グルメ。と、呼ばれるほどの舌はなし。

2022/11/08

千歳烏山で東白庵かりべ!

最近は三鷹・吉祥寺あたりの蕎麦店巡りが多いのですが、この日は世田谷の千歳烏山。

「東白庵かりべ」さん。

以前は神楽坂に在り、数年前(?)に千歳烏山へ移転してきました。

以前(2016年の神楽坂)の記事はこちら

Img_6200

京王線・千歳烏山駅から徒歩6〜7分くらい。

外観の不揃いな板塀で囲まれている感じは神楽坂当時と似ています。

同じ部材を使っているのかな?

店内のテーブル、椅子などはそのままの感じですかね。

(写真が撮れていなかった:汗)

この日は四人で訪問。個室へ通されました。

Img_6188

とりあえずビールのお通しは胡麻豆腐。

濃厚でおいしい。この店は器も良いですね。

Img_6189

前菜盛り合わせ。それぞれ味に変化があり、楽しい。

鴨の煮こごりは酒に合いますね。

Img_6192

お酒は天狗舞の山廃をお燗にて。

このお色、石川の菊酒ですね〜。コクがあってうまい。

蕎麦味噌は柔らかく、実の風味も佳し。

Img_6195

玉子焼き。絶妙な柔らかさで濃厚なお味。

Img_6190

鴨のくんせい。もちろん美味。

Img_6193

天ぷら盛り合わせ。ざくっとした大きめカットで塩のみでいただきます。

野菜の旨みが十分。

Img_6197

締めのせいろ。角が立った蕎麦でコシがあります。

蕎麦の風味もなかなか。

Img_6199

蕎麦はもちろん肴も美味、酒も揃っていて・・・。

「東白庵かりべ」さん、神楽坂時代と変わりなく総合点の高いお店でした。

ごちそうさまでしたっ!

| | コメント (6)

2022/11/01

吉祥寺・中清で絶品せいろ!

三鷹・吉祥寺界隈の蕎麦店を次々訪問しています。

この日は吉祥寺駅から徒歩15分くらいの「中清」へ。

Img_6055

昭和の町のお蕎麦屋さんといった風情。

しかし、このウィンドウの中が凄い。

Img_6047

銘酒がいろいろ並んでいて、期待がふくらみます。

15分ほど並んで入店。

Img_6052

さほど広くはない店内。

おつまみの三点盛り。梅水晶、イカ塩辛、豆腐の味噌漬け的なもの。

酒は屋守(おくのかみ)、そして喜久酔をいただきました。

Img_6048

板わさ。蕎麦味噌も美味です。

Img_6053

出色なのが蕎麦です。

これは地酒星人がいただいた「あずませいろ」。更科系の細く白い蕎麦。

喉越しよく、腰も有り。蕎麦の風味も申し分ない。

Img_6054

こちらは妻がオーダーした田舎系の「さとそば」。

太めで腰が強い。蕎麦の香りがとても豊か。

このレベルの蕎麦を出すお店はなかなか無いですね。

つまみも豊富で酒の取り揃えも抜群。

良いお店を見つけました。また来ます!

 

| | コメント (4)

2021/09/20

松本に来たならば、やっぱりここ。観光荘!

先日の北アルプスの旅の前後に松本に宿泊しました。

20代の頃バイクツーリングで初めてこの街へ来てから、これまで数え切れないくらい訪れています。

その松本が、今回はなんか印象が違っていたんです。

Img_4319

街に人が少なくて全体が寂しく活気がない・・・。

こんな松本は初めてです。

コロナ禍のために旅行客がごく少ないんでしょう。

それは行き・帰りに利用した特急あずさの乗客数を見れば一目瞭然です。

 

そんな松本ですが、ここに来ると高い頻度で訪れる店があります。

鰻の名店「観光荘」。

この松本店を訪れるのも3〜4回目くらいかな。

岡谷の本店を含めると、正確な回数がわからないくらいです。

Img_4441

開店と同時に入店。

まずはビールで喉を潤し。

鰻の骨煎餅がうれしい。

Img_4438

鰻重の到着を待っていると、次々と客がやって来ます。

観光荘、賑わってますね。嬉しい。

Img_4440

鰻重の到着。

いつもの通り、外側がカリッと、中はフワッとした歯触り。

わさびダレでいただくと、鰻のうまみとわさびが混じり合って、うん、観光荘の味です。

その時によって焼き上がりは微妙に違うんですが

この日の焼き上がりが、自分的にはベスト。

美味いです。

Img_4435

松本駅の窓から眺める北アルプスの山々。

来年は賑やかな松本が戻って来ることを祈っています!

| | コメント (6)

2020/12/23

吉祥寺の神田まつや!

神田まつやは好きなお蕎麦屋さんでよく行くのですが、吉祥寺にも支店があるんですね。

初めて行きます。東急百貨店吉祥寺店の9階。

午後2時近くでしたが、入店待ちの椅子に座っている人がずらり。

それでも回転は良く、さほど待たずに入店。神田の本店より広いかな?

Img_3907

神田でもよく注文する焼き鳥。香ばしい焼き上がりで葱も美味。

Img_3908

お燗酒。銘柄を確認すると、やはり菊正宗との事。

まつやなんだから、そう来なくちゃね。

Img_3909

天種。こちらも良い揚がり方。

Img_3910

もり。山葵が別売りなのも神田と同じ(77円)。

葱と山葵をちょっと乗せ、蕎麦を3本くらいずつたぐってゆっくり食べるのが好きなのですが、ここの蕎麦は乾燥してダマになったりせず、それがやりやすい。良いですね。

“百貨店の蕎麦屋”を軽々と超えた、神田本店ゆずりの本格的な店でした。

また食べに行きたい。

| | コメント (2)

2020/11/27

四ツ谷・八竹!

三鷹へ居を移した地酒星人ですが、四ツ谷との縁はまだまだ切っても切れません。

かかりつけ医も美容院も四ツ谷だし、先祖の墓もありますし。

そして何より仕事場が四ツ谷なので毎日通っているしな!(爆)

Img_3725

そんな四ツ谷育ちにはお馴染みの老舗・八竹(はっちく)。

正式には「はちく」らしいのですが、四ツ谷の人は昔から「はっちく」と呼んでいますね。

四谷三丁目にある大阪の押し寿司の店です。

寿司ではなく、鮓(すし)と書くようですね。子供の頃から、何個食べたかわからない茶巾ずし。

バッテラは雀(小鯛)、海老、穴子。そして穴子入胡瓜巻き。

最近食べていなかったので、昔を懐かしんで先日食しました。

子供の時から、まったく変わらない味。

| | コメント (2)

2020/09/23

四谷三丁目・新記で香港雲呑麺!

たま〜に無性に食べたくなる、香港雲呑麺。

あの極細面とプリッとした海老雲呑の食感、そしてスープが肝ですね。

本場に近い味を日本で楽しめるのが、四谷三丁目の交差点にある「新記」さん。

Img_3730

カウンターに通されました。

窓の外には四谷三丁目の交差点の風景が広がります。

行き交う人や車をぼ〜っと眺めながら、モルツをグビッと。

Img_3697

皮蛋豆腐をつまみにいただきます。

Img_3698

そしてお目当ての香港雲呑麺がやって来ました。

麺は香港タイプ(極細)と日本タイプ(普通の太さで玉子を使っている)が選べますが、

もちろん香港式ですよ。

Img_3699

なんだろう、本場で食べた味とは微妙に違うんですが、それでも日本では知っている限り一番近い味。

(他に本場に近いお店があったら、どなたか教えて下さい。)

Img_3728

電飾看板には香港の街並みの上を低空で飛行する旅客機の昔懐かしい写真が。

以前の香港は街中(九龍)に空港があって、ビル郡の間を離発着する感じだったんですよね。

一度経験していますが、ビルにぶつかりそうに見えて、あれは結構こわかった。

香港、早ければ仕事で来年早々出張の可能性があるのですが、コロナの問題があるからどうなるんでしょうか・・・。

| | コメント (2)

2020/09/17

伊豆でふっくら鰻を堪能!

雨模様の休日、所用があって妻と伊豆・河津へ。

伊豆急河津駅駅前。踊り子と青年もマスク姿。

Img_3663

河口付近の河津桜の並木。すぐそこは海。いつか桜の季節に来たいものです。

綺麗だろうなぁ〜。

Img_3667

用事は用事として、せっかく伊豆に来たのだからおいしいものが食べたい二人・・・。

駅からぶらぶら歩き、鰻の名店「万両」さんへ。

座敷でゆっくりくつろぎながら・・・。

Img_3658

まずは肝焼きを。大振りの肝で、苦味とタレの甘味の絶妙なハーモニー。

わさび漬けもおいしいです。

Img_3660

合わせた酒は岡山県の「喜平」が出しているその名も「鰻」。

飲み口のしっかりした純米酒で、鰻の旨味をしっかり受け止める印象。

うん、これは確かに鰻に合いますね。

Img_3661

鰻重がやって来ました。

カリッと仕上げられた表面。しかし、箸をつけるとホロっと身が崩れる柔らかさ。

ふくらみのある、優しい仕上がり。タレも甘すぎず、良いバランスですね。

このレベルは、都内でもなかなか無い。大満足。

ごちそうさまでした!

(桜の季節には行列ができる店のようです)

帰りは熱海で途中下車。

駅ビルの居酒屋で刺し盛り。出世城(静岡県浜松市)を御燗でいただきつつ。

鰆がおいしかった〜っ。

Img_3667-1

熱海からは新幹線で帰京。

1車両に我々含め10人足らずの乗客。う〜ん、この空きかたは初めて見たな。

JRさんも、なかなか厳しい状況でしょうね。

| | コメント (2)

2020/08/26

なんでもないようなことが幸せだったと思う(3)

コロナ禍はまだ収束とは行かないけれど、徐々に以前に戻ってきている印象の今日この頃。

ランチに行く回数も増えて来ました。

やっぱり、この“なんでもない日常”って大事ですね。

ということで、最近繰り出したランチの写真をつらつらと。

Img_3628_20200826193901

コモレ四谷に開店したパスタ専門店の「すぱじろう」。

オーソドックスなトマトソースを。

辛味が効いていて、うまいです。

お箸で食べるのもよし(フォークも置いてあります)。

この店は使い勝手がいいなぁ。

Img_3546

同じくコモレ四谷に入った星乃珈琲店。

オムライスとビーフシチューのミックス。

う〜ん、これはオムだけで良かったかな。

Img_3620_20200826193901

こちらもコモレ四ツ谷。開店日に訪れた「牛たん酒場 たん之助」。

牛タン・とろろ・テールスープのレギュラーランチ。

おしいいけど、お値段ちょっと高め。家賃が高いんだろうな。

Img_3646

舞浜イクスピアリ「ロティズ・ハウス」のローストビーフ・オムライスのセット。

Img_3639

同じく舞浜イクスピアリの「OUTBACK STEAKHOUSE」。

ランプ肉ステーキのランチ。

Img_3638

四谷三丁目の「峨嵋山(がびざん)」。

麻婆豆腐のセット。いやぁ〜、これは辛い!全身から汗が吹きでる。

でも美味い!

Img_3621_20200826193901

京王プラザホテル「樹林」のステーキランチ。

ゆったりした空間でのんびりした時間。

もっと気兼ねなく外食を楽しめるようになりたい。

うん、きっとそうなる!

| | コメント (2)

2020/07/15

神田藪でソーシャルディスタンス!

3月以来の神田藪さんへ。

Img_3545

夕刻5時前くらいだったので、空いている状態でした。

店内へ入る前にアルコールでの手指消毒と、手首を使って検温。

すぐにお座敷に通されました。

Img_3626

テーブルには「感染拡大防止の取り組み」と題されたプリントが。

店内も椅子・テーブルが少なくなっていて、客同士が近づかないようになっています。

なんか、思ったより本格的にソーシャルディスタンスやってますね。

Img_3632

すみっこの窓際の席に陣取ります。

Img_3627

633は大人の義務教育! 気道確保!(笑)

という事でビールで喉をうるおし、蕎麦味噌をぺろり。

今回の蕎麦味噌は辛味がきいてます。妻いわく、青唐辛子を使っているのではないかと。

Img_3628

季節の天ぷら。南瓜、新玉葱、茗荷、茄子などなど。

美味いです。

Img_3629

穴子の白焼き。こちらも夏の味ですね。

Img_3630

この辺で菊正宗でしょう。そしてやっぱりお燗でしょう。

Img_3631

はじめて注文してみたのは、蕎麦寿司。

干瓢と玉子、そして蕎麦が巻かれています。写真の印象の約半分くらいの大きさ。

でも、つまみに丁度良いですね。

Img_3633

締めはいつもの、せいろう。

ごちそうさまでしたっ!

お会計は席にて。このあたりもコロナ前とは違うところ。

Img_3635

帰り際、見つけたテイクアウトの告知。

神田藪がテイクアウトか〜。がんばってるんだな〜。

老舗中の老舗なので、もっと超然としているのかと思いきや、世の流れに合わせて柔軟に対応しているのでした。

また来ますっ!

Img_3634

| | コメント (0)

2020/06/25

餃子のハルピン!

食べログの“餃子百名店”にセレクトされた「餃子のハルピン」へ。

三鷹駅から徒歩10分くらいでしょうか。

行列が出来る人気店のようです。

Img_3624

カウンター席へ案内され、餃子の焼き上がりを待つ間に・・・。

Img_3620

青島ビールで喉を潤します。搾菜やチャーシューなどをつまみに。

Img_3621

餃子は数種類から選ぶシステム。この日はセロリとエビを。

衣がモチモチしていて厚い。具はニンニクを使っていないとの事。

それぞれの風味を楽しめます。おいしい。

Img_3622

そして小籠包。溢れ出る熱々の肉汁がたまりません。こちらもボリュームがありますね。

締めに麺類をと考えていましたが、そこに辿り着く前に満腹になりました。

う〜ん、ヒンナヒンナ(ゴールデンカムイ22巻が出ましたね:笑)。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧