« はたして渡していいものか・・・。 | トップページ | 記憶は勝手に育つ。 »

2008/04/20

夕凪の街 桜の国。

こうの史代さんの同名漫画の映画化です。
夕凪の街 桜の国

Yunagisakura

物語は時をへだてた二人の主人公によって語られます。
原爆投下から10年後に発症した原爆症で亡くなる皆実と、現代を生きる姪である七波。
それぞれを麻生久美子と田中麗奈が好演しています。
原作の良さを忠実に丁寧にスクリーンに移し替えた印象で、とても感動しました。

今なお癒えぬ原爆の被害と心の傷・・・。
声高に平和を叫ぶ作品ではありませんが、戦争が残す消えない罪を静かに語りかける映画です。

|

« はたして渡していいものか・・・。 | トップページ | 記憶は勝手に育つ。 »

コメント

田中麗奈、いいすよねー。
その昔、田中麗奈とその彼氏を後部座席に乗せてドライブした人と一緒に仕事してますよ。

投稿: フットゴリ | 2008/04/21 11:37

《フットゴリさん》
ある意味ミステリアスな女優さんでしたが、最近メディア露出が増えているみたいですね。
夕べの「猟奇的な彼女」にも出演してましたし♪
鬼太郎の「猫娘」も見てないので、ぜひ鑑賞したいです(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2008/04/21 13:46

自分は、麻生久美子が好きですcoldsweats01
”時効警察”でハマりました。

投稿: イケ | 2008/04/21 15:05

《イケさん》
そうっ!
麻生久美子、良いっすよね。
時効警察や有頂天ホテルのコメディエンヌぶりも良いし、この映画のようなシリアスな演技もしっかり出来るし。
演技の幅の広い女優さんだと思います。

投稿: 地酒星人 | 2008/04/21 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/40939271

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街 桜の国。:

» mini review 08286「夕凪の街 桜の国」★★★★★★★★★☆ [サーカスな日々]
第9回手塚治虫文化賞新生賞、平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代の同名傑作コミックを、『出口のない海』の佐々部清監督が実写映画化したヒューマンドラマ。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性を通して、現在までに至る原爆の悲劇を描く。主演は、若手実力派女優の田中麗奈と麻生久美子。共演には中越典子、藤村志保、堺正章ら多彩な顔ぶれが集結。登場人物たちの人生や何気ない日常生活を通し、命の尊さを語りかけてくる。[もっと詳しく] 原作者であるこうの史代がスクリーン・トー... [続きを読む]

受信: 2008/05/01 12:40

« はたして渡していいものか・・・。 | トップページ | 記憶は勝手に育つ。 »