« ダイアナ! | トップページ | 諏訪泉・冨田2006! »

2007/10/19

地酒星人的思ひ出(その26)《かつての映画オタクの涙ぐましい努力の話》

子供の頃から映画が大好きだった地酒星人。
小・中学生の頃は、ビデオなどと言うものはなかったわけです。
なので、好きな映画は映画館で見るしかなかったし、せいぜいサントラ盤を聴いたり、プログラムを眺めながらその映画の名シーンを回想していたのですね。

好きな映画がテレビで放映される時は万難を配してブラウン管の前に陣取り、目を皿のようにして眺めました(放送時間に合わせて映画がカットされるのには腹が立ちましたね)。
サントラやプログラムに飽き足らなくなった地酒星人、ある日一計を思いつきました。
中1の時に買ってもらったラジカセ(ソニー製のモノラル)で映画の音声を録音したい、と。
と言ってもその頃のテレビには音声のジャックなどと言うものは無く、ラジカセに直接つなぐ方法がないのです。

そこでやったのは、なんと原始的。
テレビのスピーカーの前にラジカセを置いて、大きめに流している音声を直接録音(爆)。

放送中はすなわち録音中ですから、一切の物音を立てないように息を殺します。
鑑賞している姿勢を変える際にも衣擦れの音が出ないよう、スローモーションのような動きをしたりして。
映画は進行して行き、録音も順調。
クライマックスに近づいた時、階下で電話の音。
そんなに大きな音ではないので良いのですが、母親が階段を上って来る音が。
ものすごく嫌な予感。
ドアが開けられ、
「電話だよっ!!」

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!

それまでの努力が友人からの電話で水の泡に〜〜〜っ(涙)!

・・・などと言う事を、昨日秋葉原を歩きながら思い出しました。
今は良い時代になったよなぁ・・・。

|

« ダイアナ! | トップページ | 諏訪泉・冨田2006! »

コメント

やりました、やりました!
私も大好きな歌をカセットで録音。みんなで息をひそめている姿がおかしくて、家族で顔見合わせながら笑いを必死でこらえ、歌が終わってスイッチ切ったとたん大笑い。ただ歌を黙って聞いているだけなのに、声出したらダメっていうだけで何がそんなにおかしいの?って感じでした。

投稿: hirorin | 2007/10/19 12:55

似たような経験、ありますよ~。
子供の頃、借りてきたビデオ映画の主人公の顔写真が欲しくて、
TVの画面を一旦停止にしてカメラで撮ってました(笑)。
この一旦停止が難しくて、なかなか良い顔の時に止まってくれなかったんですよね~。
母親に「あんた、また変な写真撮って!フィルムが勿体無い!」って怒られたものです。

投稿: まき子 | 2007/10/19 13:04

《hirorinさん》
あ〜、なんか想像できる(^^)。
一端笑いのツボをおされちゃうと、もうなにしても駄目ですよね(笑)。
腹筋が鍛えられそう。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/19 17:02

《まき子さん》
あ〜、そうそう。
一瞬タイミングが狂うと駄目なんですよね。
良いところで止まっても、ノイズの横線が入っちゃったりして。
今ならデジカメだから撮り放題なのに。
あ、今ならそもそもパソコンで操作するか(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/19 17:06

ラジカセ付属マイクを使用。(←そんなのあったんですねぇ。ふふ。)
マイクをテレビのスピーカーに近づけて録音するのですが、ずっと持っていると手がくたびれて…。
「コツン。」とぶつかる音が入ってしまうぅ。くすん。

投稿: ワダッチ | 2007/10/19 17:09

《ワダッチさん》
あ、高校生の時にバイトして買ったラジカセにはマイクがありましたよ〜(^^)。
しかし手でずっと持っているのはかなり疲れるでしょう(^^;)。
昔は町や自然の音を録音する趣味もあったようですよね。
今はそんな事やる人少ないんだろうなぁ。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/19 17:51

イェー!まったく同じことをやってました。ラジカセ2台使って、ギターで多重録音して、歌まで録音したりもしてました。
はい、だいたい親の声や救急車の音などが一緒に入っちゃいます。

投稿: フットゴリ | 2007/10/19 18:00

《フットゴリさん》
おぉ〜、多重録音。それは凝ってる(^^)。
今なら比較的に簡単に出来る事でも、かつては大変でしたよね〜。

プロとアマの間に、“機材”という巨壁がそびえていました(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/19 19:29

同じような事やったなぁ・・・
何本か残ってる!当時の歌番組のモノだけど。
その”声”が入ってしまったテープが、
今は逆にお宝です。
バイト代もって、秋葉原で同じラジカセ買ったよね〜
あのメチャ重い奴!!あの頃のラジカセ
でかかったなぁ〜。。。

投稿: イケ | 2007/10/19 20:38

《イケさん》
やっぱりみんなやってますね(^^)。
ウチには当時のテープはほとんど残ってないですね。

当時のラジカセって大きいのがステータスだったような??
“声”のお宝テープ、大事にしてください。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/19 21:22

同じく、やりました〜!
(うちには未だにタクシードライバーのポスターとイージーライダーのパネルが飾ってあります)

投稿: kazu | 2007/10/19 23:57

そこまでしましたか、映画が好きだったんですね。私も高校時代は好きで、TVで深夜にやっていたマカロニウエスタン物など一生懸命見てました。ジュリアーノ・ジェンマのポスター貼ってましたね。雑誌「ロードショー」と「スクリーン」はいつも買ってました。
「ロミオとジュリエット」は5~6回見たかなあ。純粋だったねえ。
ムービーのカメラマンは大変なので、スチールにしましたけど。

投稿: おっかん | 2007/10/20 03:41

《kazuさん》
おぉ〜、タクシードライバーもイージーライダーも衝撃的でしたよね〜♪
ジョディー・フォスター大好きです(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/21 11:00

《おっかんさん》
私は「スクリーン」派でした。
小遣いで両方は買えませんでした(^^;)。
ジュリアーノ・ジェンマも人気ありましたよねぇ。
最近見かけませんが、活躍しているのかなぁ。

投稿: 地酒星人 | 2007/10/21 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/16806944

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その26)《かつての映画オタクの涙ぐましい努力の話》:

« ダイアナ! | トップページ | 諏訪泉・冨田2006! »