« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月の10件の投稿

2009/06/29

はじめての田植え♪

ブロ友のpapaciさんにお誘いいただき、強い日射しの午後、長女とふたりで行ってまいりました東京は多摩市・聖蹟桜ヶ丘。

昨年の稲刈りに続き、今回は「田植え」です。

ちょっと道に迷ってしまい少し遅れて田んぼに到着すると、既に作業がはじまっていました。

Taue1

長女とふたり、急いで地下足袋を装着(汗)して、いざ田の中へ。

地酒星人、このトシになってはじめての田植えです。
ぬるっした土の感触に、自分でもわかるへっぴり腰。
おそるおそる田植えをするも、本当にこれでちゃんと育つのだろうかと一抹の不安が(^^;)。

参加者が多い事もあり、自分の担当区域が少ないのが救いでした。

Taue2

一時間くらいだったでしょうか、田植えは無事完了!

Taue3

立派な酒米に育つのだぞ。

Taueek

というわけで、田植えの後は皆で宴会です♪
遅刻した上にあまり戦力にならず申し訳なし。

Taue4

様々な食べ物をほおばりながら皆で酒を酌み交わすと、とっても良い気分。

昨年の稲刈りの際も感じましたが、日本人のDNAが喜んでいるような。

Taue5

どでかい焼き肉!なども登場。

Tauesake1

様々な銘柄の一升瓶が並ぶ様は壮観。

この「原峰のいずみ」は、まさにこの田で穫れた米を多摩自慢の石川酒造さんが醸したもの。

まさに“東京の地酒”です♪

Tauesake2

この日は鳳凰美田の蔵元さんがいらしていました。

久しぶりに飲んだ鳳凰美田。どれも旨かったです(^^)。

Tauesake4

;

Tauesake3

皆での共同作業、そして宴会。旨い酒。肴。太陽。

とても気持ちの良い一日でした♪

Otama

大量に生息していたオタマジャクシ(わかりますか?)。

東京にもしっかり息づく自然の息吹。


昨年に続き、貴重な機会をいただいたpapaciさんに感謝です(^^)!

今回植えた稲を刈り穫る秋が楽しみだなぁ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009/06/22

広州にも“中野ブロードウェイ”があった!(笑)

中国・広州出張の備忘録をひとつ。
最終日、空港へ向かう前に案内をしてくれた取引先の新入社員・L君に連れられて行ったのがここ。

Mgs1


万菱玩具精品

7〜8階建てのビルは、中が吹き抜けになっていて、狭い通路の左右には所狭しと品物が並べられています。

Mgs2

日本・アメリカを中心とした様々なキャラクターグッズが数多く。

この感じ、日本のあそこに似ているんですね。

そう、“中野ブロードウェイ”です。

Mgs3

中野と違うのは、おしゃれ雑貨や中国の伝統的な工芸品も多く扱っているところでしょうか。

Mgs4

そして内装の雰囲気もやはり中華風?
これは吹き抜けの反対側を撮影したカットです。

Mgs5

中国風の人形なども多かったです。

Mgs6

日本でも手に入らない“逸品”もあったかも?

Mgs7

仙台の七夕のような・・・。
それにしても凄い内装だな(汗)。

この日は1時間しか見て回れなかったのですが、一日居ても飽きないですよ〜。
広州に行かれる際は是非訪れてみてください♪

大慌てで会社関係各所にみやげ物をチョイスして、空港へと向かったのでした。



本日の一枚。

ある店で見かけたブルース・リーのトランプ。

思わず買っちゃいそうになりました(^^)。


Blee

街中でも時折、ブルース・リーを使った広告を見かけました。
やっぱり人気有るんですね〜。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/18

3.0がやって来た!

いや、iPhoneのOSの事なのですが。
仕事で早暁から(4時過ぎ頃から)起きていたので、早速アップデートしようと思ったのですが、同じ事を考える人が多いようでサーバーになかなかつながらない。

仕事の合間、何度「アップデート」ボタンをクリックした事でしょう。
6時過ぎにやっとつながり。

思ったよりもアップデート時間は短く。
体感としては20分くらいでしょうか。
ネットでは2時間近くかかったという人もいたので、懸念していたのですが。

立ち上がった画面。

Iphone3

おぉ〜〜っ。
右下に「ボイスメモ」が!!
(ボタンひとつで音声等を録音出来るアプリです)

いろいろいじってみましたが、今のところ特に不具合は無く。
Safariが安定したのは良いですね♪

このブログ「地酒星人」の表示が崩れる事が多かったのですが、普通に表示されるようになりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/14

雲の上で味わう日本酒。

とっくに中国・広州から日本に帰って来ているのですが、やはり旅は情報量が多いのでしょう。
いろいろブログで紹介したいものが溜まっていて。
しかし、あまり中国ネタで引っ張るのもどうかと思い。

とりあえずは日本へ帰るANAの機上にていただいた日本酒。

Soranojzmg

「空の上善如水」

いつもはあまり飲まない種類の酒ではありますが、数日ぶりに飲む日本酒はやはり旨い!

広州までの航路って主に太平洋上かと思ったら、日本列島を縦断する形なんですね。
本州を西へ向かい、瀬戸内海を横切って九州を横断、大陸へ向かいます。
びっくりしました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/06/12

旅の本分は検品にあり。

さて、広東料理や足裏マッサージの話ばかりしていますが、今回の広州滞在の主目的はあくまで仕事です(^^;)。
中国のメーカーへ発注しているノベルティ製品の検品

月曜日の朝8時。
ホテルのロビーで待ち合わせたのはメーカーの営業であるS嬢。
いままで通信でのやりとりは色々と重ねていましたが、会うのは初めて。

日本やアメリカの企業を相手にいろいろな国を飛び回っている人なので、押し出しの強いキャリアウーマンかと思いきや。
小柄で、ちょっと多部未華子ちゃんに似た若く可愛らしいお嬢さんでびっくり。
発音こそちょっとおかしいところも有りますが、日本語の敬語の使い方もばっちりです。

車に乗せられて2時間ほどして工場へ到着。
総勢600人ほどにもなる中国の若い男女が黙々と作業をしていました。
自分がつくったデザインが海外工場のラインで製造されているのは感慨深いですねぇ。

検品をはじめると、いくつかのミスや問題点を発見。
キュートなS嬢ではありますが、仕事は仕事。
厳しい要求を突きつけざるを得ません。
それでも真摯に対応してもらえて、ほっとしました。
でも、本当に大事なのは最終的に納品された製品。これからが大事です。
たのみましたぞ、S嬢。

と、言うわけで。
メーカーの副社長に連れられて行ったレストラン(結局食べる話です:笑)。


Cz1

ココナツの実に入ったスープ。

中には鶏肉などが入っていて。

香りに少しクセはありますが、馴れればおいしい(^^)。

Cz2

小振りな肉まんに鍋で少しコゲ目をつけたもの。

ジューシーな肉汁がたっぷりで、とてもおいしかったです。

広州へ戻った夜には再びL女史と合流。

この日は上海料理の店へ。

Sh1

葉ものと煮干し、胡麻ばどをきざんでピラミッド型にした料理。

珍味です♪

Sh2

上海ガニをソーセージ型の餅とからめた料理。

Sk20

この晩は20年ものの紹興酒をおごって。

Sk202

変わった形状の酒器。

右の注ぎ口的なところを指で持ち、飲むのです。

こういうのは初めてだぁ。

20年熟成の紹興酒、10年ものよりもより酸味がくっきり出ていました。

これもまたおいしい♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/06/10

足裏マッサージの広州の夜。

今回の出張で宿としたのは花園酒店(The Garden Hotel)という豪華ホテルで。

部屋は広くてリビングと寝室に分かれています(それぞれに東芝の大画面テレビ付き)。
バス・トイレも別でバスは全面ガラス張りの上、寝室にある大画面テレビを見ながら入浴も出来る仕組み(スピーカーもバスの中にあります)。

インターネット回線の速度も快適で、なんの問題もございません。

Gh1

花園酒店のロビー。
金箔をふんだんに使った壁画が目をひきます。

Gh3

大通りに面した部屋の窓外にはさらに開発の続く広州の街が。

ガラス一枚板で作られたワーキングデスクも置いてあり、そこで仕事(や、ブログのアップ:笑)も出来てこれが一番嬉しかったです。

Gh2

デスクの前には全面のガラスが。
自分で自分を撮影(笑)。
さて、そんなこんなな広州の滞在ですが、はじめて経験したものがひとつ。

それは“足裏マッサージ”

いろいろな店をガイドしてくれているL女史の行きつけ店に初日・2日目と連続して行ってしまいました(^^)。

2件の店で共通しているのは、はじめに薬草などを入れた熱い湯が入った桶に足を入れる事。
そうしている内に担当の女の子が背後から肩や背中を揉んでくれます。
(日本での場合もこんな感じなのでしょうか?)

ゆっくり優しく、というよりはテキパキと激しく。
座っている位置を動かせ、とか、こちらに寄りかかれ、などと早口の中国語で指示をされますが言葉がわからず一苦労。
女の子の伸ばした足の上に上体を仰向けに倒し、女の子が膝で背中をぐりぐりと押し上げるの方法は新鮮。
こんなマッサージの仕方があるんだぁ。

担当の女の子。
地酒星人の背中がボキボキッと音をたてると後ろで「くすっ」と笑うんですよね。
何がおかしいんだろう?

どことなく“20代前半の頃のさくらももこ(イメージ)”といった感じの娘でした(笑)。

本日の1枚。

Amnv

2日目の店は全面ガラス張りで、眼前には殊江の夜景が広がっていました。
幻想的な雰囲気でしたが、この店の担当の子が細身なのに力が強く。
まるで仇のように肩を揉まれて。
今日もまだ肩が痛いです(汗)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/09

広東料理。そして10年紹興酒!

広州滞在の初日の夜は、地元の取引先・某社のL女史に連れられ広東料理の「Wisca」というお店へ。

Wisca1


人気店だそうで、モダンな内装の店内は大変にぎわっていました。

土鍋に入れられて運ばれて来る数々の品。

Wisca2

鰻をニンニクとからめて炒めたもの。
こういう風に食べる鰻ははじめてですね。
味付けはちょっと甘めですが、なかなかおいしいです。

Wisca3

カニ豆腐(・・と、L女史は言っていました:汗)
ほんのりカニの風味があって見た目よりあっさり。おいしい。

Wisca4

スッポンの炒め物。

Wisca5

葱のように見えるのは米を皮状に伸ばしたものを巻いたものだそうで。
ピリ辛で美味。こちらでは朝食としても用いられるそう。

Wisca6

数々の皿でテーブルはこんな感じに(笑)。
広東料理は中華料理のなかでも油の使用量が少なく、ヘルシーなのだとか。
うん、そんな印象の味でしたね。

Wiscasks1

お酒のほうは・・・。
とりあえずのビールの後はやはり紹興酒。
この夜は10年ものをお燗に。
このような燗付け器に入れてくれました。

Wiscashs2

これを徳利にうつして・・・。
目になじむ形ですね(笑)。

Wiscasks3

どことなく竹鶴を彷佛とさせる味。
熟成の賜物か、重層的で豊かな風味を感じます。
いい色、してますね〜。
かなりの量を飲んだと記憶していますが、翌日にまったく残らないのが素晴らしいです。


:

そして今日の一枚。

あわれ鳩くん!!

Wiscahato

でも、これがなかなかおいしいんです(^^)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/06/07

脳神経科。のち北京亭!さらに広州でコスプレ!!

小雨まじりの土曜日。
先日の脳のMRIで多少心配な点があるとの事で紹介を受けた病院へ。
初診扱いで予約は効かないとの事。

行ってっみるとこれがすごい人数の人で。
はやっておりますなぁ〜、この病院。

3時間ほどもかかってようやく診察。
次回にはさらに精密な造影剤を使ったCTを使ってみる事に。
但し、ほとんど心配はいらないであろうとの医師の意見にちょっとほっとしました。
しかし、CTの結果が出るまでは油断は禁物。
診察はほんの5分ほどで終了。
こんなもんなんだよなぁ。

病院を後にした頃には昼も過ぎていて、一緒に行った妻とともに久しぶりに神保町の北京亭へ。
入り口の扉に掲げられているド派手な絵にびっくり。
中は以前とほとんど同じですが、厨房は若いメンツになっているようで。
世代が変わったんでしょうね〜。

Pekinteigyouza

北京亭と言えば餃子!
ぱりぱりの皮にジューシーな具の組み合わせは相変わらずうまい!(^^)

Pekinteihttm

今回見つけて頼んでみたのがこれ。
冷やし担々麺。
辛さにパンチはないものの、なかなかおいしかったです。

翌日から四日間中国へ出張するのに何故中華を・・・とも思いましたが、食べたかったんだも〜ん(汗)。


と、言うわけで。




その後は徹夜で仕事を片付け(いや、部分的には中国へ持ち込みをしているんですが:汗)、やって来ました。
中国は広州。ほぼ20年ぶりくらいでしょうか。

いやぁ、変わりましたね〜。
それでも、古い町並みが残っている街区もあって心がなごみます。

詳しいレポート(などとたいそうな物ではない)は明日以降にするとして。
とりあえず今日の一枚。

広州の街角で「コスプレ撮影会」が行われていました!!

Kosupure

世界に広がっていますね!オタク文化!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/06/05

近況など♪

相変わらず忙しく、なかなか更新もままならない日常なわけですが(^^;)。

とりあえず日曜から中国へ行ってまいります!

といっても観光などではなく。

仕事で発注しているノベルティ製品の検品。
広州から車で3時間ほどかかる工場らしく(汗)。
そこに2日間こもってルーペ片手にチェック、チェック・・・。

あぁ、なんだか気が重い。
問題なければ初日だけで終えられるんですけどねぇ〜。
どうなりますやら。

出張前の明日は某大病院にて脳神経科。
先日のMRIでちょっとひっかかりまして(汗)。

仕事もうまく切り上げられそうにないので、中国でもMacBookが活躍しそうだぁ〜。

あ、iPhoneがそのまま通話に使えるのは便利だし、ちょっと楽しみ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/06/02

阿修羅 in UENO!

と言うわけで、一家揃って行ってまいりました土曜の夜の上野。
東京国立博物館。
目指すのはもちろん今回2度目の「阿修羅展」

来場者が多いため、夜8時まで開館との情報を得て、夕食の後にゆるりと上野の森へ。
入場待ちは思ったほどではなく、しかしそれでも30分待ち。
(前回より15分長い!)

やがて入場。
やはり人の数が4月よりもかなり多い!
10大弟子像のフロアから阿修羅の展示スペースまでの通路が人であふれて動かない(汗)。

どうやら阿修羅像のフロアで入場規制をかけている様子。
こりゃあ8時まで開館なんて甘い、甘い。
9時過ぎまで開場しなければ人がはけないでしょう。

とても芸術作品を見るような環境ではない。
ないのですが、遅々とした歩みの末やっとの思いで阿修羅の前に立つと、それまでのストレスがふっと和らぐのが不思議です。

そこだけぽっかり違う時間・空間が流れている様子。
ありがたし。阿修羅さま。

遠くより心で合掌。

博物館から出たのは案の定9時近く。
近いうちに、奈良で再会といきたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »