« 足裏マッサージの広州の夜。 | トップページ | 雲の上で味わう日本酒。 »

2009/06/12

旅の本分は検品にあり。

さて、広東料理や足裏マッサージの話ばかりしていますが、今回の広州滞在の主目的はあくまで仕事です(^^;)。
中国のメーカーへ発注しているノベルティ製品の検品

月曜日の朝8時。
ホテルのロビーで待ち合わせたのはメーカーの営業であるS嬢。
いままで通信でのやりとりは色々と重ねていましたが、会うのは初めて。

日本やアメリカの企業を相手にいろいろな国を飛び回っている人なので、押し出しの強いキャリアウーマンかと思いきや。
小柄で、ちょっと多部未華子ちゃんに似た若く可愛らしいお嬢さんでびっくり。
発音こそちょっとおかしいところも有りますが、日本語の敬語の使い方もばっちりです。

車に乗せられて2時間ほどして工場へ到着。
総勢600人ほどにもなる中国の若い男女が黙々と作業をしていました。
自分がつくったデザインが海外工場のラインで製造されているのは感慨深いですねぇ。

検品をはじめると、いくつかのミスや問題点を発見。
キュートなS嬢ではありますが、仕事は仕事。
厳しい要求を突きつけざるを得ません。
それでも真摯に対応してもらえて、ほっとしました。
でも、本当に大事なのは最終的に納品された製品。これからが大事です。
たのみましたぞ、S嬢。

と、言うわけで。
メーカーの副社長に連れられて行ったレストラン(結局食べる話です:笑)。


Cz1

ココナツの実に入ったスープ。

中には鶏肉などが入っていて。

香りに少しクセはありますが、馴れればおいしい(^^)。

Cz2

小振りな肉まんに鍋で少しコゲ目をつけたもの。

ジューシーな肉汁がたっぷりで、とてもおいしかったです。

広州へ戻った夜には再びL女史と合流。

この日は上海料理の店へ。

Sh1

葉ものと煮干し、胡麻ばどをきざんでピラミッド型にした料理。

珍味です♪

Sh2

上海ガニをソーセージ型の餅とからめた料理。

Sk20

この晩は20年ものの紹興酒をおごって。

Sk202

変わった形状の酒器。

右の注ぎ口的なところを指で持ち、飲むのです。

こういうのは初めてだぁ。

20年熟成の紹興酒、10年ものよりもより酸味がくっきり出ていました。

これもまたおいしい♪

|

« 足裏マッサージの広州の夜。 | トップページ | 雲の上で味わう日本酒。 »

コメント

私も中国やベトナムまで工場の検品に、たま~に行かせてもらってます。
今は厳しい状況なので、早々簡単にはいけませんが、
やっぱり現地で実際に働いているひとたちの目を見るって大事ですね。

でもビックリするのは、「いーかげんな中国政府」と違って?!
末端で働いている人たちは、すんご~~くマジメ!だということです。
なんやかんやと叩かれる中国ですが、
実際に働いている彼らを見ると、一概にもそうはいえず、じゃあ何が悪いんだ~?!って思っちゃいます。

投稿: まき子 | 2009/06/15 23:31

《まき子さん》
この記事に出て来るS嬢はじめ、現地の人たちは本当に真面目でよく働きますね。
そういうのって日本人の専売特許かと思ったら、そうではないですね。
この出張で中国に対する見方が変わりました。

ベトナムはまだ行った事の無い国です。
一度行ってみたいなぁ。

投稿: 地酒星人 | 2009/06/16 02:10

近所に美味しい紹興酒のある中華屋があります。三種類あるのですがその中でも一番甘口の酒「善醸」が私のお気に入りです。
さらにこの「善」も字は私の本名にも使割れてまして、何か思い入れがあるんですね。

投稿: 桂自然 | 2009/06/18 21:17

《桂自然さん》
そういえば紹興酒のブランドって全然気にしていませんでした。
実際にはいろいろ有るんでしょうね。

中国でも紹興酒愛好家のブログなんか有ったら楽しいですね(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2009/06/19 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/45316954

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の本分は検品にあり。:

« 足裏マッサージの広州の夜。 | トップページ | 雲の上で味わう日本酒。 »