« 口中のグロい固まり始末。 | トップページ | 扶桑鶴・純米吟醸H16BY! »

2007/10/11

英君・特別純米ひやおろし!

銀杏の絵柄のラベル。
ひやおろしが出ていましたので、早速飲む事に。

英君・特別純米ひやおろし

Eikunhiyaorosi

香りは若干のアルコール感とともに好もしい熟成感。
決して“老ね”ではありません。
口に含みますと、柔らかい当たりと一緒に甘みが立ち上がります。
その後、酸でサッと洗われる感じです。
全体に熟成の風味が感じられます。

それでも、まだちょっと硬い印象があり、これから一週間後くらいがベストと見ました。
(当たるかな?)

今回気が付いたんですが、英君のマークってこういうものなんですね。

Eikunmark

家紋を採用している蔵が多いですが、(R)が付いているって事はオリジナルで作成されたものでしょうか?
杯をかたどっていて、台座部分の三角は“英君”の“A”?
A君!?

【スペック】
英君・特別純米 1.8l/英君酒造(静岡県由比町) 使用米:五百万石 精米歩合:55% 使用酵母:静岡酵母NEW5 日本酒度:+2 酸度:1.3 アルコール度数:16.5 価格:3,000円 購入店:鈴傳(四谷) 出荷年月日:07.10

|

« 口中のグロい固まり始末。 | トップページ | 扶桑鶴・純米吟醸H16BY! »

コメント

A君!なるほど~、そうとも読めますね~。
こういう商標のRとかCとか、使い方がイマイチよく分かりません(汗)。
カタログ作ってても、これはCをつけていいのかな~とか。。。

投稿: まき子 | 2007/10/11 12:32

このマークは、先代が「英君」の「E」と「K」を組み合わせたものだそうです。

さきほど蔵元に教えて頂いたので間違いないと思います(笑)。

今後とも静岡吟醸を宜しくお願い致します。

投稿: papaci | 2007/10/11 15:20

一昨年あたりは、私もまだ「ひでくん」なんて呼んでいましたが・・だんだんお酒の名前の読み間違えも少なくなりました。

昨日、蔵の会があったけど、これ飲み損なっちゃったなぁ・・こうやって読むと、やっぱり飲んでおけば良かったと後悔。

投稿: hirorin | 2007/10/11 17:10

《まき子さん》
(R)は登録商標である事を示しています。たぶん。
↑勝手にこのマーク、使ったらいかんよ!という事ですね。

(C)は著作権がありますよ、という事です。たぶん。
↑勝手に画像やらなんやら使ったらいかんよ!という事ですね。

違う場合は誰か補足してくださいまし(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/11 19:19

《papaciさん》
おおっ!蔵元情報ですか。
それは確実ですね(^^)v。
ありがとうございます!
しかし、「E」と「K」の組み合わせという事ですが、どの部分がというのが判然としなかったりして・・・(汗)。
・・・わかります?

投稿: 地酒星人 | 2007/10/11 19:24

《hirorinさん》
ひでくん!!
イメージキャラクターは中田英寿!
世界を股にかける旅人が欠かさない酒!なんて(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/11 19:25

そのうち、佐藤B作のように「B君」なんていうのが出たりして。

投稿: kazu | 2007/10/11 22:43

《kazuさん》
こうなったらC君もD君も行っちゃえ!
(↑意味不明)

投稿: 地酒星人 | 2007/10/12 09:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/16727500

この記事へのトラックバック一覧です: 英君・特別純米ひやおろし!:

« 口中のグロい固まり始末。 | トップページ | 扶桑鶴・純米吟醸H16BY! »