« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月の12件の投稿

2009/02/25

これはなんでしょう???

Kaleido1

現代美術のような。

Kaleido2

美しい幾何学模様。

Kaleido3

これは何だと思われますか?

Kaleido4

なんとなく見覚えありませんか?

Kaleido5

ここまで来るとだいぶ・・・。

Kaleido6

そう、そうなのです。

Kaleido7

元ネタはこれ!

Kaleido8

昨日iPhoneにダウンロードした万華鏡ソフト「Kaleido」
カメラで撮った写真を元に万華鏡のような画像を作れます!(^^)
指で画面をさわってグリグリ動かすのはなかなか面白く。

しかも自動的にアニメーションとして動かす事も出来るのです。
しかし利き猪口の場合、二重丸がぐわぐわ動くので見すぎると気持ち悪くなるかもしれません(^^;)。

そんなに使う頻度は高くないと思いますが、350円だとポチッとしてしまうよなぁ。商売うまいなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/02/24

Photoshop CS4!

というわけで、相変わらず忙しい地酒星人の日常なのですが。
何が忙しいかと言うと、やはり本業のグラフィックデザインなわけで。

デザインの道具であるソフトウェアは大切な相棒。
先日、Illustratorを最新版のCS4にアップグレードしましたが、それに続きPhotoshopCS4へアップグレードいたしました。

Pscs4pk

Illustratorは期待していなかった割には使える新機能が多くて予想外の収穫でした。
そこでPhotoshopも・・・と思ったのですが、今のところあまり利点は見つけられず。

画像を任意の角度へ回転させられる「回転ビューツール」に期待していたのですが(タブレット使いには嬉しい機能)、メインで使っているMacBookではOpen GLの関係で使えない事が判明・・・(涙)。
うう・・・最新のMacBookにしろって事なのか・・・。

それ以外は見た感じ、まったくCS3と変わらないんですけど〜。

あとは“背景のみを拡大”出来るという機能が使えるものかどうかを検証してみよう。
たとえば、花畑の前で微笑む美女がいたとしましょう。
その美女はそのままに、背景のみを横にびよ〜〜〜んと広げる事が出来るのだそうだ。
これがうまく出来るようだとかなりスゴイ。

ソフトをアップグレードしても、使う機能は数世代前のものだけ。
などという人が多いわけですが、一応お金かけてるわけですからね。
新機能は使えるようにしないと〜(^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/21

いのちの歌!

本日も仕事がらみの動きがあるわけですが、一応、休日は休日。
なんとか体を休めることが出来ました。

ひさしぶりにゆったりモードの晩酌。
生もとのどぶなどを楽しみながら、聴くのは本日iTunesでダウンロードしたあの曲。

茉奈佳奈「いのちの歌」

Inochinouta

ご存知、NHK朝のテレビ小説「だんだん」の劇中歌です。
美しく、優しい旋律と歓びと感謝に満ちた歌詞。

素直すぎるほどの綺麗な曲ですが、そこが茉奈佳奈にはフィットしている、と感じます。

聴いている内に、自分を取りまく様々な人々、環境に感謝したいなぁ、と思ってしまう曲です。

皆様、更新がとどこおりがちな本ブログですが、いつも訪れてくれて、ありがとう。

だんだん!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/02/19

生存情報。

というわけで、なんとか生きております(苦笑)。
相変わらず仕事でバタバタな日常です。

その中で、腰痛も患っておりました。
今までほとんど腰痛の経験はなかったので、びっくり。

今夜はひっさしぶり(と言っても5日ぶりくらいか?)に日本酒です。
いただきもの。
青森は弘前市、三浦酒造の「豊盃・特別純米酒」

Houhai

これもまた、ひっさしぶりの“どフルーティー”な味。
華やかな果実様の香りと甘み。
疲労のせいか、注いだグラスの背景に少女漫画のようなバラが舞っているのが見えました。

・・・いや、ウソです。ごめんなさい。
(香りと味わいはホントだけど。)

さて、明日をなんとか乗り切ろう!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/02/15

トトロの住む家が・・・。

杉並区の“トトロの家”として親しまれていた民家が火災で焼失・・・。
昨日報じられたニュースです。

この報道に接した時、「あっ、あの家だ・・」と思い出しました。
地酒星人が持っている本の中で紹介されていたのです。
「トトロの住む家」

Totoroie1

宮崎駿氏が、杉並や吉祥寺などの古きよき佇まいを見せている民家を絵や写真で紹介している、ちょっと変わった本です。
1991年の出版。

火災にあったのはおそらくは巻頭に紹介されている家ではないでしょうか。
(阿佐ヶ谷では二軒が紹介されていました)

Totoroie2

昭和初期に建てられた洋館、というには和風のテイストもかなり入っている家。
古びた屋敷と庭の木々・草花が調和していて、とても雰囲気のある素敵な空間を形作っています。

Totoroie3

現在は空き家になっていて、杉並区が公園を造る計画だったそうですね。
もちろん、この家を残しながらの計画だったという事で、焼失してしまったのが本当に残念です。

Totoroie4


| | コメント (8) | トラックバック (0)

3日で4時間!

いやぁ〜、このトシになってこれはきついっす。
仕事が超多忙に加えて、納品した物にちょっとしたトラブルが発生。
3日間で合計睡眠が4時間。

ブログ更新が出来ない〜〜(汗)。

夕べはやっと多少まとまった睡眠がとれはしたのですが、夜中に急に頭痛がして、起きるはめに。
この上、脳疾患はたまらんと思い、たっぷり水を飲み頭痛薬飲んで少し落ち着きました。

結論。
仕事をなんとかしないと、こちらの体が保たない(^^;)。

早急に具体的に考えていかないといけない、と感じた夜でした。

日々の晩酌の時間が持てないのは最大の問題!
(結局そこかいっ!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/10

モーさま(はぁ〜と)♪

昨晩、NHK-BSにて放送された手塚治虫特集。

そこへ、地酒星人・永遠のあこがれのあの方が登場していらっしゃいました♪

そう、マイ・フェイバリット・コミック・ナンバーワン(変な英語)、“ポーの一族”の作者。
我らが萩尾望都先生!!

Mosama

思わずデジカメでテレビ画面を撮影(!)。
モー様、見目麗しゅう。
お元気そうでなによりです。
(めったにテレビ出演されないんですよね〜。)

萩尾先生は手塚治虫氏の「新選組」を読んで漫画に目覚めたそうで(ご本人がいろいろなところで語っていらっしゃいます)、昨日の放送も手塚漫画に対する愛情の感じられる発言がいろいろ有りましたね〜。

萩尾先生、久方ぶりに拝見しましたが、基本的な印象は昔と全然変わっていません。
とっても真面目に漫画について語ってくださいます。
そこがとても嬉しく。

大御所の少女漫画家って、誰とは言いませんが、
「あ〜〜っ、この人どこかに行っちゃってる〜(- -;)!」と感じさせる方が多いのですが。
モー様は違っていますね。
さすがです!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/02/09

新聞休刊日でも!

本日は新聞の休刊日。
毎朝、朝食をとりながら新聞を読むのですが、休刊日はなにやら手持ち無沙汰。

しかし、iPhoneのある今は大丈夫♪
“産經新聞”ビューワーで新聞をまるごと読めます。
しかも無料(^^)/。

Hinachan

というわけで、無事「ひなちゃんの日常」も読むことが出来ました(爆)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/07

韓国で日本酒が流行っているのか?

時折Googleのニュース項目で“日本酒”のキーワードを入力、様々な記事を読んでいます。
多くは各地方のローカルニュースが中心。
どこの蔵で酒造りがはじまったとか、新酒が出来たなどの記事がほとんどで、正直読み飽きた印象が・・・。

そんな中、韓国の中央日報の日本語サイトで発見した記事。

「若者を魅了した日本酒、清酒市場は緊張を」

記事を要約すると韓国で若者を中心に日本酒の販売量が増え続けていて、数年前のワインブームに代わって日本酒ブームが広がる気配だとか。
やや粗雑な内容の記事で、数字などが乗っていないのでなんとも判断が下しにくいのですが。

リンクされている記事を読むと、日本酒ソムリエ(“きき酒師”の資格を持っている方だと思いますが)として活躍している女性の事も紹介されていて、やはり日本酒は静かに浸透しているのでしょうか?

実は一度も行ったことがないんですよ、韓国。
ウォン安だし、行って確かめてみたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/05

喜久酔・特別純米!

このところ、ちょっとした祝い事が続いている地酒星人家。

今日もお祝いにかこつけて酒を一本調達♪
祝いにはふさわしい名前ですね。
「喜久酔」の特別純米。
久々に味わいます。

09kikuyoi

香りはさほど高くなく。
口にふくむと柔らかなタッチの中にほんのりとした旨味が顔をのぞかせます。
まごうことなき「喜久酔」の味。健在です。

とても自己主張の少ない酒の筈なのに、なぜかやめられない。
以前より変わらぬ不思議な個性。

燗をつけると今までどこに隠れていたのか、と思う酸味が顔をのぞかせ。
これもなかなかいけるのですね。

【スペック】
喜久酔・特別純米 1.8l/青島酒造(静岡県藤枝市) 使用米:不明 精米歩合:60% アルコール度数:15度以上16度未満 価格:2730円 購入店:鈴伝(四谷) 出荷年月日:08.10

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/04

iPhoneアプリ「豊平文庫」!

最近購入したiPhone用のアプリケーションです。
「豊平文庫」
230円なり(お試し価格との事)。

著作権の消滅した小説をはじめとした様々な文章がアップされている「青空文庫」というサイトがありますが、そこからテキストデータをダウンロードし、文字組を文庫本的にレイアウトして読ませるソフトです。

背景の色が選べて、文の大きさ・間隔などもとても読みやすい。

Iphonehouhei

芥川龍之介や森鴎外、宮沢賢治や太宰治など、高名な作家の作品ばかりではなく、様々なジャンルの文章があるのが楽しく。

夕べは晩酌をしながら幸徳秋水が獄中でしたためた「死生」を読みました。
大逆事件で検挙され、密室裁判で死刑を宣告された後にその心境を綴ったものです。
死を間近に迎えた幸徳秋水が、古来の様々な人物を例に挙げて“死”について語る文章は、とても興味深いものがありました。
まるで天から自分の居る場所を見下ろしているような客観性と、自分の死の持つ意義に対する自負が同居しているような文だと思います。
イデオロギーの匂いはほとんど感じられず、平易な文なので読みやすかったです。

読んだ後にテレビをつけると、BSで黒澤明監督の「生きる」が放送中でした。
胃がんで自分の死が近い事を知った市役所の課長が、児童公園の建設に尽力し、燃え尽きて死んで行くストーリー。

「生と死」を考えさせられる夜でした・・・。

※「青空文庫」は有志の方のボランティアで運営されているサイトです。貴重な作品のテキスト化に感謝いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/02

iPhoneアプリ「今日の地震」!

昨日の朝は、ひさしぶりの大きめな地震で目がさめました。
がばっと起きた後にすかさず起動させたiPhoneのアプリがこれ。

Iphonejishin

「今日の地震」
無料アプリです。

機能はいたって単純。
その日にあった日本各地の地震の、場所・時刻・マグニチュードを一覧で表示させるものなのです。
地震が起きた後しばらくはサーバーにアクセス出来ず。

おそらくは同じ「今日の地震」ユーザーが大挙してアクセスしているものとみられます(笑)。

数日これで情報を収集していると、千葉県に小さな地震が多い事に気づきました。
また、東京の多摩東部などにも地震があり。
巨大地震の前兆ではないか???などと、なんとなく不安になるアプリではあります(^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »