« 2021年4月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月の3件の投稿

2021/09/20

松本に来たならば、やっぱりここ。観光荘!

先日の北アルプスの旅の前後に松本に宿泊しました。

20代の頃バイクツーリングで初めてこの街へ来てから、これまで数え切れないくらい訪れています。

その松本が、今回はなんか印象が違っていたんです。

Img_4319

街に人が少なくて全体が寂しく活気がない・・・。

こんな松本は初めてです。

コロナ禍のために旅行客がごく少ないんでしょう。

それは行き・帰りに利用した特急あずさの乗客数を見れば一目瞭然です。

 

そんな松本ですが、ここに来ると高い頻度で訪れる店があります。

鰻の名店「観光荘」。

この松本店を訪れるのも3〜4回目くらいかな。

岡谷の本店を含めると、正確な回数がわからないくらいです。

Img_4441

開店と同時に入店。

まずはビールで喉を潤し。

鰻の骨煎餅がうれしい。

Img_4438

鰻重の到着を待っていると、次々と客がやって来ます。

観光荘、賑わってますね。嬉しい。

Img_4440

鰻重の到着。

いつもの通り、外側がカリッと、中はフワッとした歯触り。

わさびダレでいただくと、鰻のうまみとわさびが混じり合って、うん、観光荘の味です。

その時によって焼き上がりは微妙に違うんですが

この日の焼き上がりが、自分的にはベスト。

美味いです。

Img_4435

松本駅の窓から眺める北アルプスの山々。

来年は賑やかな松本が戻って来ることを祈っています!

| | コメント (6)

2021/09/13

はじめての北アルプス!燕岳登頂。

数年前からチャレンジしたいと思っていた北アルプス。

少しずつ山道具を揃えて、昨秋からは高尾山などに登りつつ技術・体力を養い…。

その間、入院・手術というアクシデントはありましたが、なんとかここまでやって来た!

Img_4324

前日は松本泊。雨模様の中、JR松本駅から始発電車に乗り穂高駅へ。

(写真は始発車内の風景。一両にひとりのみでした。)

駅前から定期運行バスに乗り、中房温泉へ。バスが標高を上げるに連れて、雲の切れ目から青空が覗いてきました。

登山口から、目指すは北アルプスの女王と称される燕岳。

北アルプス3大急登と呼ばれるコースを登り始めました。

Img_4326

たしかにきついコースである事は間違いない。

それでもよく気を使って整備されたコースでもあり、落ち着いてゆっくりしっかり歩を進めれば確実に高度は稼ぐ事ができます。

Img_4335

コース途中の合戦小屋に到達し、名物のスイカをがぶり。

スイカはもちろん美味。そして振りかけた塩の滋味なことよ。

この日は雲が多く、この合戦小屋の時点でも周囲の山々は真っ白で展望は開けない。

時折部分的に青空は見えるのですが…。

Img_4336

合戦小屋を出発すると、大きな岩がコース上のあちこちに出て来ます。

アスレチックなコースをかいくぐりながら、急登を。

Tsubakuro210913

唯一の鎖場もクリアして、森林限界を超えると見えてきたのは燕山荘。

登山口から約4時間半。今宵の宿泊場所です。

雲が切れ、青空も出て来ました。

Img_4350

Img_4351

燕山荘の入り口を正面に見て、右側に視線を移すと…。

北アルプスの山々が出迎えてくれました。圧巻の迫力!

今まで散々いろいろなメディアで見てきた光景ですが、肉眼で見るとやっぱり迫力が違う。

やっとここまでやって来ました。

Img_4354

燕山荘に荷物を置いて昼食を。

山に来るといつも食べたくなるカレーうどん。

この日は燕岳の対面、双六岳、三俣蓮華岳あたりにある黒い雲がこちらに移動してくるのを怖れて燕岳山頂には明日登ると決め、ハイボールを一緒にいただきました。

Img_4360

燕山荘では既にストーブが出ています。

まだ9月の初旬ですが、朝晩は5度前後にまで冷え込みます。

Img_4385

時間が空いたので、燕山荘のまわりを散策。

惜しいかな、槍ヶ岳には雲がかかっています。

Img_4417

燕岳の方を眺めていると次々に登山者が向かっているし、

双六岳のあたりの黒雲も動かない。

山頂まで30分という気安さもあり、「やっぱり今日登ろう!」と思い返したのでした。

いざ、そのまま山頂へ!

Img_4382

30分と言っても、結構傾斜のある斜面を30分はきついんですね。

酔ってる自覚はないのですが、昼に飲んだハイボールも効いてる気がします。

途中で休みつつ、なんとか山頂へ。

親切な若者に記念写真を撮ってもらいました(笑)。

Img_4378

7〜8人も乗ればいっぱいの山頂を降りたすぐあと、雨が降り始めてしまいました。

すぐに大粒の雨に変わり、遠くには雷鳴も聞こえて来て燕山荘へ半ば駆け足で引き返します。

Img_4377

酒臭い息で登って来てごめんなさい。北アルプスの女王様に嫌われたかもしれない(泣)。

防寒のために着ていたレインウェアの上着が功を奏し、さほど濡れずに済みましたが息は切れました。

Img_4387

ほうほうの体で燕山荘に戻り、乾燥室で雨具を乾かしている間に夕食です。

お米も美味しいし、チーズインハンバーグが美味。

この標高でこのメニューをいただける幸せ。

Img_4388

食後はカフェでひとり晩酌。

夕食会場への持ち込みもできたみたいで、そうすれば良かったな。

安曇野の酒、大雪渓。飲みやすい、旨い酒です。

Img_4356

現在の山小屋は新型コロナ感染防止措置が徹底していて、宿泊客数を制限しています。

そのために二段ベッドの下段(三畳分)を一人で使う事が出来たので快適でしたね。

(コロナ前の満員時は一つの段で三人使用)

やはり感染防止の一環で、寝具と直接触れ合わないよう持ち込んだ簡易シートなどを使用する事が小屋の方からお願いされています。

自分の場合は未使用のツェルトを利用しました。

21時に消灯。快適な環境ではありながら初めての山小屋、あまり熟睡はできませんでしたね。

Img_4399

翌日は4時30分に起床。燕山荘のヘリポートで待機。

すると、東の空がうっすら明けてきました。

そして5時10分頃…。ご来光を拝めました。

Img_4412

美しいモルゲンロートが燕岳と燕山荘を照らします。

Img_4414

今朝は槍ヶ岳もばっちり顔を出してくれました。

Img_4402

そして朝食。

燕山荘の食事は品数が多いですね。嬉しいです。

Img_4416

早々に下山を開始します。当初は常念岳まで縦走を計画していましたが

天候の関係で1日日程を切り詰めたため、今回は燕岳登山のみとなりました。

次の機会には是非、安曇野のシンボル・常念岳にも登りたい。

Img_4427

3時間半ほどで無事、中房温泉へ下山。

そこから600mほど徒歩で移動、有明荘へ。

Img_4431

ここは燕山荘が経営している宿で、日帰り温泉を利用しました。うっすら硫黄の匂いを感じる湯です。

まだ早い時間帯のためか、広い露天風呂をひとりじめ。

気持ちいい時間を過ごしました。

湯から上がったあとは休憩所でビール。この多幸感よ。

Img_4429

その後、有明荘前から定期運行バスで穂高駅へ。

初めての北アルプス山行が終わりました。

まずは無事に帰れたことに感謝と、次回の山行に思いを馳せます。

登山って面白い。

Img_4453

| | コメント (8)

2021/09/03

入院手術しました!

手術のために11日間、入院していました!

といっても6月のことだったのですが・・・。

術後1ヶ月ほどは手術跡が痛んで、なかなか思うように活動ができなかったですね。

Img_4104

これは入院中にベッドで撮った自分の腕。

がっつり点滴の管が入っています。

今回の手術は胆嚢の摘出手術でした。数年前からできていた胆嚢のポリープが肥大化して来ていることが判明。

場所柄、組織の検査は不可能で経過観察をし続けるか一気に摘出をするかの二択。

思い切って摘出を選びました。

手術は腹腔鏡を使用したもので、腹部に数カ所穴を開けて行われました。

メスで大きく開腹する施術よりも体へのダメージが少ないそうです。

入院2日目に手術。3時間ほどで無事終了。

手術の日は朝から食事はせず、次の日も栄養は点滴から。

入院4日目の夜から少しづつ食事が出ました。

Img_4096

最初はこんなオール流動食。

この頃は痛みもあり熱もあり、ちょっとづつ口をつけるレベルでした。

Img_4099

入院6日目。お粥ですが、おかずは色々と出るようになりました。7割くらい食べられるようになりましたね。

リハビリのため院内を歩くように言われて、痛みを我慢しながらソロリソロリと歩いていました。

7日目には点滴も取れ・・・。

Img_4116

入院8日目。普通の食事になりました。

院内のコンビニにも出かけられるようになり・・・。

Img_4118

入院9日目には、こんなデザートも院内のコンビニでゲット。

(食事制限はないので、食べられれば買ってきても大丈夫なんです)

そんなこんなで、入院から11日目に退院となりました。

退院時の注意事項でも食事制限は一切なしと。

おそるおそる聞いてみたら、お酒も飲んで良いようです!

Img_4143

というわけで、退院の晩にはお祝いに早速、「獺祭・純米大吟醸スパークリング」をいただきました♪

でも、退院後しばらくはガツンとくる味の酒があまりおいしく感じられず・・・。

Img_4297

この雪中梅が体に合いましたね。数本リピートでいただきました。優しい甘みがよかったです。

いま現在は回復し強めの味のお酒も、もちろん大丈夫です!

手術で摘出したポリープは組織の検査を受け、良性腫瘍であったとの事でした。

まずは良かったです。

いろいろと貴重な経験をした入院生活でした。

| | コメント (2)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年10月 »