« 広東料理。そして10年紹興酒! | トップページ | 旅の本分は検品にあり。 »

2009/06/10

足裏マッサージの広州の夜。

今回の出張で宿としたのは花園酒店(The Garden Hotel)という豪華ホテルで。

部屋は広くてリビングと寝室に分かれています(それぞれに東芝の大画面テレビ付き)。
バス・トイレも別でバスは全面ガラス張りの上、寝室にある大画面テレビを見ながら入浴も出来る仕組み(スピーカーもバスの中にあります)。

インターネット回線の速度も快適で、なんの問題もございません。

Gh1

花園酒店のロビー。
金箔をふんだんに使った壁画が目をひきます。

Gh3

大通りに面した部屋の窓外にはさらに開発の続く広州の街が。

ガラス一枚板で作られたワーキングデスクも置いてあり、そこで仕事(や、ブログのアップ:笑)も出来てこれが一番嬉しかったです。

Gh2

デスクの前には全面のガラスが。
自分で自分を撮影(笑)。
さて、そんなこんなな広州の滞在ですが、はじめて経験したものがひとつ。

それは“足裏マッサージ”

いろいろな店をガイドしてくれているL女史の行きつけ店に初日・2日目と連続して行ってしまいました(^^)。

2件の店で共通しているのは、はじめに薬草などを入れた熱い湯が入った桶に足を入れる事。
そうしている内に担当の女の子が背後から肩や背中を揉んでくれます。
(日本での場合もこんな感じなのでしょうか?)

ゆっくり優しく、というよりはテキパキと激しく。
座っている位置を動かせ、とか、こちらに寄りかかれ、などと早口の中国語で指示をされますが言葉がわからず一苦労。
女の子の伸ばした足の上に上体を仰向けに倒し、女の子が膝で背中をぐりぐりと押し上げるの方法は新鮮。
こんなマッサージの仕方があるんだぁ。

担当の女の子。
地酒星人の背中がボキボキッと音をたてると後ろで「くすっ」と笑うんですよね。
何がおかしいんだろう?

どことなく“20代前半の頃のさくらももこ(イメージ)”といった感じの娘でした(笑)。

本日の1枚。

Amnv

2日目の店は全面ガラス張りで、眼前には殊江の夜景が広がっていました。
幻想的な雰囲気でしたが、この店の担当の子が細身なのに力が強く。
まるで仇のように肩を揉まれて。
今日もまだ肩が痛いです(汗)。

|

« 広東料理。そして10年紹興酒! | トップページ | 旅の本分は検品にあり。 »

コメント

いい宿ですね〜
海外出張って結構待遇いいから嬉しいですよね。自分ずいぶん無いなぁ。。。weep


>まるで仇のように肩を揉まれて。
↑まだまだ”日中”関係の因縁が・・・(笑)

投稿: イケ | 2009/06/10 11:40

わおーーー!!花園飯店さんでしたか。
ウチのお客さんです♪
いつも、あざーっす!
フロントの係員、ボーイさん、いろんな人たちを見てみてくださいね♪

投稿: まき子 | 2009/06/10 21:46

綺麗な夜景ですね。仕事は大変なのでしょうが、羨ましいです。足の裏マッサージはさぞかし、気持ちよいのでしょう。

投稿: the moon | 2009/06/10 22:11

《イケさん》
若い子でも英語が通じない場合が多くて、かと言ってこちらも中国語がわからないので結構苦労する事が多かったです。
もっと力を抜いて、とかだけでもひと苦労(汗)。
やっぱり過去の因縁でしょうか?(^^;)

投稿: 地酒星人 | 2009/06/11 10:26

《まき子さん》
おぉ〜っ、お客さんでしたか!
そう言えば、全体的にとてもカッコ良かったです♪

シンプルで清潔感ある感じで、花園酒店に合っていると思います。
両替のカウンターにいた女の子のチャイナドレス風の襟の制服なんかも良い感じでした。

投稿: 地酒星人 | 2009/06/11 10:29

《the moonさん》
滞在中はあまり問題は起きなかったんですが、飛行機に乗るまでの日常の作業が大変でした(汗)。

今日からまた日本で仕事なので、忙しい毎日になってしまいます(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2009/06/11 10:31

>まるで仇のように肩を揉まれて。

惜しいっ!! 三日続ければ慣れたでしょうに。(笑)

こんなホテルで仕事していたら、日本に帰ってからたいへんなのでは?

投稿: 燗酒おやぢ | 2009/06/11 12:19

《燗酒おやぢさん》
一応痛みがとれてみると、なにか肩が軽いような感じがします。
おっしゃるようにもう一日行ってみれば良かったでしょうか?(^^)

投稿: 地酒星人 | 2009/06/11 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/45294113

この記事へのトラックバック一覧です: 足裏マッサージの広州の夜。:

« 広東料理。そして10年紹興酒! | トップページ | 旅の本分は検品にあり。 »