« 青春18きっぷの旅2010【その3】 | トップページ | 青春18きっぷの旅2010【その5】 »

2010/08/15

青春18きっぷの旅2010【その4】

旅の3日目。
地酒星人夫婦が朝から向かったのは高松港。

Takamatsunaoshima

瀬戸内国際芸術祭が開催されている直島へ!!

Tnsennai

高松港から約50分(高速船だと25分)。はやっ!
たっくさんの客が直島を目指していて、島の姿が見えて来ると船内はいやが上にも盛り上がり♪

島を訪れる外国人も多く、フランス語があちこちでとびかっておりました。

Kusama

港に現れるのは草間彌生さんのカボチャオブジェ!
お〜っ、なんだかTDLのキャラクターグリーティングのようだ〜。

Naoshimaaf

瀬戸内国際芸術祭2010
直島を中心に瀬戸内の7つの島と高松港周辺で「アートと海を巡る百日間の冒険」と題して展開されている現代美術の芸術祭。

島のあちこちに美術館やオブジェが展開されているのです〜♪

Naoshimasentou

あちこちのアートを見て歩いて汗をかいた地酒星人夫婦。
やっぱりここに寄るべきでしょう、という事になったのは直島銭湯
アーティストの大竹伸朗氏が手がけた銭湯そのものがアート作品になったもの。
なおかつ実際に入浴出来るのが素晴らしい♪

男風呂と女風呂を隔てる壁の上に何故か大きなゾウのオブジェがあったり、浴槽の底にポルノ映画のコラージュがあったり。
う〜ん、素晴らしい〜っ(爆)。
若き頃の五月みどりの動く映像が見れる銭湯なんて♪

Cinnamon

空腹を覚えた地酒星人夫婦。
打ってかわってオシャレなレストランで一休み。

Naoshimacurry

Cin.na.monさんでいただいた「直島カレー」
魚介の具がおいしい。
この日は暑かったのですが、辛い物を食べると元気が出ますね♪

Naoshimaroji2

様々な芸術作品の見て歩きも楽しいのですが、もうひとつ素晴らしいのが直島の普通の民家の佇まい。
これは古民家を利用したギャラリーですが、このような昔ながらの黒塀があちこちに。

Naoshimaroji1

入り組んだ路地も多くて、丁度25年前に夫婦で訪れた尾道にどことなく雰囲気が似ているのです。

Naoshimaroji3

最近は見かけなくなったこんなタバコ屋さんも有ったり。

Setouchi

駆け足で直島を見て歩いた一日。アート作品も良かったのですが、瀬戸内の海と島々の素晴らしい景色に魅了されました〜。

Naoshimacan




|

« 青春18きっぷの旅2010【その3】 | トップページ | 青春18きっぷの旅2010【その5】 »

コメント

瀬戸内国際芸術祭2010。この前テレビでちらっとやってました。景色もアートの一部にしてて興味深い。
瀬戸内の海と島々、ちょっと他所では観れない景色で感激するよね。また行きたくなるなぁ〜(笑)

投稿: イケ | 2010/08/16 16:19

《イケさん》
直島のこころみ、日を追う毎に訪れる人が増えているみたいですね。
島に点在するアートも、素晴らしい瀬戸内の景色を借景としてパワーを増している気がします。(^^)

投稿: 地酒星人 | 2010/08/23 08:17

直島、いかれたのですね!
良いですよね~~~。
私がいった時は、観光客でいっぱいな時だったので、
いつか再び、人が少ない直島を堪能してみたいです。

投稿: まき子 | 2010/08/25 19:54

《まき子さん》
直島、旅の当初は行く予定はなかったのですが、高松に来てから急に思いたち。(^^)
そういえば、まき子さんがブログに書いていたなぁ、と思い出しました。
私たちが行った時もかなりの人出でしたので、やはりもっと空いている時に再び訪れてみたいですね。

投稿: 地酒星人 | 2010/08/26 09:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/49155220

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷの旅2010【その4】:

« 青春18きっぷの旅2010【その3】 | トップページ | 青春18きっぷの旅2010【その5】 »