徒然なる日常の記録

2022/11/14

神保町ランチョンへ!

快晴の土曜日、用事を片付けて遅めの昼食をと思い神保町へ。

久しぶりにランチョンへ行きました。

Img_6229

午後3時をまわった頃でしたが、ほぼ満席。

通りを見下ろせる窓際の席が好きなんだけどな〜。無理そうだな。

少し待つと相席に案内されました。

相席と言っても向かい合わせではなく、広いテーブルに互い違いに席を取る形。

Img_6220

やはり、まずはハーフ&ハーフでしょう。

しばらく待つとやって来ました、“自慢メンチカツ”。

Img_6221

小判型ではなく、ごろんと大きく丸い形状。

Img_6223

カットすると、ご覧のように肉がぎゅうぎゅうに詰まっております。

付け合わせのサラダには、ランチョン特製トマトドレッシング(大好きな味)をかけていただきます。

Img_6224

ビールの後は日本酒にしましょう。

高知の桂月。冷やでいただきます。

旨みもありながら、さっぱりとした味。

Img_6226

合わせるのはスモークサーモン。たっぷりとした量。

レモンを絞り、レタスや玉ねぎを巻いて食べます。美味でした!

Img_3590_20221114194701

神保町は相変わらず、たくさんの人で賑わっていました。

スキーシーズンももうすぐ。スキー・スノボ用品店も活気がありましたね。

三省堂書店本店は既に工事が始まっている様子。

すぐ近くには仮店舗が営業中でした。

ランチョンさん、また来ますっ!

Img_3591_20221114194701

| | コメント (4)

2022/11/01

吉祥寺・中清で絶品せいろ!

三鷹・吉祥寺界隈の蕎麦店を次々訪問しています。

この日は吉祥寺駅から徒歩15分くらいの「中清」へ。

Img_6055

昭和の町のお蕎麦屋さんといった風情。

しかし、このウィンドウの中が凄い。

Img_6047

銘酒がいろいろ並んでいて、期待がふくらみます。

15分ほど並んで入店。

Img_6052

さほど広くはない店内。

おつまみの三点盛り。梅水晶、イカ塩辛、豆腐の味噌漬け的なもの。

酒は屋守(おくのかみ)、そして喜久酔をいただきました。

Img_6048

板わさ。蕎麦味噌も美味です。

Img_6053

出色なのが蕎麦です。

これは地酒星人がいただいた「あずませいろ」。更科系の細く白い蕎麦。

喉越しよく、腰も有り。蕎麦の風味も申し分ない。

Img_6054

こちらは妻がオーダーした田舎系の「さとそば」。

太めで腰が強い。蕎麦の香りがとても豊か。

このレベルの蕎麦を出すお店はなかなか無いですね。

つまみも豊富で酒の取り揃えも抜群。

良いお店を見つけました。また来ます!

 

| | コメント (4)

2022/10/26

梢で結婚記念日!

信じられませんが、今年ではや結婚34周年。

ささやかに祝おうという事で、妻とパークハイアット東京の「梢」でランチです。

Img_6107

吹抜けっぽい高い天井。

Img_6082

そしてなによりこの眺め。さすが40階。

窓際の席。うろこ雲多めで日差しも遮られて良い感じです。

Img_6084

まずはスパークリングワインで。

この風景を見ながら昼から飲むと酔いがまわるの早そう。

Img_6085

先付は焼き胡麻豆腐。菊の花を使った餡がかかっていて、とんぶりが散らしてあります。

とんぶり、言われなければキャビアかと思っちゃいますね。

Img_6087

お椀。清汁仕立て。平目、椎茸が入っています。

調理師の妻、お出汁が前と違っていると。

(調べたら料理長が変わっていました。妻は前の方が好きのようです。)

Img_6091

十四代本丸。

久しぶりに飲みますが、お味変わらず。この日の気分に合っていました。

Img_6090

お造り。鰹と昆布締めの鯛。

Img_6092

炭火が用意され、和牛サーロインの朴葉焼きが運ばれて来ました。

Img_6095

朴葉の上でジュウジュウ焼きます。朴葉の包みは2つありますが、中身は同じ。

(少し変化が欲しかったな、とぶつぶつ・・・)

Img_6096

飛露喜の純米大吟醸。

芳醇旨口のイメージ通りのお酒。おいしい。

Img_6099

お釜がやって来ました。

だんだん日差しが強くなってきて、シェードを調整してもらいつつ・・・。

Img_6098

舞茸と牛蒡の炊き込みご飯。おかわりしちゃいました。

Img_6104

デザートは秋の羊羹。栗と胡桃を甘く煮たもの、白玉が乗っています。

羊羹は柔らかくてほろほろ崩れます。胡桃は塩っけがあって変化が面白い。

満腹!炊き込みご飯のおかわりが効いた。

Img_6106

締めの珈琲。

記念日をまったり楽しく過ごせました。

前回の来店から変わったところもありましたが、その分これからどう変わるのかも気になります。

また来ます!ごちそうさまでした。

しかし、来年は結婚35周年で“珊瑚婚式”と言うそうです。

どこかのポリネシアンレストランでも予約するかな?(笑)

| | コメント (4)

2022/10/15

双六岳へ!

念願の北アルプス裏銀座方面へチャレンジ!

今回は双六岳を目指します。

初日。松本バスターミナルから平湯温泉乗り換えで新穂高温泉へ。

ここから林道を1時間歩き、わさび平小屋へ到着です。

Img_5918

Img_5928 Img_5927

わさび平小屋では、野菜や果物を冷やして売られています。

ここの名物らしいですね。

Img_4934

部屋は三人部屋の一番奥。

スペースが十分確保されていて、快適でした。頭上の棚が便利でしたね。

テント装備を持っているので本当はテント泊したかったんですが、7月頃ここのテント場にクマが出没して、しばらく閉鎖になっていたんですね。

Img_5925

今は居なくなったそうでテント場も営業しているんですが、念のために小屋泊にしました。

(八ヶ岳の双子池キャンプ場で、テント横を大型動物が歩いていった恐怖がトラウマになっています)

Img_5926

夕食は岩魚がメイン。これはテントではなかなか味わえないですね。

美味でした!

この小屋は水が豊富なので、風呂にも入れます。汗を流した後は小屋前でまったり。

小屋の女の子に「日本酒はありますか?」と聞くと売り切れているとの事。

「日本酒はないですが、お燗ならあります」と。

「???そ、それじゃあお燗ください」と変な会話。

Img_5930

アツアツのお燗。

間違いなく日本酒でした。銘柄はこわくて聞けませんでした(苦笑)。

そんなこんなで明日は自分としては長丁場なので、早めに床につきました。

Img_5921

翌日も快晴。

林道をしばらく歩いて、小池新道に入ります。ここからが本格的な登山道。

岩の多い道ですが、よく整備されていて歩きやすいです。

高度を上げていくと、西穂高岳の稜線が現れました!俄然テンションが上がります。

Img_5937

しかし皆さんよくあの稜線を歩きますね〜。見るからに恐ろしい。

Img_5934

こんな感じの沢をいくつも渡り、さらに先へ進みます。

すると突然、池の前に躍り出ます。

Img_5939

鏡池です!槍・穂高連峰がどどーん!

ここは素晴らしいフォトスポット。

当たり前ですが、常念山脈から見るのとは左右が逆。

少し行くと鏡平山荘に到着。ここではコーヒーフロートで小休止。

Img_5946

疲れた体にアイスクリームが沁みます。

快晴なのは嬉しいですが、真夏のような暑さ。

ここからもさらに高度を上げて行きます。

Img_5950

弓折岳山頂に到達。双六岳方面と笠ヶ岳方面との分岐です。

今回はもちろん双六岳を目指します。

Img_5953

ここからしばらくは歩きながら常に槍ヶ岳が見えるご機嫌な環境。

登りはつらいですが、そんな時は槍を見てパワーをもらいながら・・・。

Img_5956

穂先にズーム。素晴らしい山容。

雲一つない天候に感謝。思えば今シーズンは週末ごとに現れる台風に苦労しました・・・。

Img_5961

しばらくすると、前方に双六小屋が見えて来ました。

その向こうには鷲羽岳、そして水晶岳が。すばらしい。

(しかしここからアップダウンが激しく、なかなか小屋に辿り着かないのでした)

小屋に到着後、早速テントを張りました。

Img_5962_20221015193301

砂っぽい地面でペグの効きがゆるい気がして、石中心に張りました。

Img_5965

昼も過ぎたので、双六小屋でカレーライスをいただきます。

普通のカレーだけど、そこが美味しい。

双六岳山頂は小屋から約1時間。当初は翌朝にと考えていましたがこの絶好の晴天を逃す手はないと思い、この後登頂をする事に。

小屋のすぐ横の登山道から上がって行きます。

Img_5983

だんだん小さくなっていく双六小屋とテント場。

正面に見えるのは槍ヶ岳に到達する西鎌尾根に連なる樅沢岳です。

Img_5966

分岐に行き当たります。

右に行くと三俣山荘方面。

来年は三俣を目指したい、と思いつつ今回は双六岳方面へ進みます。

Img_5969

このあたりで雷鳥の鳴き声が聞こえ、しばらく探したんですが姿は見えませんでした。

晴れていると、なかなか姿は見せてくれないようですね。

大きな台状の地形を乗り越え、しばらく行って後ろを振り返ると・・・。

 Img_5977

来たー!

天空の滑走路。 この景色を見たかった!

Img_5976

山頂に到達。大満足の登頂でした。

槍ヶ岳とは逆側の黒部五郎岳方面にはだいぶ雲が出て来ました。

中には黒い雲もあったりするので、早々に下山します。

Img_5974

それにしても、すごい風景だよな〜。

余韻を噛み締めつつテント場へ戻ります。

Img_5986

小屋まで下りて、ビールでひとり乾杯。

Img_6002_20221015195601

テント脇で小屋で買った日本酒(双六カップ)をいただきます。

使用した盃は生分解性プラスチックに会津塗を施したもの。

山で使おうと半年くらい前に購入していたのですが、やっと日の目を見ました。

Img_6005

夜半のテント場。

この日は結構冷えて、寝袋+ダウンで乗り切りました。

Img_6007

翌朝。双六小屋は位置的にご来光が見にくいようで。

それでも綺麗に赤く染まった空を見ることが出来ました。

Img_6010

鷲羽岳もほんのりピンクに染まって・・・。

さて、テントを撤収して下山です。

Img_6011

他のテントもだいぶ減りました。

双六池の奥の方に見えるのは笠ヶ岳のようですね。

Img_6023

鏡池までの道は槍ヶ岳が正面に見えます。

足を止めて写真を撮りまくりで、なかなか前に進まない。

Img_6017

穂高連峰。

奥穂高岳から連なるジャンダルムもはっきり視認できます。

しかし、よくあんな場所に行きますね〜(汗)。

Img_6020_20221015202701

鏡平山荘が見えて来ました。

こうして見ると、すごい立地。

Img_6026

Img_6028

鏡平山荘に着。

すこし肌寒かったですが、またもコーヒーフロートを。

変わらず美味。

Img_6029

風がなかったので、鏡池では“逆さ槍”が見れました!

(先っぽがほんのちょっと見えているだけですが・・・)

Img_6033

“チボ岩”と言われる辺り。

コース上にはこういった大きい岩が折り重なっている箇所が多く、アスレチック的で歩くのが面白い。

しかし、血痕が点々としている岩を見つけ、油断をしちゃいけないなと思いました。

Img_6034

やがて、わさび平小屋に帰って来ました。

昨日はなかった足場が組まれていてびっくり。冬支度でしょうか?

ここから1時間かけて新穂高温泉のバス停まで歩き、松本へ戻りました。

Img_6041

特急あずさ車中。旅の終わりはいつも大雪渓。

落ち着く味です。

Img_6043

やっと行けた双六岳。天空の滑走路も見れたし、天気に恵まれ大満足です。

来年以降はもっと裏銀座方面に足を伸ばしたいなと思いました。

Img_6046

スマホの壁紙にしました!

見るたびに「かっけーっ!」と、思っちゃいます。

| | コメント (4)

2022/10/12

吉祥寺「ほさか」で鶴齢!

蕎麦酒が大好きな地酒星人。

新住居の三鷹に近い蕎麦屋をいろいろ探索中です。

この日訪ねたのは、吉祥寺駅前の「ほさか」。

駅近の、雑居ビル地階のお店。

Img_5860

ちょっと薄暗い感じのエントランス。

居酒屋であれば違和感ないイメージ。

入口近くの席がちょうど空いて、スムーズに入店。

Img_5855

天ぷら盛り合わせ。

野菜のカットの仕方が素朴で、なんか家庭的な雰囲気。

Img_5856

お燗は鶴齢にて。落ち着く風味。

Img_5857

もりそば。コシのある蕎麦で、とても美味しくいただきました。

昼時は外したのですが、気がつくと外には入店待ちの列ができていました。

人気店なんですね〜。立地も良いんだろうな。

次回はまた別の肴を楽しみましょう。

ごちそうさまでした!

| | コメント (2)

2022/09/30

蝶ヶ岳へ!徳澤園とチタン盃とブロッケンと。

一度行ってみたいと思っていた北アルプスの蝶ヶ岳へ。

安曇野側から登るのがポピュラーかと思いますが、今回は上高地からのアプローチ。

Img_5705

早朝の上高地バスターミナルを歩き出し、約2時間。

徳澤園のキャンプ場。

天気予報ではこの日は雨がちで午後には雷雨の可能性もあった為、蝶ヶ岳には登らずここでテント泊をすることにしました。

結果は晴れだったのですが、予定は変えずに・・・。

Img_5730

土の下がすぐ石の層で、なかなかペグが刺さりにくく四苦八苦。なんとか立てることが出来ました。

このキャンプ場は敷地が広大なので、開放感があって良い。

Img_5712

日中は陽射しが強く、テントの中は暑くていられないので「みちくさ食堂」へ。

Img_5720

ギネスとカレーうどん(お肉ゴロゴロで美味いです)。

Img_5716 Img_5717

そして日本酒「氷壁の宿」も。

アルプス正宗の醸造元(長野県松本市の亀田屋酒造店)が徳澤園用にパッケージしたもののようです。

Img_5726

良い感じに酔いもまわり、この日は早めに寝ました。

翌朝、キャンプ場すぐ横の登山口から出発です。

Img_5714

なかなかの急登と、あちこちに出現する泥濘と格闘しつつ、約4時間。

Img_5750

ようやく蝶ヶ岳山頂へ辿り着きました。

眼前に広がる槍・穂高連峰が見事!

さすがは『北アルプスの展望台』。

Img_5754

やはり蝶ヶ岳の魅力はこれですね(蝶ヶ岳の山頂自体は特に特長はないんです)。

涸沢カールもしっかり見えてます!

Img_5776

テント場は岩と石の地面なので、ペグではなく岩で固定する方式。

地酒星人のテントは左下のオレンジ色。

稜線をはさんだ槍・穂高の反対側には安曇野の町が眼下に広がっています。

Img_5768

テントの横のハイマツの茂みには、松ぼっくりを獲りにきたホシガラスがたくさん飛び交っていました。

Img_4924

昼食は蝶ヶ岳ヒュッテの名物、カルボナーラを。

Img_5757

美味しいなぁ〜。山頂でこの味は感激。

ヒュッテで日本酒を買って、また穂高を見に行きます。

Img_5765

一期一會。

酔園の醸造元(長野県安曇野市のEH酒造)のお酒です。

とても軽いタッチの水のようなお酒。

Img_5759

穂高の山々に乾杯!山好きの酒飲みにとって、こたえられない環境。

この盃はエバニュー社のチタン製です。飲み口がすごく薄く仕上がっていて好み。そして驚異的に軽い!

山に行くと午前中はハードな登り、午後は反対に酒飲んで食べてリラックス、というパターンが多いです。

この緩急の差が面白い。

この日も良い感じに酔っぱらい、早々にテントへ潜り込みました。

Img_5784

夜半にトイレに起きたら、安曇野の町の夜景が綺麗でしたよ〜。

Img_5788

夜間に雨が降ったこともあり、日の出の頃は雲がちでした。

モルゲンロートは見れないな、と残念に思っていたのですが・・・。

だんだん雲が切れ始めて、なんと!

Img_5805

穂高連峰をバックに、ブロッケン現象を見ることが出来ました!

あー、やっぱり奥穂高岳に呼ばれている気がする。技術を磨いて来年、チャレンジできると良いな。

Img_5812

槍の穂先もお出ましです。

Img_5809

先日登った常念岳も、蝶ヶ岳ヒュッテ越しにどどん!と登場。

この日の下山路は三股登山口へのルート。

Img_5820

途中、有名なゴジラの木も見れました。

Img_5831

これは地酒星人命名の「スヌーピー岩」。

わかるかなぁ〜?

Img_5825

無事に三股へ下山。タクシーで「しゃくなげの湯」へ行き、汗を流してから松本へ移動、特急あずさで帰路へ。

Img_5845

はい、毎度おなじみの、あずさの車窓と大雪渓。

やっぱり山旅の終わりはこの酒ですよ。

蝶ヶ岳、また北アルプスの山々を眺めるために行ってみたいです。

Img_5909

| | コメント (2)

2022/09/22

燕岳再訪!急登とお燗酒と遭難未遂?

ぜひ北アルプスの燕岳に登りたい!と言う妻を連れての山行へ。

前夜は鰻を食べてパワーを、と考え松本の「観光荘」で。

Img_5582

いつもながら独特の焼き具合。美味いです。

Img_5581

妻は高尾山などの低山を登ったことはあるけれど、北アルプスはもちろん初めて。

「陣馬山を3回登れば、燕岳山頂だよ」と言うと、嫌な顔をする。不安しかない・・・。

Img_4894

いつものように松本駅から大糸線始発に乗って穂高駅へ。まずまずの天候。

穂高駅からバスに乗り1時間と少し。

Img_5583

やって来ました、燕岳登山口。

8時ちょうど。ぼちぼち登り始めます。

初めの1時間くらいが結構な急登なんですよね。心拍数を上げすぎないようにゆっくり、ゆっくり。

Img_5588

こんな感じの箇所もたくさんありますし。

Img_5611

岩場を超えて行く箇所も数知れず(燕らしい花崗岩質)。

そんなに難しい場所はないのですが・・・。

高尾の陣馬山以上の高低差を登ったことが無い妻。なかなか苦戦しています。

Img_5603

やっと合戦小屋に到着した頃は既に12時。

思った以上に時間がかかっている。

昼食は燕山荘でと思っていましたが、ここで摂る事に。

Img_5622

途中で高山植物(写真はトリカブト)などを見ながら、気を紛らわせつつ先へ。

Img_5628

やっと燕山荘へ到着したのは午後2時。実に6時間かかってしまった。

(ちなみに昨年単独で登った時は4時間でした)

安心したのか燕山荘の前で、妻号泣。

Img_5625

燕山荘前からの、雄大な風景が疲れを癒してくれます。

この日は燕山荘泊。着いたのが遅かったからか、本館ではなく離れの冬季小屋へ案内されます。

本館の雰囲気が大好きなので残念。

(冬季小屋なので窓もなく「ザ・山小屋!」「雑魚寝!」という雰囲気)

着いてしまえばする事がないので、テラスへ行ってまったり。

Img_5644

相変わらず美しい燕岳山頂部。

妻は燕山荘までで疲労困憊。山頂へ行くのはあきらめました。

そうと決まれば、あとは飲むしかないでしょう。

Img_5635

燕岳に乾杯!

Img_5641

そして、おなじみの大雪渓です。

嬉しい事にお燗つけてもらえるんです。お猪口も磁器だ。

こんな贅沢な飲酒環境があるでしょうか!

 

Img_5647

裏銀座方面の山々には天使の梯子がかかって・・・。

今回、槍・穂高方面は厚い雲に隠れがちで、槍の穂先は一瞬見れただけでした。

Img_5652

そうこうするうちに夕食。

赤沼社長の山に関する興味深いお話を聞きながら・・・。

夕食後は喫茶スペースでまったり過ごし、あとは寝るだけ。

しかし、山小屋に馴れていない妻はほとんど寝付けなかったようで・・・。

それが翌日に影響する事になります。

Img_5659

翌朝のご来光。雲が厚めでモルゲンロートは見れませんでした(残念!)。

朝食後、喫茶スペースでコーヒーを飲んでから下山の途に。

燕山荘前がなにやら賑やかだと思っていたら、YouTuberの「もじゃまる夫妻」が!

前日、大天井岳でテント泊をして、今朝ここまで移動してきたそうです。

「いつも見てまーす!」と声をかけさせてもらいました。

とても感じの良い二人でしたよ。

Img_5667

さて、下山。

妻は昨日の登りがたたったのか、筋肉痛で足が棒のようになりうまく運べない様子。

昨晩の睡眠不足もあり、体も重いようです。

なんとか合戦小屋までは下りて、名物のスイカも味わいました。

そこからしばらく行ったところ、事件が起きます。

大きめの段差で着地の際に足が痛かったらしく、体勢を崩した妻は大きい岩が転がっている場所へダイブ!(汗)

したたかに右手上腕部を打ちつけてしまったのでした。

しばらくはその場で様子見。手を握ると握力はあるようなので、骨折は無いと判断。

妻のザックに入っている重さのある荷物をこちらのザックに移動させ、そろりそろりと再び下山を開始。

持っていたポールをほとんど松葉杖がわりにし、段差では妻の手を握ってバランスを崩さないように。

大きい段差では腰を下ろして尻をずらしながら降りる。

「これはどれだけ時間がかかるんだ?」と自問していました。

途中で本当に「遭難」の二文字が脳裏に浮かび、「救助要請」の四文字が現実味を帯び始めた気がしました。

それでも下山される大勢の方に抜かされる際に励まされつつ、わずかづつ高度を下げて行ったのでした。

Img_5677

やがて登山口方面から川のせせらぎが聞こえて来て、建物の屋根や駐車している車も見えるようになります。

それらが少しづつ近づいて来るのを励みに、なんとか引きづるようにして登山口まで辿り着きました。

再び、妻号泣。

8時間をかけた下山でした。

Img_5680

バスに乗り込み、穂高駅へ。

本当は温泉に寄ろうと思っていたのですが、妻の怪我でそれどころではなくなり帰路へ。

特急あずさを待つ間、駅前の店で信州名物おやきを。

熱々のおやきを齧りながら「なんとか帰って来たなぁ〜」と、ホッとしたのでした。

Img_5681

帰路のあすさ車中。

おなじみの大雪渓で旅の締め。

やはり山は侮れない。忘れがたい山行になりました。

ちなみに妻の怪我ですが、右上腕部靭帯損傷と診断されました💦

| | コメント (2)

2022/09/07

【トマト通信16】虹の橋を渡りました・・・。

Tsushin16_20220907171301我が家の愛犬「トマト」が先日、あの世へ旅立ちました。

16年半の命でした。

この半年ほどは体調が悪い日が多く3日に一度は動物病院に通っていましたが、とうとう、です。

娘たちが小学校低学年の時に迎え入れ、我が家のさまざまな出来事を一緒に経験して来ました。

とても利口で、でもバカで。おっちょこちょいだけど、落ち着いている。

なんだかいろんな面を持った犬でした。

小さな家族でしたね。

Img_3552

上の写真はブログ用に酒瓶の写真を撮っていたところ、トマトがやって来たので撮った画像です。

2020年の夏頃。まだ四ツ谷に住んでいたとき。

「遺影ができたね」などと笑っていましたが、本当に遺影になっちゃいました。

トマトが旅立ってから、空の雲を眺めていると思い出すことが良くあります。

特に山に行ったとき。

Img_48732

常念小屋から撮った写真ですが、槍ヶ岳の上にトマトのシルエットが!

Tomato220907b

翌日に常念岳山頂から撮った写真にも!

Tomato220907

おわかりいただけただろうか?

写真を見てこんな事を言っていると娘たちに心配されるので、このくらいにしておきます。

トマトがいるんじゃなくて、トマトが雲に似ているのだと思うようにします。

我が家族の“トマトロス”も、いつ頃癒えるでしょうか。

| | コメント (0)

2022/08/04

常念岳で「山の酒・大雪渓」を味わう!

はじまった夏山シーズン。

今年の初・北アルプスは常念岳です。

前日に松本入り。大糸線の始発に乗って穂高駅を目指します。

Img_5467

始発なので、大糸線の車内は人もまばら。

それでも同じような格好の登山客もちらほらと。

Img_5469

車窓からは、目指す常念岳が。

天気もまずまずのようです。

Img_5470

6時過ぎに穂高駅に到着。

すぐに予約していたタクシーに乗り込み、一の沢登山口へ。

この日は日曜なのですが、登山口付近の駐車場がとても混雑しています。

運転手さん曰く「ここまで混んでる一の沢は見たことが無い」と。

後で知ったのですが、燕山荘や涸沢ヒュッテなど近隣の山小屋で従業員にコロナ罹患者が出て臨時休業になっていたそうで。

それで常念岳へ登山客が集中しているようです。

Img_5471

7時前、一の沢登山口に到着。早速登り始めます。

「熊出没」看板のインパクトがでかい(苦笑)。

Img_5476

常念岳へ到達する一の沢コースは、文字通り沢に沿いながら高度を上げていく道。

沢にかかった丸木橋を何度も渡ったり、飛び石を伝ったり、沢そのものに入り靴を濡らしながら進んで行きます。

Img_5480

この日はさほどでもなかったのですが、大雨の後などは増水が恐いコースですね。

Img_5475

徐々に高度を上げて行くと、いよいよ「胸突き八丁」に差し掛かりました。

Img_5483

疲れたところに持って来て、この急階段です。

右側がざっくり切れ落ちているので、通行は要注意の箇所。

緊張しながら長い階段を通過した後も急登が続き、体力が削がれます。

Img_5542

そんな中、嬉しいのは水場の存在。

体の中にスーッと染み込む、天然の滋味。生き返ります。

登山口出発から約4時間、突如として眼前が開けます。

Img_5484

ドーンと目に飛び込むピラミダルな形状。常念岳の山頂部が目に飛び込んで来ました。

そして・・・。

Img_5485

本日宿泊する常念小屋と、その向こうに広がる槍・穂高連峰。

今年も槍に会えた!

Img_5489

この日、常念岳登頂をしたいと考えていましたが、予想よりも疲労感があり翌日に持ち越すことにしました。

常念小屋へチェックインします。

Img_5500

前述の他の山小屋の休業のため、この日の常念小屋はほぼ満室。

(直前までは5割ほどの埋まり具合だったようです)

案内されたのは相部屋(男女別)。コロナ防疫のため申し訳程度の仕切り板は設置されていますが、要は“ザコ寝”ですね。

昨年宿泊した3つの山小屋ではそれぞれ個室チックな環境だったため、ちょっと緊張。

Img_5490

先着順で一番奥をゲット。

敷き布団を伸ばすと向かいの方の布団と重なってしまう。そして、微妙に足も出ちゃうんですね。

なので、布団の対角線で寝て、なんとか布団内に足を収めるようにしました(苦笑)。

Img_5492

食堂にてラーメンとビール!

体が欲していた塩分。美味いです。

いつもは飲まないロング缶も、すんなり空ける事ができました。

Img_5502

さて、夕食までは時間がたっぷりあるので、開放されている食堂で安曇野の酒「大雪渓」を飲りながら読書です。

(山に関するさまざまな書籍・漫画が本棚に並んでいます)

その中から手に取ったのは「穂高小屋番レスキュー日記」宮田八郎著。

2018年に不慮の事故で他界された宮田氏。奥穂高岳の直下にある穂高岳山荘の元支配人兼遭難救助隊員でした。

10代の時から30年にわたって穂高岳山荘で活躍する様が闊達な筆致で描かれています。

食堂の窓からは槍・穂高連峰を眺めることが出来て、その環境でこの本を読むととてもリアリティがあり、感情移入しちゃうんですよ。

何度か涙腺も刺激されたりして・・・。

Img_5505

食堂にはお茶とお湯入りのポットが置いてあり、自前のカップを使って自由に飲むことが出来ます。

大雪渓とお湯を交互に飲んでいると、ちょっとお燗を味わっている気になります。

大雪渓、水場で味わったおいしい水を連想させる美味い酒です。

Img_4872

そうこうしている内に夕食の時間の5時。

この標高でこの内容を味わえることに感謝。

この日は消灯の8時を待つことなく、眠りに落ちたのでした。

Img_5514

さて、翌日。快晴のなか常念岳の山頂アタックです。

サブバックだけを背負って身軽に。

大きな石がゴロゴロで、とても歩きにくくコースを見誤りやすい。

前後に登山者がいないので心細くなりつつも、なんとか高度を稼いで行きます。

Img_5515

気がつけば出発した常念小屋ははるか下。

何度かコース外へ出てしまったのですが、だんだんコツを覚えてきました。

登山道は人が多く歩いているので、石が若干赤っぽいんですね。コース外の石は黒っぽく、苔も生えていたりします。

この色調の違いと、ところどころ岩にペンキで書かれた「○」「×」の印を頼りに山頂を目指します。

Img_5518

ようやく山頂が目の前に。人が見えているところが山頂です。

と言っても、この巨大な岩をよじ登るわけではなく、右の方に巻き道があります。

Img_5522

登頂! 何度も人様のYouTubeで見ていたこのお社を肉眼で見ることが出来ました。

しかし、大きな岩が寄り集まった感のある狭い山頂です。

Img_5525

苦労して自撮りをしていると、見かねた女性登山者が撮影してくださいました。

燕岳に引き続き、皆さん親切ですね。

穂高の山々は山頂部分に雲がかかってしまっています。

登山を始めるにあたり、目標のひとつとしていた常念岳に登頂できました!

Img_5541

さて、下山です。目指す安曇野の町は雲の下。

Img_5543_20220804202601

帰り道は気持ちもゆるんで、咲いている花などをカメラにおさめつつ・・・。

しかし、今回もまたなんでも無い箇所で右足を滑らせて転倒。幸い怪我もなかったですが、この転倒癖はどうにかしなくちゃならんですね。

Img_5553_20220804202801

一の沢登山口からはふたたびタクシーに乗り、穂高温泉郷の「しゃくなげの湯」でリフレッシュ。

生ビールをいただきました。このボーッとするひと時がたまりません。

Img_5557_20220804203001

帰路のあずさ車中。ふたたび大雪渓を。

癖がなく、控えめな旨味を持つ酒です。3,000m級の山ではこんな酒が合うんでしょうね。

Img_5561_20220804203201

常念岳、さすが百名山の名峰でした!

| | コメント (4)

2022/07/06

双子池でテント泊&きたやつカップ!

初めてのテント泊に選んだのは、北八ヶ岳の双子池。

静かな湖の畔にあるキャンプ場です。

特急あずさに乗って、いざ出発。

Img_5367

茅野駅に到着。

あいにく路線バスは出てしまった後で、タクシーに乗り北八ヶ岳ロープウェイ駅へ向かいます。

Img_5369

冬はスキー客の足としても利用されるロープウェイ。晴れた日は北アルプスまで遠望できるそう。

(この日は雲が多く、そこまでは見えなかった)

Img_5372

数分の乗車後、「坪庭」に到着。空が微妙ですね〜。

溶岩大地にハイマツなど高山植物が茂っている自然庭園で、一周40分の散策コースがあります。

が、先を急ぐのでコースの分岐から北横岳へ向かいます。

Img_5410

よく整備された道を約1時間。北横岳山頂(2,480m)に到着しました。

見晴らしがいい山頂です。目の前に見えるのは百名山の蓼科山。近々あちらにも登りたい。

休憩をとった後、亀甲池を経由して目的地の双子池を目指します。

Img_5408

ここからは道が結構ハードになります。

コースも不明瞭なところがあり、登山客もほとんど通っていないので気をつけないと道迷いをしそう。

もののけ姫の「木霊」が出てきそうな森を、大岩を乗り越えながら急登、急下降を繰り返します。

後から地図を見たら、このコースは「天狗の露地」と呼ばれているそう。どういう意味なのか?

Img_5409

八ヶ岳らしく、森の中にはいたるところに苔が自生しています。

なかなか目を楽しませてくれるのですが、このあたりで強く雨が降ってきました。

そして巨大な雷鳴が・・・!

Img_5406

あわててレインウェアを装着。近すぎる雷に恐怖しながら、樹林帯だから直撃はしないだろうと自分に信じ込ませ前へ進みます。

本当に、この時間はナチュラルに神様に祈りながら歩いていました。

しばらくすると、雷も去り雨も小降りになって・・・。

Img_5383

木の間から、目指す双子池が見えてきました。

なんとか到着です。ホッとしました。

Img_5384

湖に沿って、テントが並んでいるのが見えます。

Img_5402

双子池ヒュッテで、テント泊の申し込みを。一泊1,500円。

トイレ代と水代が含まれています。水は双子池の雄池から汲んだものを消毒しているそうです(飲めます)。

テントを張る場所を探し始めたのが14時頃。この頃になると良い場所には先客がいるんですよね。

Img_5385

それでもなんとか斜面上のわずかに平らになっている場所を見つけ、テントを張ることができました。

アライテントのエアライズ1です。

写真ではわかりにくいですが、テントの横はすぐ斜面で、テント自体も若干傾斜しています。

Img_5387

テントからのロケーションはこんな感じ。手前の赤色が地酒星人のテントです。

静かな湖を眺められるのは良いのですが、常に細かい虫の攻撃にさらされます。

ただし、刺してくる虫はいないようで、ここは神経殺して我慢ですね。

やがて時刻は18時に。ヒュッテに予約してあった夕食を食べに行きます。

Img_5389

双子池ヒュッテさんのハンバーグカレー。ハンバーグは厚くモチモチで、カレーにも大きい牛肉がゴロゴロです。

この時間、雨は降ったりやんだりを繰り返しており、通常テント客は小屋前のテラス席で食事をするのですが、

ヒュッテ内の食堂に席を用意していただきました。感謝です。

Img_5397

帰りがけ、「きたやつカップ」という日本酒を購入。暗くなってから、テントで飲みました。

これがとてもおいしい酒で、ヒュッテがすぐ傍にあったらお代わりをしたいところでした。

(ヒュッテまではアップダウンのある暗い山道を5分以上かけて歩かなければならないため、断念しました)

この「きたやつカップ」、帰宅してから調べると長野県南佐久郡の、井筒長で有名な黒澤酒造が造っているお酒でした。

生酛造りの純米酒のようで、カップ酒としては贅沢なスペックですね。

Img_5398

テントでは思ったより良く眠れました。

深夜、テント脇を通過する何か動物のような気配を感じて緊張したのですが、もしかしたら双子池ヒュッテさんで飼われているワンコが散歩していたのかもしれません。

早々にテントを撤収して、昨日と同じ道を戻ります。

あの険しい「天狗の露地」をもう一回通過すると思うと憂鬱だったのですが、今回のコースでは避けられません。

(しかも熊のフンが落ちているのを発見してしまい、普段はあまり付けない熊鈴を全開で鳴らしながら通過しました)

Img_5411

再びの北横岳山頂。南八ヶ岳の山容が眺められます。かっこ良いですね。

今回はあまり下調べをせずに山行してしまったのですが、思ったよりハードなコースでした。

自分としては夏山をはじめるための軽いウォーミングアップのつもりだったのですが・・・。

八ヶ岳、なめてました。すみません!

Img_5430

茅野駅に戻り、あずさに乗り込みます。

おいしかった「きたやつカップ」を探したのですが見つからず。

諏訪の舞姫「翠露」を。でも、これはこれで良いお酒でした。

Img_5433

さて、次回のテント泊はどこにしよう。

今度は稜線に近いところに張ってみたいですね。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧