« 京都、行ってきます! | トップページ | 帰路へ! »

2010/03/27

せんとくんづくし!

京都に一泊の後に向かったのは奈良!
昨夏以来の興福寺、そして薬師寺、唐招提寺。

それにしても行く道行く場所に溢れているのが「せんとくん」。
発表の頃には物議を呼んだデザインも、見なれてみれば、結構愛らしいものですね(笑)。

と言うわけで、奈良のせんとくんづくしです♬

36595755-8079-4049-8868-DA3E96966C04


2E8DEC84-1A57-4C60-B086-5A8B0F74B7FF


308382A9-4E68-45C6-8CE1-C9298E6B12A6


4F96A819-7504-4EE6-8D8E-E14757FE693C


CA6FAC7E-7AB9-4C6C-8E58-24D2E7EE83E4


3EB88818-6C7C-4C95-8AE1-6EC251F1075C


そうそう、近鉄奈良駅前では実物にも遭遇しましたっけ。

071F7AA6-68B4-4E11-AA8D-1CCE2246B601


|

« 京都、行ってきます! | トップページ | 帰路へ! »

コメント

初めて見たときには、なんだこれ?と思ったキモキャラだったけど
こんなに堂々と、じゃんじゃん出てくると
不思議に愛着がわいてきてしまう「せんとくん」です。
年齢不詳の顔ですよねー
(たぶん、コンセプトとしてはすごい高齢のような気がする)

投稿: hirorin | 2010/03/28 00:51

自分が子供だったら、泣いてしまうと思います。せんとくん見たら。

投稿: 煮酒 | 2010/03/28 10:42

せんとくん
逆に宣伝効果は凄かったでしょうね〜

ご当地キャラって、逆に何が当たるか想像つかないなぁ〜

投稿: イケ | 2010/03/29 15:29

《hirorinさん》
今回、興福寺の国宝館で幼い頃の聖徳太子像というのを見たんですが、それが“せんとくん”にそっくりなんですよ。
鹿の角はさすがにないですが(笑)。
これがベースなのかな?と思った次第です。

せんとくん、やはりあのアクの強さが人気キャラになる要因かと。

投稿: 地酒星人 | 2010/03/30 19:42

《煮酒さん》
これだけマスコミに露出していると、子供も見慣れてしまっている感が(^^)。

実際、現地では“まんとくん”はほとんど居なくて“せんとくん”づくしでした(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2010/03/30 19:45

《イケさん》
発表時の“せんとくんバッシング”が逆に最大のPR効果を発揮した感じですね。

自分に仕事でご当地キャラの企画が入って来たら、出来るだけアクの強いキャラを提案しようと思いました(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2010/03/30 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せんとくんづくし!:

« 京都、行ってきます! | トップページ | 帰路へ! »