« 安曇野紀行2023秋!① | トップページ | 安曇野紀行2023秋!③ »

2023/11/29

安曇野紀行2023秋!②

安曇野2日目は黒部ダムへ行く予定でしたが、現地は雨の様子。

観光放水も遊覧船も休止中という事で、目的地変更。

大町市の「市立大町山岳博物館」へ。

Img_8156

ニホンカモシカ親子の像がお出迎え。

建物は外壁修繕中なのかな?

Img_8158

カモシカ親子が見つめているのは北アルプス。

爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳がくっきりと。

Img_8186

館内には北アルプスの成り立ちや地質がわかる展示がたっぷり。

(嬉しいことに写真撮影可なのです)

Img_8173

北アルプス登山をしている者にとってはどれも興味ある内容。

撮影可だと、パネル内容を自宅でゆっくり読めて良いのですよ。

Img_8183

動物たちの剥製も。どうしても熊に目が行きますね。

Img_8185

爪が鋭いんだよな〜。山で会いたくないよ〜。

Img_8175

こちらはヤマカガシ。今年、燕岳から下山中に目の前を素早く横切ったのはコイツでした。

毒蛇なので、なにもなくて良かった。

Img_8207

そして企画展は「大町と絶滅動物」。

様々な動物剥製の展示などがあるのですが、一番スペースが割かれているのはニホンオオカミに関する展示。

Img_8196

パネルの写真は“NPOニホンオオカミを探す会”代表の八木博氏が、1996年に秩父で撮影した“秩父野犬”と言われる動物。

これは狼としか思えないですよね!

Img_8192

上田市美術博物館に保管されているイヌ科動物(ニホンオオカミ?)の頭骨。

Img_8195

上田高等学校所蔵のニホンオオカミの頭骨。

Img_8204

山岳博物館所蔵のヤマイヌ(狼?)のキバ。

これらの展示と併せ、八木博氏の講演会も開催されたようです。

(行った時はまだ開催前でした。八木氏のブログの読者なので、聞きたかったなー。)

大町山岳博物館、もっと時間をかけて見てみたいボリューム溢れる展示でした。

Img_8224

併設されている付属園にいるニホンカモシカ。

そういえば今年春に、青梅のトレッキングコースで目の前を横切ったんだよなー。

Img_8218

雷鳥の姿も。

こちらはまだ本物を見ていない。双六岳で声は聞いたんだけど。

来年は是非どこぞの北アルプスで出会いたい。

Img_8225

というわけで大町市に別れを告げ、再び安曇野市へ向かう我々。

さあ、メシだメシだ!

《③へつづく!》

|

« 安曇野紀行2023秋!① | トップページ | 安曇野紀行2023秋!③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安曇野紀行2023秋!① | トップページ | 安曇野紀行2023秋!③ »