« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の22件の投稿

2007/10/31

パンプキンキング!

と言うわけで、ハロウィンづくし。
地酒星人版カボチャ大王!(笑)

07jizakehlwn

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/30

澤乃井・しぼりたて一番汲み!

東京の蔵元、小澤酒造の醸す澤乃井
その今期第一号のお酒が手に入りました(^^)。
しぼりたて一番汲み生原酒

地酒星人の味わう、今年の新酒第一号でもあります。
本醸造の生原酒。度数は19度以上20度未満とひじょうに高く♪

Sawanoisiboritate

わくわくしながら開栓。
香りは、ほ〜んのりとした果実様の香りに加えて硬派なアルコール感。
口に含むとすぐにわかるのは濃厚な各味のアタック。
甘さと苦みが強めで、思いのほか喉越しが良い。
とろっとした触感は、う〜ん、原酒だ。
舌をピリピリと刺激するガスも良いですね。

久しぶりに味わった、本当のしぼりたてでした。
頑張れ、東京地酒!
頑張れ、澤乃井!

【スペック】
澤乃井・しぼりたて一番汲み生原酒(本醸造) 720ml/小澤酒造株式会社(東京都青梅市) 使用米:不明 精米歩合:65% アルコール度数:19度以上20度未満 出荷年月日:07.10

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007/10/28

鷹勇・勇翔火入れ原酒 H18BY!

おなじみ、鷹勇勇翔の原酒です。

まるで出汁を味わっているかの如くの滋味を感じます。
なぜ酒なのに、醤油ベースの出汁のような味わいを感じるのでしょう。
原酒ならではの強さもあって、気がつくと2杯、3杯と・・・あぶない、あぶない(笑)。

Takayusho0710

※スペックはのちほど♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/26

地酒星人的日常(その21)《ガロ的な長女。》

ウチの長女が今春から進学した中学校で漫画部に所属した事は以前も触れました。
漫画部に所属するくらいですから、漫画好きである事は間違いありません。
ところが、彼女が好んで読む漫画は、いわゆる最近人気の一般受けする物とは隔たっているのです。
本棚に並んでいる作家を見ていくと、まずは杉浦日向子さんの江戸もの。
これがとても多い。
そして、さくらももこ
と言っても「ちびまる子ちゃん」ではなく、「神のちからっ子新聞」などのかなりシュールな内容のもの。
そして最近コレクションが見る度に増えているのは吉田戦車
これがかなりツボにはまっているようですね。
どうも、シュールな笑いというものが好きみたいですね。

これらの作家、今でこそ各々メジャーどころではありますが、昔ならとてもマイナーなポジションだった作風だと思います。
そう、いわゆる「ガロ」的なのですね。
(実際、杉浦さんは「ガロ」でデビューしていますしね。)

そんな長女の描く漫画もやはり独特でシュールな味を持っています。
最近はめきめき画力もついて来て、これからどんな作品を作って行くのか、楽しみなような、怖いような・・・?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/10/25

日置桜・純米〈玉栄使用〉H18BY!

玉栄。
この酒米で醸した酒って、好きなものが多いような気がします。
(成り立ちなんかはほとんど知らないのですが:汗)

と言うわけで、その玉栄を使用した日置桜の純米酒です。H18BY

Hiokisakura0710

味わいは一言でまとめると、優しい滋味。
特に際立った香味があるわけではないですが、飲んでいると障りなく喉を通って癒される印象です。
甘みとともに酸味もあり、甘酸っぱい酒は苦手な地酒星人でも、このお酒の場合はバランスが良いようでどんどんと飲めてしまいます。

安心して飲める一本。

【スペック】
日置桜・純米酒H18BY 1.8l/有限会社山根酒造場(鳥取県鳥取市) 使用米:玉栄 精米歩合:60% 使用酵母:協会7号 日本酒度:+6.5 酸度:1.9 アミノ酸度:1.4 価格:2,340円 購入店:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日:07.10

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/24

地酒星人はポーションを手に入れた(笑)。

・・・と言うわけで、深夜のコンビニにてゲットしました。
サントリーから発売されたFINAL FANTASY 710周年記念の炭酸飲料「ポーション」

10種類くらいある筈なのが、その店にあったのは5種類ほど。
その中から、クラウド・エアリス・ティファの3名を。

Potion1

FF7の、あの“暗さの魅力”をよくわかっているデザイン。
永遠の三角関係の3人。
(ADVENT CHILDRENで一応の決着は見ましたが。)

Potion2

商品名デザインもFFシリーズデフォルトのもので。
さて、お味の方ですが、なんか普通の炭酸飲料ですね。
炭酸が割と強めで、甘さとちょっとした酸っぱさ。
表示はないですが、結構カロリーありそう。

他のデザインも揃えたくなるなぁ・・・、商売うまい(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/10/23

ジザケバード4号発進!!

久々に登場!
ジザケバードシリーズ!

最後に登場はジザケバード4号だっ!!

Jizakebird4

これにてジザケバード、すべて完成!!(なのか?)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/22

エアリスタンと再会!

・・・というわけで、買ってしまいました「ファイナルファンタジー7 クライシス・コア」
なんかカタカナで入力するとカッコ悪いな(^^;)。

あの名作RPG、ファイナルファンタジー7から7年前を描いた作品で、個性豊かな登場人物たちの若い(または幼い)頃が描かれているのです。
これはファンとしては買わずにおれませんっ!

Newff7

問題はウチにPSPが無い事だけだなっ!!(爆)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/21

諏訪泉・冨田2006!

お醤油味の出汁を飲んだような滋味に溢れています。
諏訪泉の山田錦特別選別米を使用した冨田

Tomita

お燗をしますと、より旨味が感じられて。
思わず口中で上あごと舌で酒を抑えてしまいます。
重くないのに、深みがある。なかなかおいしいお酒です♪

この冨田、裏ラベルに酒米を作った冨田さんがはじめて奥様を伴って蔵へ訪れた際の事などが日記風に書かれています。
地酒ファンって、こういうちょっとした物語が嬉しいんですよね(^^)。
同じく裏ラベルに記載されている内容ですが、この冨田七割に使われる山田錦の田んぼは、一本あたり一坪半、4万3千粒が使われているそうです。
こういう具体的な数字を出されると(いや、出されなくともですが)、心して味合わなくては、と思いますよねぇ。

【スペック】
諏訪泉・冨田2006 1.8l/諏訪酒造株式会社(鳥取県智頭町) 使用米:山田錦 精米歩合:70% 使用酵母:協会七号 日本酒度:+3.5 酸度:2.4 アミノ酸度:2.2 アルコール度数:17度以上18度未満 価格:2,394円 購入店:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日:07.09

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/19

地酒星人的思ひ出(その26)《かつての映画オタクの涙ぐましい努力の話》

子供の頃から映画が大好きだった地酒星人。
小・中学生の頃は、ビデオなどと言うものはなかったわけです。
なので、好きな映画は映画館で見るしかなかったし、せいぜいサントラ盤を聴いたり、プログラムを眺めながらその映画の名シーンを回想していたのですね。

好きな映画がテレビで放映される時は万難を配してブラウン管の前に陣取り、目を皿のようにして眺めました(放送時間に合わせて映画がカットされるのには腹が立ちましたね)。
サントラやプログラムに飽き足らなくなった地酒星人、ある日一計を思いつきました。
中1の時に買ってもらったラジカセ(ソニー製のモノラル)で映画の音声を録音したい、と。
と言ってもその頃のテレビには音声のジャックなどと言うものは無く、ラジカセに直接つなぐ方法がないのです。

そこでやったのは、なんと原始的。
テレビのスピーカーの前にラジカセを置いて、大きめに流している音声を直接録音(爆)。

放送中はすなわち録音中ですから、一切の物音を立てないように息を殺します。
鑑賞している姿勢を変える際にも衣擦れの音が出ないよう、スローモーションのような動きをしたりして。
映画は進行して行き、録音も順調。
クライマックスに近づいた時、階下で電話の音。
そんなに大きな音ではないので良いのですが、母親が階段を上って来る音が。
ものすごく嫌な予感。
ドアが開けられ、
「電話だよっ!!」

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!

それまでの努力が友人からの電話で水の泡に〜〜〜っ(涙)!

・・・などと言う事を、昨日秋葉原を歩きながら思い出しました。
今は良い時代になったよなぁ・・・。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007/10/17

ダイアナ!

次女が最近、地域の祭りで開かれていたバザーで買って来た本(10円)に驚き。

小学館・学習まんが人物館
「ダイアナ」。

Diana

あのかつてのイギリス王太子妃、プリンセス・ダイアナの漫画でした。
こういう本は世界の偉人の功績を子供たちに伝えるタイプのものだと思っていたので、ちょっと意外。

この漫画は彼女の死後に出版されたもので、幼少時の両親の離婚やチャールズの不倫への葛藤など、考えていたよりも赤裸々に描かれています。
最近の小学生はすごいもの見て学習してるな。

あ、普通の少女漫画の方がもっとすごいか。最近は(^^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/15

【書評】日本は勝てる戦争になぜ負けたのか

新野哲也氏著「日本は勝てる戦争になぜ負けたのか」を読了。
あらためて暗然とする。
書かれている事は個々には知識として持っていたものだが、先の戦争における日本の政治・軍事の失策をここまで並べられると本当にため息が出て来る。

Nihonhanaze

第二次大戦は日本にとって無謀な戦争であったと言われているが、それは戦争指導者たちが無謀にしたのであって、作戦によっては勝てる(=戦争目的を達する)事が出来た戦いであった、と新野氏は語る。
敵国に勝つには強いリーダーシップと的確な戦略が必要であったのに、日本の軍部では海軍と陸軍が反目し合い、その中でも統制派と皇道派に別れていがみ合っていた。
他にも親ドイツ派や親ソ連派、親英米派などに別れ、社会主義革命を理想とする軍人・官僚などもいた。
日本が敗れる事で、革命を起こしやすい環境を作れると考える者がいたというのも驚き。

大戦当時、ルーズベルトのまわりに100人を超えるスターリンのスパイが居たのだから、日本の上層部に同じような者が混じっていないとは言い切れないだろう。
ゾルゲ事件などは氷山の一角かもしれない。
ソ連のスパイに限らず、謀略が渦巻いていたのが先の戦争であったし、そうでなければ説明の付かない、「何故?」が多過ぎるのだ。

それらの指導者層の為に犠牲となった、多くの国民と前線の勇敢な兵士たちにあらためて哀悼の意を表したい。

そう素直に思わせてくれる新野氏の著作である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/14

日置桜・八割搗き山田錦!

有機無農薬米の山田錦を使用した日置桜です。
精米歩合は80%。

Hiokiyamada8wari

香りは穀物系のフレーバーの中にアルコール感が少し。
口に含みますと、様々な味が感じられます。
甘み、旨味、苦み、そして強い酸味。
燗をつけますとそれらの味が渾然一体となり、柔らかい印象となります。
やはり精米80%なので雑味も多いのでしょうが、それも味の内といえましょう。
なかなか良い味だと思います。
おそらくもっと放置をすればさらに味が乗って来るのでしょう。

【スペック】
日置桜・八割搗き山田錦 H18BY 1.8l/有限会社山根酒造場(鳥取県鳥取市) 使用米:山田錦(有機無農薬米) 精米歩合:80% 日本酒度:+9.5 酸度:2.1 アミノ酸度:1.3 アルコール度数:15.5度 価格:2,730円 購入店:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日:07.10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/12

扶桑鶴・純米吟醸H16BY!

開栓をするとふわっと吟醸香、と思ったらさにあらず。
なんとも言えないミルク系というか、乳酸菌系というかの香り。
うわ〜っ、好きなんですこの系統。

扶桑鶴の純米吟醸、H16BY

Fusouzuruh16by

口に含みますと、程よく熟成された味わいで、旨味がしっかり。
含み香でも先ほどの香りが感じられて、旨いっ!!

やったねパパ!!
あしたもホームランだっ!!

と意味も無く叫びたくなって来ます(爆)。

あんまり好きだったので冷やだけで2合ほど飲んでしまいましたが、今晩燗を試してみるとしましょうか(^^)。

しかし、自分にとっての扶桑鶴って、時折ものすごく印象に残るホームランを打つバッター、という印象だなぁ〜。
昔の読売巨人軍で言えば(最近のチームはよく知らんので)、淡口とか駒田とかね(^^)。

【スペック】
扶桑鶴・純米吟醸H16BY 1.8l/株式会社桑原酒場(島根県益田市) 使用米:麹米・山田錦 掛米・佐香錦 精米歩合:50% 使用酵母:協会9号 日本酒度:+6 酸度:2.0 アミノ酸度:1.3 アルコール度数:16.5度 価格:3,095円 購入店:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日:07.10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/11

英君・特別純米ひやおろし!

銀杏の絵柄のラベル。
ひやおろしが出ていましたので、早速飲む事に。

英君・特別純米ひやおろし

Eikunhiyaorosi

香りは若干のアルコール感とともに好もしい熟成感。
決して“老ね”ではありません。
口に含みますと、柔らかい当たりと一緒に甘みが立ち上がります。
その後、酸でサッと洗われる感じです。
全体に熟成の風味が感じられます。

それでも、まだちょっと硬い印象があり、これから一週間後くらいがベストと見ました。
(当たるかな?)

今回気が付いたんですが、英君のマークってこういうものなんですね。

Eikunmark

家紋を採用している蔵が多いですが、(R)が付いているって事はオリジナルで作成されたものでしょうか?
杯をかたどっていて、台座部分の三角は“英君”の“A”?
A君!?

【スペック】
英君・特別純米 1.8l/英君酒造(静岡県由比町) 使用米:五百万石 精米歩合:55% 使用酵母:静岡酵母NEW5 日本酒度:+2 酸度:1.3 アルコール度数:16.5 価格:3,000円 購入店:鈴傳(四谷) 出荷年月日:07.10

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/09

口中のグロい固まり始末。

日曜日、日野宿本陣を見た帰りに一家でソフトクリームを食べながら休憩している時に、口の中に違和感が。
トイレの鏡で確認すると左頬の内側に大きい小豆のような色・形の膨らみが。
びっくりしました。
それまで何の痛みも無かった場所に、どす黒い固まりが存在していたのです。
いかにも“悪性”という感じの嫌な膨らみ。

連休明けに医者にかかるしかないだろうと考え、とりあえずは帰宅しました。
気になり出すと気になるものです。
舌で固まりを確認しつつ、もしこれが悪性腫瘍のたぐいだったら・・・などと考えてしまいます。
手術で切除と言ったって、ほっぺたに穴が空いちゃうよなぁ・・・。
食べ物ももちろん、酒も飲めないだろうからこのブログも闘病日記になるのか・・・などと。
そんな事をつらつら考えている内に夕食の時間に。
なんとなく固まりはどんどん肥大しているような・・・?

そして夕食。
痛みも無く普通に食べた後、鏡で確認すると、その固まりはつぶれていました。
中に血がたまっていたようで、口の中が赤くなっており。

どうやら口内炎のような感じの傷が化膿をしていたようで、翌日になると腫れる事もなく小さな傷が口中にあるだけとなりました。
・・・ちょっとホッとしましたね。

発見から固まりがつぶれるまで数時間でしたが、そういう際に人間は様々な事を考えるものです。
外見のグロさから悪性確率8割強と考えておりましたので・・・。

どなたが言われた言葉かわからないのですが、以前から印象に残っている言葉を思い出しました。
人は切羽詰まらないと本当の事がわからない。

その時考えた、人生の優先順位というものをこれから大切にして行きたいと思っています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/10/08

10月のカブトムシ!

8月に知人の別荘にて次女が捕まえて来たカブトムシ。
普通は夏の終わりとともに死んでしまうのでしょうが、まだ生きています。

10kabuto

さすがに動作は遅くなっていますが、まだまだ元気に餌も食べていて。
汚れた土を代えてやったり、餌を欠かさなかったりと次女の世話もあるとは思いますが、やはり今年の気温の高さが影響している気が・・・。
これも地球温暖化のなせるワザ!?

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/10/07

親子二代の新選組ファン!

長女が最近買い集めて愛読している漫画が、渡辺多恵子氏の「風光る」
最近人気の、新選組を題材とした少女漫画です。
親子二代の新選組ファン、ここに完成(笑)。

地酒星人の場合は初めに司馬遼太郎氏の「燃えよ剣」。
そして漫画は「スケバン刑事」で有名な和田慎二氏の「あさぎ色の伝説」でしたね〜。

さて、そんなわけで秋晴れの休日。
長女と地酒星人、そして妻の三人で出かけたのは新選組副長・土方歳三の菩提寺、高幡不動尊
参道には様々な新選組グッズが売られています♪

Takahata1

立派な山門。
歳三が小さい頃、この上に昇って下を通る人に鳥の卵を投げつけたエピソードがあるそうです。
副長、とんだ悪ガキ(^^;)。

Takahata2

境内に入ってすぐにある土方副長の像。
秋晴れの空が新選組の浅葱色の羽織を思わせて、似合っています♪

この日の収穫は、大日堂で拝観する事が出来た副長の位牌。
両脇にはご両親、そして祖父母のものも有り、貴重な体験が出来ました。

Takahata3

こちらも立派な五重塔。
周囲はたくさんの木々に囲まれていて、紅葉の季節にはとても良いんだろうなぁ。

高幡不動を後にし、すぐ近くのそば屋で昼食。
昼に飲むビールって、なんで旨いんでしょう(エビスビールだったし)。

その後は多摩モノレールにて立川に移動、JRで日野へ。

Honohonjin1

長女は初めて来ます。
日野宿本陣。
土方歳三の義兄である佐藤彦五郎の屋敷跡です。

Hinohonjin2

以前にも当ブログにて紹介していますが、函館戦争から土方の写真や手紙を持ち帰った市村鉄之助をしばらく匿っていた部屋。
ドラマを感じますねぇ。

Hinohonjin3

歳三がよく訪ねて来ては昼寝をしていたという間。

日野市のボランティアの方がとてもわかりやすいガイドをしてくださって、有意義な時間を過ごせます。

日野には他にも新選組関係の資料館がいろいろ有りますが、それは今後の楽しみとして。
いつか新選組の活躍した京都を巡ってみたいと画策する父子なのでありました(^^)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/10/05

正雪 金紋!

見慣れない正雪があったので、思わず買っちゃいました。
正雪・金紋
レジで打たれた金額に驚き。
¥1,682
普通酒のようです。

Shosetsukinmon

香り。
もちろん正雪名物のバナナ香などは感じられず。
飲んでみますと、少しの甘さとアルコールのピリッと感がちょっと。
全体に柔らかい印象なのが正雪らしいところでしょうか。
米の旨味的なものは感じられないのですが、どうして悪くないんですね。
特別うまいとは思わないものの、気がつくと短時間に2合を超えて飲んでしまっていました。
危ない酒です。

【スペック】
正雪・金紋 1.8l/神沢川酒造場(静岡県庵原郡由比町) 使用米:不明 アルコール度数:15度以上16度未満 価格:1,682円 購入店:鈴伝(四谷) 出荷年月日:07.08

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/04

ポーの一族 ラジオドラマ!

ラジオ関西で今月6日から毎週土曜日だそうで。
ラジオ関西って東京で聴けるだろうか?
なんとかしたいなぁ〜。

しかし、なぜ関西?

まさか、エドガーが関西弁話さないだろうな。

メリーベルの消滅した夜、アランの部屋に現れて・・・。

「僕と一緒に来いへんか?
 ひとりではむっちゃ淋しいやんっ!!」
とか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/02

待ち合わせは鈴傳で!

先日、地酒星人宅のすぐ側で不審者による杖での通行人殴打事件があり。
運悪くその現場を下校途中の長女が目撃してしまったのです。
不審者はすぐに警察につかまったので一応は解決しているのですが、何かと物騒なご時勢、暗くなってからの下校は途中まで家族が迎えに行く事にしました。

主に地酒星人の妻が担当しているのですが、長女との意思の疎通が悪いのか3日とも待ち合わせ場所でうまく会う事が出来ず。お互いが違う場所と勘違いしていたようです。
まったく意味の無い事をしていたわけですね。

日曜日も学園祭のため、下校が遅くなった長女を迎えに行くのは地酒星人の役目に。
学校を出たところで長女から公衆電話で連絡がありました。
こうなったら間違えようの無い場所を指定するしかないと思った地酒星人。

「いいか?鈴傳の前で待ってるから。」

「わかった。」


このブログによくいらっしゃる方ならご存知の方が多いと思いますが、鈴傳は四谷の地酒専門店。
長女が幼い頃から幾度となく買い物につきあわせました。
地下のカーブにも何度も降りて(小さい頃は暗くて怖いらしく、あまり好きではなかったようですが)。

小雨の降る中、しばらく待っているとやがて長女がやって来ました。
無事、待ち合わせに成功。
さすが地酒星人の子だ(笑)。

Suzudencup

↑店頭のカップ酒自販機。
鈴傳定番の櫻正宗の横には八海山が。
以前には奥播磨や南もあったっけ。
そんな自販機あまり無いですよね(^^)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/01

学園祭のち飲み!

土曜日は長女の通う中学校の学園祭があり。
地酒星人家はもとより、友人のKちゃん、Yちゃんのご家族も見に来てくれて、あちらこちらと回って来ました。

地酒星人の長女が所属するのは漫画部。
(親子二代の漫画部だっ!!爆)
独特な長女の筆致が炸裂。かなり浮いた作風でしたが、既成漫画の模写をしていても仕方ないので、良いんじゃないでしょうか。

学園祭を一通り見た後は我が家にて昼食。そして昼食だけに収まるはずはなく、飲みです(笑)。
竹鶴や鯉川など、我が家のレギュラー酒と共にこの日用意していたのは、楯野川の美山錦を使用した純米のひやおろし。

Tatehiyaorosi

初め甘みを強めに感じましたが、飲み馴れて来るとじわっと旨味が感じられ。
ひやおろしだけに、少し落ち着いた風味もあって良い感じでした。

そして久々に味わう西酒造の一粒の麦
文字通りの麦焼酎です。

Hitotsubumugi

この日は肌寒かったのではじめはお湯割りにしましたが、どうも今ひとつ。
ロックにするとシャープでドライな風合いと共に麦らしい香りが感じられ、こちらの方がだんぜん良かったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »