« PRAY FOR 東北! | トップページ | 新宿の昼吞み場所発見。丸港水産! »

2011/06/01

地元酒は面白い。高知・四万十「藤娘」!

「東北を応援しようっ!」という事で、最近は東北の酒や食材を食す事が多く。
先日も妻と一緒に銀座周辺の東北物産店めぐりを。
この辺りは東京でも有数の地方物産店が居並ぶエリア。
そんな中、高知県のショップがある事に気づき。

一階では高知の様々な食材が販売されており、地下には地酒や工芸品などが陳列。
であるならば、当然地下に下りて見るのが我が夫婦(笑)。
おお、棚には見覚えのある数々の酒が~♪
「酔鯨」「亀泉」「南」「美丈夫」「土佐しらぎく」などなど。
久しぶりに土佐の酒を呑もうと考え、販売員の女性に「土佐の地元で飲まれている銘柄」をリクエスト。
するとこの方、色々と詳しい上に話が面白い。
曰く「南や美丈夫などは都会向けに作られた銘柄」、「土佐では呑む量が半端無いので、味の強い酒は好まれない」、「水のような酒でないと量が呑めない」などと申される。
なんとなくイメージ的に“ガツン”とした呑み口の酒が好まれる印象を持っていたので、これは意外。
しかし、考えてみればその通りで。

Fujimusume_6

そこで、そんな飲み口の酒を奨めていただくと「藤娘」「瀧嵐」の名が。
純米吟醸から本醸造までをいろいろ見せていただいたり、味見をさせてもらったり。そんな中、藤娘の本醸造を購入。
価格の安い方を奨めてしまう、ホントに良い人(^^)。
単に地酒を売っているというよりは、この方自身かなりの酒好きと見た♪
土佐酒について語らえた楽しいひと時でした♪

というわけで、早速味わってみました藤娘。
四万十市の藤娘酒造のお酒です。
本醸造・一升で1,926円というお買い得価格。
味わいは優しく、触り無く喉をすべり落ちるもの。
但し、“水のよう”かと言うとそんな事はなく。
控えめながら旨味が感じられて、後を引く、引く。
うん、これは量を呑める酒だなぁ~(というわけで翌日には空になっておりました:笑)。
今度は「瀧嵐」を呑んでみたいっ。

|

« PRAY FOR 東北! | トップページ | 新宿の昼吞み場所発見。丸港水産! »

コメント

鰹の藁焼きでbottleクイっといったら旨いでしょうね〜
いいかげん地震酔いでなく、ゆっくりお酒に酔いたいっすね〜。何かやたら新潟がsign04揺れてない〜sweat01

投稿: イケ | 2011/06/02 16:55

《イケさん》
そうそう、この酒を買った高知県のアンテナショップでも鰹のタタキ、売ってました(試食したけどおいしかった)。
今度また行ってみよう〜♪

地震、今日は新潟中心に揺れましたね。
首都圏もまだまだ揺れそう(汗)。

投稿: 地酒星人 | 2011/06/02 18:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/51830111

この記事へのトラックバック一覧です: 地元酒は面白い。高知・四万十「藤娘」!:

« PRAY FOR 東北! | トップページ | 新宿の昼吞み場所発見。丸港水産! »