« 真穂人・2007年瓶詰め! | トップページ | 地酒星人的日常《その17》東京放し飼い事情 »

2007/05/07

地酒星人的思ひ出(その22)《80年代・遊民社・ゼンダ城》

地酒星人、20歳の頃に小劇場での演劇鑑賞にはまっていた事があります。
その頃知り合った演劇に詳しい人から、当時旬であった劇団をいろいろ教えてもらったんですね。
1980年代、まさに演劇界を席巻していたのが野田秀樹氏の率いる「劇団 夢の遊民社」
言葉遊びを縦横に駆使しながら、マシンガンのように繰り出されるセリフの嵐。
そしてアスリートのような肉体を使った柔軟な演技。
ストーリーがめまぐるしく変化し、呆気にとられながら最後は何故か感動している自分を見つける。
そして劇場から出た後は、どうしてもその感動をうまく人に伝えられないんですね。
劇場の同じ空気を共有した者にしか伝わらない。
これはその頃の遊民社をご覧になった方にはおわかりいただけると思いますが、まさにその瞬間の舞台の上でしか成立しない芸術という事なのでしょう。
それはビデオではうまく伝わらない感触ではなかったか、と思います。

新宿の紀伊國屋ホール、駒場小劇場、そしてその頃出来たばかりの下北沢の本多劇場などによく通ったものでした。
「ゼンダ城の虜」、良かったなぁ〜。
あ、遊民社のような高尚なものばかりでなく、東京乾電池も大好きでした。

|

« 真穂人・2007年瓶詰め! | トップページ | 地酒星人的日常《その17》東京放し飼い事情 »

コメント

東京乾電池って高田純二とかベンガル(?)がいたところですよね??
面白い人って昔から面白いんだなぁ~って思います。高田純二は歳を重ねてますますおかしいです!最近出てるDVD知ってますか?すっごく笑える・・

投稿: hirorin | 2007/05/08 10:06

《 hirorinさん》
>高田純二とかベンガル
↑そうです、そうです。それと柄本明さんもですね。
私、昔からベンガル大好きなんですよ。

>最近出てるDVD知ってますか?
↑あ、知らない。観たいな〜。
東京乾電池、今も変わらず公演やっているって、すごいですよね!

投稿: 地酒星人 | 2007/05/08 10:29

東京乾電池好きだったんですか!
10年くらい前私の親友が昔いたんです~。竹内銃一郎(って知ってます?)と組んだ作品に出たりして。偶然竹内さんと私の知人がまた親友で一緒に観に行った記憶が。新宿のシアタートップス・スズナリ・本多劇場も観に行きましたよ。
夢の遊民社は観たことないけど「ニュースステーション」でここの役者さんたちが出てましたよね?それで凄く興味あったな~。
野田さんの芝居は1度だけ観ました。「真夏の夜の夢」(大竹しのぶ・唐沢寿明主演)です。圧倒されましたね~。懐かしいです。
最近の日経新聞で野田さんが「もう言葉遊びには興味ない」っておっしゃっていました。ベトナム戦争や原爆を題材にしたりと、劇風がだいぶ変わったみたいですね。

投稿: あっき | 2007/05/08 11:09

 たしかに80年代は小劇場ブームでしたね。私も当時一度だけ遊民社公演を観劇したことがあります。バブル時代を反映して企業がイメージアップの為、ばんばんタイアップしたり、ファッション感覚で女子大生やOLが観客の大半を占めていました。「こいつらに内容なんか判るんかいな」と冷ややかな眼で見ていた自分自身が途中で寝てしまっていました(^^;
 大阪ではすっかり熱が冷め、劇場も次々と閉館して隔世の感があります。

投稿: tatsuhi | 2007/05/08 12:36

遊民社、わっしはNHKで一度観ただけですが、すごさがちょびっとわかった気がしました。
あれは、かなり実験的な演劇だと思います。演劇、映画というと「省略の美学」みたいなのがセオリーなのに、オーバーアクション&オーバーワードでしょ。相当難解なのに、ちゃんと感動がある。そして、若い女の子にすごい人気がある。すごいなー、と今でも思います。

投稿: フットゴリ | 2007/05/08 17:08

《あっきさん》
>私の親友が昔いたんです~
↑そうなんですか!
その頃には有名な劇団でしたし、入るのは大変だったでしょうね。
竹内銃一郎さん、お名前はよく目にしております(^^;)。

そうか〜、今の野田さんは“言葉遊び”はやってないんだ〜。
昔の有名高校野球選手の太田幸司が何故か“オータコ王子”になったりして面白かったのに(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/05/08 20:31

《 tatsuhiさん》
私が小劇場に通っていた頃は、学生演劇から発展していったアマチュアの匂いが残っていて、でもバブルの足音が聞こえて来ていたという端境期でしたね。
駒場小劇場などは役者を間近に見れて、とても迫力がありましたね〜。やはり演劇は生身の肉体を感じられる距離で観たいものです。
しかし、遊民社はホントに女子率高かったですね(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2007/05/08 20:40

《フットゴリさん》
>オーバーアクション&オーバーワード
↑ホントにそうですよね。

私は逆に遊民社を映像で観た事がないんです。もしかしたら、新しい発見が有るかもしれませんね。

投稿: 地酒星人 | 2007/05/08 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/14988212

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その22)《80年代・遊民社・ゼンダ城》:

« 真穂人・2007年瓶詰め! | トップページ | 地酒星人的日常《その17》東京放し飼い事情 »