« 太宰府・室町将軍、そして磯貝! | トップページ | いつの間にか、オリンピックミュージアム! »

2019/09/02

念願の柳川掘割で川下り!

福岡滞在3日目。

最終日は朝から柳川へ移動。いつか柳川で川下りをしてみたいと漠然と思っていましたが、博多から案外近いという事がわかって行動に移す事に。

Img_2803

ホテル最寄りの駅から1時間と少し。やって来ました柳川の掘割へ。

写真の“どんこ船”に乗って、約1時間の川下り。“川下り”というと急流を行くイメージがありますが、水の流れはごく緩やかで。

Img_3414

船頭さんが竿を使ってゆっくり進んで行きます。この堀割は江戸時代に人工的に作られたもので、浅いんです。

町の中心部2km四方に60kmもの長さの掘割が張り巡らされています。

以前は生活用水として使われていたそうですが、高度経済成長期に上下水道が完備した事で使われなくなり、ゴミにあふれた川になってしまった時期があるそうで。

Img_3416

その後、地域の人々の尽力があって元の掘割に再生されたそうです。

(この辺り、スタジオジブリの高畑勲監督作品「柳川掘割物語」に詳しく描かれていますね)

Img_3412

この日も暑かったのですが、水の上を移動していると時折涼しい風が渡って来ます。

船頭さんのとてもユーモラスな解説を聞きながら。

外国からのお客さんも増えて、英語・中国語・韓国語もマスターしているそう。

Img_3425

川下りを終えたら、もう一つの目的へ。

Img_3424

鰻で有名な若松屋さん。

名物の“せいろ蒸し”をいただきます!

Img_2805

鰻の前に酒のアテに選んだのはムツゴロウの佃煮。け・・結構大きい!

15cmくらいの長さがあります。結構骨が固くてバリバリと噛み砕きながら。

Img_2804

お酒は地元の菊美人・本醸造。しっかりした飲み口の酒。

Img_2806

いよいよ運ばれてきた鰻のせいろ蒸し。

Img_2807

じゃ〜ん。鰻・ご飯・そして上に乗せられている錦糸玉子すべてが一緒に蒸されており。

ご飯には鰻のタレがしっかり染みていて、全体に茶色くなっています。

湯気の立つ熱々の鰻とご飯を少しづついただきます(熱すぎて勢いよくは食べられません)。

タレはかなり甘口で、鰻の身は柔らかくホロホロで美味しかったです!

今まで食べたことの無い鰻料理でした。

Img_2812

帰りは柳川から高速バスに乗り、直接福岡空港へ。

空港で最後の博多グルメを食べるつもりでしたが、柳川での鰻が効いてしまいずっと満腹感が。

仕方なくハイボールをちびちび飲んで、搭乗を待つのでした。

バタバタの福岡3日間でしたが、楽しかったです!

 

|

« 太宰府・室町将軍、そして磯貝! | トップページ | いつの間にか、オリンピックミュージアム! »

コメント

もし台風にあってたら救助ボートに乗ってたかも?(笑)
九州の台風シーズンの旅は、運だね。
うなぎ〜〜〜〜!!!

投稿: イケ | 2019/09/02 23:07

《イケさん》
この川下りコース、乗客がみんなで身をかがめて橋の下をくぐる場所も何ヶ所があるんですよ。
台風などで水かさが上がると、おそらく橋をくぐれなくなるでしょうね(^^;)

投稿: 地酒星人 | 2019/09/03 12:00

柳川の川下りはなかなか面白いね😁また、行ってみたいね❗️
それから、鰻のせいろ蒸し食べたいね。旨そう❗️

投稿: アジ | 2019/09/03 15:06

《アジさん》
柳川は江戸時代は柳川藩で、藩祖が立花宗茂なんですね。資料館もあるようなんですよ。東京に戻ってから知ったんですが、ここも行きたかった〜!

投稿: 地酒星人 | 2019/09/03 16:58

子供たち抜きの奥様との2人旅でしたか〜!
お子さん、もうそんなに大きくなったのですね。
うちはようやく来春に小学生。
まだまだ夫婦二人旅は難しいですが、きっと行ける頃には
「あっという間だった〜」とか言ってるんだろうなと思います(笑)

投稿: まき子 | 2019/09/24 19:12

《まき子さん》
そうなんですよ、妻との旅でした。
娘ふたりはもう大学に通っています。
息子さんは来春小学生ですか!あの哺乳瓶を持っていた子が・・・(感慨)。
毎日慌ただしいかと思いますが、過ぎ去ると正にあっという間ですよ。
今は親子の時間をどうぞ楽しんでください!

投稿: 地酒星人 | 2019/09/27 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太宰府・室町将軍、そして磯貝! | トップページ | いつの間にか、オリンピックミュージアム! »