« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の1件の投稿

2011/09/25

安曇野2011・夏!

今年の夏はここ数年恒例の「青春18きっぷの旅」に出ること適わず。
しかし、家族4人で長野県・安曇野市穂高へ行って来ましたのでそのささやかな記録を、と。
とは言っても地酒星人の所属する会社の保養所なのですが。
新潟・長岡の古民家を解体、移築した建物で結構な大きさ。 安曇野武家屋敷か忍者屋敷か、といった風情。

Ichiyouraihuku

さすがは野猿の群れも闊歩する北アルプスの裾野。常念岳を背にした山裾ではエアコン無しでもさほど苦にせず過ごす事が出来ました。
3泊4日の旅程で、周辺の美術館をいくつかまわった以外はひたすらまったりと過ごした旅。 そんな時、やはり重要なのは“食”と“酒”ですね♪
現在、安曇野はNHK朝のテレビ小説「おひさま」の舞台になっており。
このようなパンフレットが作られ、市内の様々な飲食店で「おひさま御膳」が供されています。

Ohisamagozen

各店で趣向を凝らした「おひさま」も魅力的ではありますが、地酒星人的興味はやはり“蕎麦”。

Img_0138

近くの蕎麦の名店「双葉」にて天ざるをいただいたり・・・。
蕎麦はもちろん、塩でいただく旬野菜の天ぷらが美味!

Img_0135

Img_0136

ここを訪れると必ず寄る精肉店にて、馬刺を買って来て。
大皿に持った桜肉。ちなみに盛りつけは地酒星人なり!

Img_0131

地元の酒ももちろん忘れてはいません。
大信州に大雪渓、岩波に信濃錦・・・。

Img_0128

Img_0123

Img_0127

Img_0124

この中では大雪渓が好み。さらっとした飲み口ながらほんのりとした旨味があって後をひき、桜肉にもフィットしていま した。

のんびりした旅ながら時が過ぎるのは早く、あっという間に4日目の朝。
早々に安曇野を後にした地酒星人一家は帰り際に同じく長野県の岡谷市へ。
昨年一度訪れた“観光荘”の鰻の味が忘れがたく、家族を伴い再訪。

Img_0140

“外はバリパリ、中身はふわっ”の観光荘の鰻。
やっぱり旨い~~っ♪
観光荘の窓から見える、外を流れる天竜川。

Img_0141

鰻を食した後は一路、東京の我が家へ。
毎年夏の“ドタバタ青春18きっぷの旅”とはかなり違いましたが、これはこれで良い旅♪

Img_0134

写真は碌山美術館のレンガ造りの建物。この日は「荻原守衛の絶作《女》の全貌展」が開催されていて、相馬黒光に恋した荻原守衛のさびしんぼうぶりに“萌え”でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »