« 地酒星人的思ひで(その28)《思い出のおかまちゃん達:前編》 | トップページ | 上洛!! »

2007/12/05

地酒星人的思ひ出(その28)《思い出のおかまちゃん達:後編》

と言うわけで、おかまちゃんの思い出後編です(^^;)。

地酒星人が生涯で二人目に会ったリアルおかまちゃん。

日本がバブル真っ盛りの頃、地酒星人はデザイナーとして茅場町の投資信託運用会社の広告を制作していました。
ふだんは営業企画の部署に出入りしていたのですが、時折総務部マターの仕事も入り。

直接の担当ではなかったのですが、そこに「彼」がいたのです。
年の頃は当時で40代後半〜50代だったでしょうか。
背は低め。少し小太りな体型で、髪は七三。
一見、どこにでもいる普通のおじさんなのですが、話しはじめるとすぐにわかってしまうのです。彼が“そちら系”である事を。


当日の担当者を応接室で待っていると、彼がすすっと入って来て。

机に広げていた当日のプレゼン用デザインを見て、ひとこと。

「・・・あらぁ〜っ、素敵ねぇ〜〜。」

決して大げさな言い方や仕草ではなく、穏やかで静かな話し方なのですが、もうおかまちゃんニュアンスがぷんぷん。

「ねぇねぇ、こういうのって、どんな時に思いつくのかしら?」


「小さいときから絵を描くのが好きだったのぉ?」

などと質問は続き・・・。


そうこうする内に担当者がやって来ると、何も言わずまたすっと居なくなる。

そんな事を数年の間、繰り返していました。

ある日、ホールでエレベーターを待っている時、ふとオシリに何かが触れたと思って振り返ると、彼が去って行く後ろ姿が・・・(苦笑)。

このパターン、何回か有りましたので偶然ではないでしょう(^^;)。

(彼、気配を消すのがうまいんです。)


彼、表情と仕草が独特なんですね。
動作のところどころに日本舞踊のような“止め”のポーズが入る。
そして、その時の目は上目使い。

独特の彼流の動作の様式がありましたね(外見はあくまでも普通のおじさんなのですが)。


やがてバブルが崩壊し、その会社も余裕がなくなったのか総務マターの仕事も入らなくなり、彼と顔を合わせることは無くなりました。

その後何回かの合併を経て、知っている社員の方も皆散り散りになりましたので、その後はまったく知りません。

今はその会社も無くなり、あのフロアで彼に会う事は生涯ありませんが、バブル期の活気のあった茅場町の思い出として、心にとどまっています。

あの会社自体、のんびりしたところが多分にありましたし、ああいう人がああいう風にいられた余裕が日本経済にあった気がします。

(仕事は出来る方だったそうですが。)

|

« 地酒星人的思ひで(その28)《思い出のおかまちゃん達:前編》 | トップページ | 上洛!! »

コメント

オカマちゃんって本当に気が利くんですよね。だから仕事もできる人だったというのは納得です。
私・・・男の人が浮気するのは仕方ないのかもしれないと思いつつ、その相手がオカマちゃんだったら相当凹みます。
一時「おカマに負けるな!」が合言葉でした!

投稿: hirorin | 2007/12/05 23:28

《hirorinさん》
一度も仕事はした事がなかったので、今でも存在事態が謎のままです。
あまり出入りする事のないタイプの人間だったから、興味をひかれたんでしょうね〜(^^;)。

浮気相手が同性というのは、男女問わずかなりショッキングだろうな〜(苦笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007/12/06 09:07

マジ友に マジホモ(おかまちゃんと言うと怒るので)がいます
元職場の同僚なんですが 本人は一生懸命「男っぽく」しようと意識しているらしいんですが
思いっきし「オネぇ」なんですョね
(カマっぽいと言うと怒ります)
でも かわいいんですョね
憎めなくて
「私 ホモだから女には興味ないの!でも姉さん(キキ☆の事)は、だぁ~い好き♪」
この言葉だけは 未だに謎です。
インパクトが強い分 忘れられないんですよねぇ… 

投稿: キキ☆ | 2007/12/06 10:43

一見普通のおじさんのおかまちゃんといえば、いやぁ〜ん遅れちゃうぅぅ〜と内股走りで走って転んで、バスに引かれそうになった、上司を思い出しちゃいました(笑)

投稿: 酔ゐどれ | 2007/12/06 12:41

お尻・・・。
ということは、地酒星人さんも、男(オカマ?)に好かれるタイプなんですね(笑)。
私の友達にも何人か「オカマに好かれる」という男の子がいますが、
みんなやっぱりほんわかした雰囲気してるんですよ~。

投稿: まき子 | 2007/12/06 12:49

《キキ☆さん》
キキ☆さんのお友達にもいるんですか〜。
みんな何かしら知り合いがいるんだなぁ。
トータルすると日本全体ですごい人数になりそう。
あ、もしかして少子化の隠れた原因なのでは!?

投稿: 地酒星人 | 2007/12/06 13:48

《酔ゐどれさん》
お〜、ファニーな上司だ(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007/12/06 13:49

《まき子さん》
ははは、セクハラされるOLの気持ちがほんの少しわかりました。

う〜ん、でも、おかまちゃんから寄って来られたのってこの時以外は無いんだよな〜。
どうなんだろう〜。

投稿: 地酒星人 | 2007/12/06 13:51

最近、おねぇキャラタレントをテレビで観ない日無いですね。「どんだけぇ〜!!」カレらはホント話術にたけてるし、数字も取れるんでしょうね。
昔は面白くて、SHOW PUBもよく行きました。

投稿: イケ | 2007/12/06 15:27

《イケさん》
そうですよね。
口下手なおかまちゃんって、いませんよね。
朴訥な語りのおかまちゃんって、なんかリズム感の悪い黒人みたいな感じ(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007/12/06 16:38

ファッション関係の仕事をしていた頃は、仕事相手が男なら大抵ゲイだったので、同性愛者に対して違和感はないんですよ。

ただ、「おかまちゃん」と「ゲイ」は、人種が異なるようですね。

僕の知り合いのゲイの人達は、お姉言葉は使っていなかったです。

投稿: papaci | 2007/12/06 18:47

《papaciさん》
お〜、すごいぞファッション業界(^^;)。
ノン気の人が逆に「あいつ、ちょっと変」とか思われるんでしょうか?
倒錯だぁ〜、わくわく。

「おかまちゃん」と「ゲイ」、違いはある程度わかります(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/12/06 23:58

出ましたー!「あの人」ですよねぇ。
わっしは、その人から「いいものあげる」と言われて、ブラウンの電動シェーバーをもらったことがあります。おカマさんからシェーバーをもらうって、なんかエッチくない?女の子から、腋毛シェーバーをもらうようなもんじゃん(全然違うか?)。

投稿: フットゴリ | 2007/12/07 16:21

《フットゴリさん》
そうそう、あの人ですよ(笑)。
あまり男性が男性にシェーバー贈る事ってないですよね。
フットゴリさん、きっと気に入られていたんですね♪

投稿: 地酒星人 | 2007/12/08 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/17282887

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その28)《思い出のおかまちゃん達:後編》:

« 地酒星人的思ひで(その28)《思い出のおかまちゃん達:前編》 | トップページ | 上洛!! »