« 男はつらいよ・HDリマスター版! | トップページ | 風の森・純米吟醸 しぼり華! »

2008/09/27

アメリカン・パイで風邪で宝塚で。

夕べ、帰りがけに立ち寄った書店で、敬愛する萩尾望都氏の名作「アメリカン・パイ」の文庫版を発見、さっそく購入。
(5年ほど前から出版されていたようですね:苦笑)

Americanpie

んで、晩酌しながら読んだわけです。
「ポーの一族」や「11人いる!」などの影に隠れてあまり論じられる事のない作品ですが、とっても良いんですよね。

不治の病に冒されたフランスはボルドーのお嬢さんが、自分の生きる意味を求めて出奔。
アメリカはマイアミで売れないロックミュージシャンと出会う・・という筋立て。
マイアミ・アメリカ・ロックという、萩尾作品に合わない要素ばかりですが、主人公の女の子・リューやブ男のミュージシャン、グラン・パの織りなす人間模様はまさしく萩尾ワールドで。

酒を飲みながら味わうように読み込めば、涙腺もゆるむってもんですよ。
それで、座敷で知らない間に寝てしまって・・・風邪をひいたようです(汗)。

あとがきを書いてらっしゃるのが宝塚の演出家である小柳奈穂子さん。
まったく知らなかったんですが、この作品、2003年に宝塚で上演されたんですね〜。
さっそくニコニコ動画にてその時のダイジェストを観てみました。
どなたが演じられたのか知りませんが、リューはイメージに近い。
グラン・パはさすがにイケメンな感じの男役の方でしたが・・・(^^;)。

あぁ〜、全編通して観てみたいなぁ。
再演、しないでしょうか。

あぁ、くしゃみが止まらない〜(- -;)。

|

« 男はつらいよ・HDリマスター版! | トップページ | 風の森・純米吟醸 しぼり華! »

コメント

手元のは文庫だったか全集収録だったか、引越しでうずたかく積まれた段ボール(全部マンガ (^^;)をほどいて確認する気力はありませんが、これも記憶に残る作品でした。

投稿: 燗酒おやぢ | 2008/09/28 07:43

《燗酒おやぢさん》
随分前に読んだ時は感じなかったのですが、とてもテンポの良い作品だと思いました♪

リューの最期はばっさりカットしていますしね・・・。

あ〜、宝塚の舞台、観たかったです〜。

投稿: 地酒星人 | 2008/09/28 09:54

アメリカン・パイというと、
ドン・マクリーンの名曲を思い出します。
そういえば、マドンナがカバーしてました。

投稿: kazu | 2008/09/28 23:43

《 kazuさん》
あ、そうなんですよ!!
主人公の女の子がいつも歌っているのが、ドン・マクリーンの「アメリカン・パイ」で、それがタイトルにもなっているんですね。

マドンナのアメリカン・パイ、コメント拝見してiTunesで入手しようとしたのですが、リストに上がってないようでした。
う〜ん、残念。

投稿: 地酒星人 | 2008/09/29 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/42611899

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・パイで風邪で宝塚で。:

« 男はつらいよ・HDリマスター版! | トップページ | 風の森・純米吟醸 しぼり華! »