« アイラ島の頑固親父!?「アードベッグ10年」。 | トップページ | 百日紅! »

2015/04/27

「もつ焼き のんき」で昭和にタイムスリップ!

スティーブン・キングの「11/22/63」を読書中だからじゃないでしょうけど、一瞬タイムトリップをしてしまったお店。

四谷三丁目の「のんき」さん。
休日のこの日、外がまだ明るい内に入店。

Img_4779

まずは焼きものから。
この店の名物とのこと、しろたれ。

Img_4771

ひと口食べて衝撃。
おいしいのはもちろんのこと、子供の頃に近所の焼き鳥店でよく食べた味。
カリッとした焦げ目ととろっとした食感。濃厚で甘いタレ。
この“しろたれ”は豚の直腸で、子供の時に食べたのは鳥皮なのですが、ホントにそっくり。
今は無き小ぢんまりした昭和の焼き鳥屋が脳裏に浮かびました。
夕方になるとおいしそうなタレの匂いが煙とともにしてきて、お小遣いで1本買って友達と遊びながら食べたものです。
つかの間タイムトリップ!

Img_4773

続いて上はらみ。おろしポン酢がいい感じです。

Img_4774

はつもと(豚の大動脈)。こりこり!

Img_4775

左から、とろたん・ミニトマト・せせり。
どれも美味でした。

Img_4777

合わせた酒は駿・本醸造とこの会津中将・純米吟醸。
しっかりした旨口。おいしい。

Img_4780

店を出る頃には、すっかり陽も落ちて。
ごちそうさまでした。タイムトリップしたい時、また来ます!

|

« アイラ島の頑固親父!?「アードベッグ10年」。 | トップページ | 百日紅! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/61500831

この記事へのトラックバック一覧です: 「もつ焼き のんき」で昭和にタイムスリップ!:

« アイラ島の頑固親父!?「アードベッグ10年」。 | トップページ | 百日紅! »