« 【書評】日本は勝てる戦争になぜ負けたのか | トップページ | 地酒星人的思ひ出(その26)《かつての映画オタクの涙ぐましい努力の話》 »

2007/10/17

ダイアナ!

次女が最近、地域の祭りで開かれていたバザーで買って来た本(10円)に驚き。

小学館・学習まんが人物館
「ダイアナ」。

Diana

あのかつてのイギリス王太子妃、プリンセス・ダイアナの漫画でした。
こういう本は世界の偉人の功績を子供たちに伝えるタイプのものだと思っていたので、ちょっと意外。

この漫画は彼女の死後に出版されたもので、幼少時の両親の離婚やチャールズの不倫への葛藤など、考えていたよりも赤裸々に描かれています。
最近の小学生はすごいもの見て学習してるな。

あ、普通の少女漫画の方がもっとすごいか。最近は(^^;)。

|

« 【書評】日本は勝てる戦争になぜ負けたのか | トップページ | 地酒星人的思ひ出(その26)《かつての映画オタクの涙ぐましい努力の話》 »

コメント

最近、私はあんまり少女マンガ見てないけど・・確かにテーマというか事件の内容がイマドキです。昔の少女マンガよりもリアル・・
もっと夢のある話に作る上げてほしいような気もするけど、それもまた今の世の中にそぐわないというか・・
子供のうちから、週刊誌ネタみたいなことに興味持つような話しはあんまりしてほしくないな~

投稿: hirorin | 2007/10/17 22:44

《hirorinさん》
お互いにすごく好きなのに、それが伝えられなくて何年も経過してしまう・・・そんな「ふたりの童話by岩館真理子」みたいな内容はもう無いのでしょうか??

投稿: 地酒星人 | 2007/10/18 09:04

歴史の偉人が、こういうマンガになる、って思ってましたが、
ダイアナも歴史に残る偉人・・・になったということでしょうか。
スキャンダルはあったけど、世界にはすんごい貢献してましたもんね。

投稿: まき子 | 2007/10/18 12:55

キューリー夫人と並んでたら、私もこっちを選びます★

ところでダイアナの胸元に見える、顔のようなもの(紫のところ)は顔でいいんでしょうか?
なんかドキドキもやもやしました…

少女マンガもほえ!?ですが、少年マンガもヌードが結構リアルで「いいの?」と思うことがありますー。

投稿: カンザワユミコ | 2007/10/18 13:55

《まき子さん》
晩年の印象は三面記事の女王、といった感じでしたが、イギリスではいまだに人気が高いようですよね。
地雷撲滅キャンペーンでの姿は印象に残っていますね。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/18 18:39

《カンザワユミコさん》
そうです、顔写真ですね(^^)。
変な場所にレイアウトされていますよね(笑)。
最近の少年漫画もすごいのでしょうね〜。
ハレンチ学園でドキドキしていた頃がなつかしいです(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/18 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/16789332

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアナ!:

« 【書評】日本は勝てる戦争になぜ負けたのか | トップページ | 地酒星人的思ひ出(その26)《かつての映画オタクの涙ぐましい努力の話》 »