« ダイエット成功!? | トップページ | 昨日〜今日は忙しかった!マジで。 »

2007/11/28

がんこ焼酎屋ヌーボー!

蒸留後、何も手を加えていない焼酎とのこと。
酒質がどんどん変化していくそうで、なにやら面白そうで飲んでみる事に。

ラベルの「よく振ってください」の表記がしびれます(^^)。

本格焼酎「がんこ焼酎屋ヌーボー」

Gankoshochu

栓を開けてみますと、まずは強烈な匂いがガン!!
(あえて“香り”ではなく“匂い”と呼びます)

これはなんだろう?
底流にうっすらと慣れ親しんだ芋焼酎の香りはあるのですが、その前に立ちはだかる激しい匂い。
妻とふたり、思いつくままに匂いのイメージを語り合いました。

火薬。

ある種の工事現場。

鉄工所。

どこか“火”を使う現場のイメージなのですね。

普通、上記のような匂いであれば嫌悪感が出て来そうなのに、眉をしかめながらも不思議と嫌な感じはしません。

飲み口もかなり強烈。

42.1度ですもんね。でも、おいしい。

お湯割りをしてみますと、香り・味わいともふくらみが増し、ぐっとマイルドとなります。
かなり個性的な香りですが、なんだかんだ言いつつ飲み続けてしまうのは、やはり酒飲みだからでしょうね。

最初のショックが過ぎてしまえば、なかなか後をひく酒でもあります。
日を追うにつれて変化が見られるそうなので、これから楽しみにウォッチして行きたいです(^^)。

【スペック】
がんこ焼酎屋ヌーボー 720ml/大石酒造株式会社(鹿児島県阿久根市)原材料:さつま芋・米麹 アルコール度数:42.1% 購入店:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日:07.11.09

|

« ダイエット成功!? | トップページ | 昨日〜今日は忙しかった!マジで。 »

コメント

ヌーボーだから、やっぱりインパクト強いんですかね~。
鉄工場で働くヤンキーみたいなものをイメージしてしまいました(笑)。
全然違いますかね~~。

投稿: まき子 | 2007/11/29 12:46

《まき子さん》
なんか今まで嗅いだ事の無い香りなんですよ〜。
ヤンキーというよりはもうちょっと落ち着いた、「三丁目の夕日」の鈴木オートのような・・っと、自分でも訳がわからなくなって来た(笑)。
芋を使う焼酎蔵ってこういう香りがするのかなぁ。

投稿: 地酒星人 | 2007/11/30 09:21

>最初のショックが過ぎてしまえば、
>なかなか後をひく酒でもあります。

う~む、なんか「くさや」みたいですね(笑)。私は食べられませんが・・。

投稿: 桂自然 | 2007/12/04 17:51

《桂自然さん》
以前、同じような感想を持ったのが泡盛の「白百合」でした。
でも、あれよりきついかも(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/12/04 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/17218097

この記事へのトラックバック一覧です: がんこ焼酎屋ヌーボー!:

« ダイエット成功!? | トップページ | 昨日〜今日は忙しかった!マジで。 »