« 日置桜・特別純米「青水緑山」! | トップページ | 真穂人・2007年瓶詰め! »

2007/05/05

地酒星人的思ひ出(その21)《8ミリ・奇病・6年生》

地酒星人、子供の頃から映画を創る事が大好きでした。
その頃ですから、使う機材は当然8ミリです。
自分でカメラを回し始めたのは小学校6年の時。
当時、新宿区で土曜の午後に区民会館へ希望する子供を集め、様々な創作活動をさせていたのですね。
ジャンル別にいくつかのクラスに分かれていたのですが、地酒星人たちが選んだのは「8ミリ映画」のコース。

テレビなどで観る映画やドラマを自分でも創ってみたいと思い、毎週土曜に友だち2人と3人組で通っていました。
当時通っていた小学校からは、その3人のみ。
後は区内の別の小学校から来ていた子供たちでした。
やはり区内で教員をされている先生が2人ついて、カメラの扱い方や編集の仕方などを教えてくれました。
一年のプログラムが終わる頃、自由に作品を撮る事になり、その3人でシナリオを考え、映画を撮る事になりました。
カメラはもちろん無料貸出し、フィルムも与えてもらえます(たしか2本程度でしたが)。

僕たち3人は「奇病」というタイトルのカラー短編を創りました。
ひとりの男が奇病に侵されて行き、悩み、さまよった挙げ句に自殺をしてしまうという、当時社会問題になっていた公害病にヒントを得た作品でした。
とても暗いテーマだし、シナリオも今考えるとストーリー性が希薄過ぎると思いますが、先生方からの受けは良く、新宿区から賞もいただけました。
(受賞作という事で返却をされず、それ以来一度も観返した事がないのですが。)

とても稚拙な作品創りでしたが、映画創作の面白さは存分に味わう事が出来、その後も同じような活動をしばらくして行く事になりました。
(高校時代を中心とした8ミリ映画制作の話はまた別の機会に。)

何故か今日、昔撮った「奇病」と言う名の映画の事を思い出しました。

|

« 日置桜・特別純米「青水緑山」! | トップページ | 真穂人・2007年瓶詰め! »

コメント

ビデオの無い時代に、"小学生"で映画作りは凄い!
《8ミリ・奇病・6年・受賞》←何処かに映像残ってるといいのに!
>高校時代映画制作の話はまた別の機会に。)
↑ た、楽しみ・・・f(^^;)

投稿: イケ | 2007/05/05 22:31

小学生で8ミリですか!凄いです
というか、教えてくれる環境があったなんて羨ましい〜
自分も小学生の頃から映画を観始めて、
そのうち映画を創りたいと思うようになったのですが、
手段がまったくわからず、現在に至ってしまいました(笑)
映画創っていたら人生変わっていたかもしれないです〜

投稿: 酔ゐどれ | 2007/05/06 07:53

なぜか仮病の方が懐かしい。

投稿: 煮酒 | 2007/05/06 08:56

公害をテーマにしたフィルムというと、いわゆる「幻燈」というやつ(8ミリ?16ミリ?)で、昔、小学校の視聴覚室で観たものを思い出します。
それは、「空がこんなに青いとは」という合唱曲をモチーフにした映画でした。その歌を幻燈を観る以前から知っていたのですが、その幻燈を観てその歌が川崎の煤煙公害を批判した歌だと知ったのでした。
それから20年後、ちょっとしたきっかけで知り合った女性がその幻燈に出てその歌を歌っていた方だったという、後日談つきです。
そのせいで、いまでも「空がこんなに青いとは」は心に残る合唱曲です。「♪なぜかしら・・悲しくなってみんなで仰いだそらー」という一節に公害批判的な内容がさりげなく表現されているだけで、何にも知らずに聴くと普通の美しい歌です。

「奇病」、タイトルが痛烈な社会派ですね。
観てみたいですねー。

投稿: フットゴリ | 2007/05/06 14:22

《イケさん》
もう一度映像を観てみたいものですけどね〜。
どこかに残っているのかなぁ?

8ミリ映画高校篇、ご期待ください(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2007/05/06 22:06

《酔ゐどれさん》
ホントに恵まれていたと思います。
今、娘が同じ新宿区の小学生ですが、そのような活動はありませんからね〜。
予算もつかないだろうし、教員も嫌がるんじゃないでしょうか?

投稿: 地酒星人 | 2007/05/06 22:07

《煮酒さん》
「仮病」というタイトル、何やら創作意欲をかき立てられますね〜(^^;)。
面白い映画、創れそう。

投稿: 地酒星人 | 2007/05/06 22:09

《フットゴリさん》
お〜、私も小学生の時にその映画、観ましたよ!
全校で体育館に椅子を持っていって鑑賞しましたっけ。
♪知らなかったよ〜空がこんなに青いとは〜♪
↑この部分のみ、今でも歌えます。
残念ながら、ストーリーは忘れてしまいましたけど。

投稿: 地酒星人 | 2007/05/06 22:12

その頃の作品、今見るとすごーーく恥ずかしいかも・・と思いませんか??
私、中学の頃に作った歌とか、書いていた漫画とか、門外不出です。で、この記事を読んでいたら、さらに劇のシナリオを書いていたことを思い出し、その台本はどこにあるのかとちょっと焦ってしまいました。(ちなみにその台本の中で私の役は女の子に襲い掛かるクマだった。どんな話やねん!)

投稿: hirorin | 2007/05/07 13:22

《hirorinさん》
私の場合、小学生レベルだと恥ずかしさというよりは懐かしさ&微笑ましさで観られるかも。
高校生の時も大丈夫かな?
嫌なのは20才前くらいの時の作品。
小難しい、頭でっかちの映画で、絶対見返したくないです。

>劇のシナリオを書いていた
↑是非、ブログで公開しましょう!!

投稿: 地酒星人 | 2007/05/07 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/14964492

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その21)《8ミリ・奇病・6年生》:

« 日置桜・特別純米「青水緑山」! | トップページ | 真穂人・2007年瓶詰め! »