くものが少ない印象でした。

活性を謳いながら開栓してみるとすっかりガスが抜けていたり、風味に難のあるものが多かったり。

もちろん10本に満たない種類でこんなことは言えないでしょうが、「今年はにごりの外れ年なのか?」などと思ってしまいました。

そんな中、この春おいしいと思ったにごり酒を2本紹介。

Img_3400

1本目は木戸泉(千葉県いすみ市:木戸泉酒造)の純米にごり。活性タイプの生酒です。

微炭酸を感じさせながら、とても旨味のある酒。強い酸で後味もすっきり。

好バランスのにごり酒です。

Img_3364

そして2本目は玉櫻酒造(島根県邑智郡邑南町 )の「純米とろとろにごり酒」。

活性ではない、通常タイプのにごり。

特徴的なのはにごり酒なのに、品の良いフルーティーな香りが感じられるところ。

酒名の通りとろみの強いタイプで、甘みはあるのですがダレる事はなくすっきりと切れていく。

とても個性のある面白いにごり酒でした!

| | コメント (4)

2020/04/24

黒龍「春しぼり」!

ひたすら家飲みの日々です。

最近飲んでおいしかったお酒を紹介。

Img_3415

久々の黒龍。「春しぼり」。

特定名称酒の表記がないので、いわゆる普通酒なのか?

若干おりが混じっている感じで、心地よい香りで、味は強めのインパクト。

アルコール度数は18度!原酒っすね。

Img_3416_20200424184701

ちょっと垂れ口に似た印象です。にごってない垂れ口。

これはうまい酒。

| | コメント (2)

2020/03/31

一白水成・特別純米酒 ささにごり!

最近、地酒にはまった頃に好きだった酒の味を再確認したいと思っています。

そんな趣向にぴったりの酒がこの一本。

Img_3363

一白水成・特別純米酒 ささにごり生酒!

以前に千歳烏山の「300yen Kitchen」で飲んで、これは家飲みでも買う!と決心した酒なのです。

一度に2本購入するほどの入れ込み。

品の良い果実様の香りが立ち、甘み・旨味の後に酸がやって来てすっきり洗い流す。

にごり酒ならではのクリーミーさも、しっかり加味されていて。

これは旨い酒。一白水成は馴染みのない酒だったのですが、この他にも是非味わってみたい銘柄です!

| | コメント (4)

2020/02/05

11種飲み比べ in 千歳烏山!

友人ふたりと遅い新年会を。

場所は例によって千歳烏山の「300yen Kitchen」。

Img_3264

のんべえ3人で1合を廻しのみシステムなので、いろんな種類の酒を飲めるのが楽しい。

味を覚えている酒のみ、感想を述べます。

Img_3247

一白水成・特別純米酒ささにごり。

これはお見事!濃厚な旨味にやられました。是非自宅飲みにも確保したい酒。

Img_3249

宮泉・純米酒。味は失念。

Img_3251

会津中将・純米吟醸。ゆりさんの蔵ですね!

Img_3252

鳳凰美田「碧判」純米吟醸原酒。これも美味い酒です!

マスカットの香り。かつて一番好きだった濃醇旨口のお手本。

Img_3255

黒龍・純吟。

Img_3256

聳耳(しょうざん)・純米大吟醸。

長野県上田市の蔵。これも良いお酒。濃醇でありながら品と深みのある、大人な酒でした。

Img_3258

楯野川・清流 純米大吟醸。

Img_3260

醴泉・純米吟醸「酒無垢」。

Img_3261

たかちよ・桃色活性にごり生酒。

ピンクのにごり酒!いちごの風味!驚き。

Img_3262

紀土・純米吟醸。

Img_3263

ばくれん・吟醸 超辛口。

 

いや〜、飲みに飲んだり11種。知ってる酒、初めての酒、いろんな美酒に刺激を受けた一夜でした。

| | コメント (6)

2020/01/19

磯自慢三昧!

今年の正月は磯自慢三昧で過ごしました。

吟醸、特別本醸造、本醸造と。磯自慢の中では低価格帯なわけですが(^^;)

磯自慢はどのクラスでも磯自慢なんですよね。

香り、旨味、仄かな甘み、キレの良さ。全体に優しくバランスされている。

その特徴が吟醸では強めに出て、特本、本醸に行くにしたがって薄くなる。

けれど本醸造が磯自慢ではないかと言うと、けっしてそんな事はない。

Img_3220

以前から磯自慢は吟醸が味と価格のバランスが一番とれていると思っていて、その思いを強くした正月でもありました。

いつも安定の酒を供給してくれる磯自慢酒造さんに感謝。

| | コメント (4)

2019/08/16

お盆も営業。300yen Kitchenふたたび!

暑気払い!という事で、また友人たちと集まりました。

千歳烏山の店名からは想像がつかない銘酒居酒屋「300yen Kitchen」。

Img_2753

この日も様々なお酒たちが出迎えてくれます。

Img_3310

この日の初っ端は「東一・純米大吟醸」。

Img_2737

だいぶ長いこと飲んでいなかった酒ですが、さすがの旨味、さすがのキレの良さ&柔らかさ。

美味い酒ですね〜。

Img_2735

白身魚4種の盛り合わせ。イトヨリダイが美味。

Img_2740

これも馴染みのある酒。菊姫のにごり。相変わらずのドライな飲み口。

Img_2736

この日の馬刺しもなかなか。

Img_2749

濁りシリーズ。鷹勇です。安定の旨さ。

Img_2750

こちらも久々。篠峯です。

Img_2743

山本・純米吟醸 Sunshine Yellow。

しっかりした味わいの良酒。

Img_2745

秋田シリーズ。これは鳥海山。

秋田のお酒ってみんなしっかりガツン!という味わいですよね。結構好みです。

Img_3313

最近、酒販店で目にする事が多くなった気がする越乃寒梅の純米大吟醸。

東一とは対照的な味わいの酒。でも、その個性が面白い。

Img_3307

義侠・えにし。

写真で紹介できなかった酒もいくつかありますが、今日も良く飲みました。

Img_2748

この店の壁のディスプレイ。日本酒に対する愛が感じられますな〜。

Img_2741

今度来る時は多少涼しい風が吹くようになっているかな・・・。

| | コメント (4)

2019/03/18

大雪渓・季節の純米吟醸!

このところ、激務が続いておりますがその合間に。

Img_2319

大雪渓の純米吟醸。春らしい色あざかやかなラベル。
いつも安曇野で飲んでいる酒ですが、地元で流通している昭和を感じさせるラベルとはちょっと違いますね。
都内の酒屋で見つけて手を伸ばしました。
これ、なかなか美味しいお酒です。香り、味ともに品のある華やかさと良い塩梅の酸味と。

Img_2314

季節限定の酒みたいですね。
さ、今週も働くぞ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧