ALL YOU NEED IS SAKE!

2018/01/10

TOKYOにごり!嘉泉・純米。

この時期は酒販店にも濁り酒がたくさん置いてあり、嬉しい限り。

Img_1041

嘉泉・純米にごり酒(東京都福生市)。
この酒、特徴を挙げると、「酸っぱい」という事に尽きます。
ちなみにラベルの数値は1.8〜2.0。
うん、なかなかですね。
はじめに少し驚く酸っぱさですが、飲み進めるうちに慣れてきて旨味も顔を覗かせます。
ラベルにも薦められている通り、冷やしてまたは常温で飲むのが良さそうです。
個性的なにごり酒でした!

Img_1042_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/05

新春の臥龍梅・活性にごり!

皆様、あけましておめでとうございます。

2018年も地酒星人をよろしくお願い申し上げます。

Img_1047

というわけで、元旦に選んだのは臥龍梅の活性にごり酒!
富山県産五百万石で仕込んだ純米吟醸です。
活性ならではの開栓の時の緊張感。
元旦ならではの、朝からいただくピチピチとしたにごりの旨さよ!

Img_1046

活性にごりって、なんか酔いが早い気がします。
午後早くにはダウンして、起きたらすでに夜でした。
ある意味、正統派の元旦の過ごし方(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/18

福正宗・しろき!

新酒の季節ですね。

この時期、普段はあまり濁り酒を置かない店でも買うことが出来て嬉しいです。

というわけで、そんな一本。

Img_0993

福正宗の純米にごり酒「しろき」。
金沢の福光屋謹製。
若干の微炭酸のなか、純米らしい濃厚な舌触り。
酸味もたっぷりで旨いです。
若干気になる香りがあったのですが、二日目にはそれも消えて良い塩梅に。

Img_0994

さあ、にごりの季節を楽しもう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/11/06

いつもこの酒、大雪渓!

またまた安曇野への旅へ行ってきました。

今回は最長の4泊5日。
安曇野へ来ると、やはりこの酒を飲みますね。

Img_0880

長野県北安曇郡池田町の大雪渓酒造の醸す「大雪渓」。
クセのない飲みやすさで、滞在中は必ず味わう酒です。
正直、東京で数ある酒の中から選ぶとは思いませんが、山荘の夜に飲むといい味出すんですよね。
これが地酒の醍醐味でしょうか。いい酒です。
しかしこの大雪渓、一番下のグレードがスーパーで一升1,200円代で売ってたんですが、なんで?そんな価格ってあり?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/29

千代むすび・完熟古酒ふたたび!

以前飲んでうまかったので、千代むすび・完熟古酒(純米酒)を再びです。

Img_0813

いい色してますね!あえて透明な酒瓶にしているところが良い。
味わいは基本的には前回通り。
濃いめのアタックがしびれます。
ただ、前回よりも香りと飲み口にきついところが感じられ。
風邪引いたので、体調面もあるのかも。

Img_0815

燗の方が味がまろやかになって引き立ちます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/24

鶴齢・本醸造!

先日の新潟出張の折に新幹線飲み用に買った酒です(笑)。

さすがに車内で2本は飲めなかった。

Img_0817

鶴齢・本醸造!
香味よく、スッキリとしながら旨味もあり。
さすが鶴齢、といった酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/23

黒牛ひやおろし原酒!

和歌山の名手酒造店の醸す「黒牛」。

久しぶりに飲んでみました。

Img_0809

山田錦を100%使用の原酒ひやおろし。
わずかに吟醸香を感じます。
18度以上19度未満の原酒のパンチは感じず、トロリとした舌触り。
嚥下する際に少しアルコールの刺激感がありますが、それ以外はいたってスムーズ。
逆に言えば、味のアタックは少ない。
これ、原酒と思わずどんどん飲んでしまう種類のちょっと危ない酒かも。
黒牛、ウチの亡父が好きでよく飲んでたんですよね。
そんな事を思い出しながら味わう秋の夜です。

Img_0816

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/20

ひやおろしの季節!

何と言ってもこの時期、ひやおろしですね。

Img_2066

写真は2年ほど前の「十旭日」のひやおろしです。
イチョウのラベルがセンス良い。
個人的には“ひやおろしラベル大賞”を差し上げたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/14

楯野川・主流!

「清流」、「源流」、「合流」などの“流”シリーズが有名な楯野川です。

これは初めて見かけた「主流」。
“限定流通品”というラベルが何やら特別感を醸し出してます。

Img_0765

この楯野川、全量純米大吟醸という攻めている蔵なんですね。

Img_0766

香りはフルーティーなもの。
生酒ではなく、しかも秋口の酒としては驚きです。ぷんぷん薫るわけではなく、抑制が効いています。
呑んでみた印象は“甘じょっぱい”。
でもキレはある程度あって、旨味も十分。
個性のある面白いバランスの酒じゃないでしょうか。

Img_0767

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/11

呉春・本醸造!

一部の人には非常に評価が高い「呉春」。

これはその本醸造。

Img_4889

いただいてみると、軽い香りとスムーズな飲み口。後味も良く。
冷やでも燗でもいけるでしょう(燗は試してみなかった)。
突出したものはないけれど、なんか安心感のある酒です。
それとこのラベルデザイン、良いですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧