« 平成風俗・大吟醸! | トップページ | 神亀・純米吟醸《小鳥のさえずり》! »

2007/04/15

オオクワがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!

人にはどういう趣味があるかわからないもので。
先日、中野の「むし社」にて虫好きの次女がインドネシア産のクワガタを購入した記事を載せましたが、その記事をきっかけに高校時代からの友人The Moon氏よりオオクワガタをもらえる事になってしまいました。

“黒いダイヤ”の異名を持つ国産オオクワガタ。
なんでも氏は30匹からのオオクワを所有しているとの事。
スゲ〜〜〜ッ!!

新宿にて待ち合わせ。
次女はもちろん、長女までいそいそと付いて来る事に(笑)。
(実は長女も隠れクワガタ好きである事が判明。)
オオクワガタのオス、メスを1匹ずつと幼虫1匹(おそらくオスとの事)。
喫茶店で飼い方についての説明をひと通り聞き、子らと喜び勇んで帰宅。
さっそく幼虫の保管場所を決めました。
これからサナギとなり、大体6月頃に成虫になるらしいです。
オオクワも思ったより横幅があり、迫力がありますね。
メスも大きい。

Ohkuwa

The Moonさん、貴重なオオクワをありがとう。

|

« 平成風俗・大吟醸! | トップページ | 神亀・純米吟醸《小鳥のさえずり》! »

コメント

お久しぶりです。
も、もしかして幼虫は「菌糸瓶」とかいう容器で飼っていませんか?
だとしたら・・・

投稿: FUKAWA | 2007/04/15 17:20

《FUKAWAさん》
>「菌糸瓶」
↑あ、おそらくそうだと思います(^^)。

>だとしたら・・・
↑この後がひじょうに気になるのですが(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/04/15 20:00

オオクワですか~自分も貰って買っていました。ちょうど会社の人間が増やしていたもんで。
ついでに「パプアキンイロクワガタ」も貰って増やそうと思ったのですが・・・
両方とも増やすの簡単なはずなのに・・・

「バッカス」じゃないもう一つのブログ「タイサラ日記に虫のことは書いてます。良かったらきてください。

投稿: しん | 2007/04/15 21:19

《しんさん》
「パプアキンイロクワガタ」ですか〜。
知らない名前です(^^;)。娘なら知っているかな?
今日、いろいろ聞いている内にも今まで知らなかった生態がある事を知り、とても興味深かったです。

虫の事も紹介されているんですか。拝見しますね〜♪

投稿: 地酒星人 | 2007/04/15 22:21

>The Moon氏は30匹からのオオクワを所有・・・
↑ 以外ですね〜(笑)

これからは The Mushi と呼ぼっと!(笑)

投稿: イケ | 2007/04/15 22:22

《イケさん》
そうそう、全然知らなかった(^^;)。
娘たちもThe Moon氏の虫講釈に興味津々でした♪

投稿: 地酒星人 | 2007/04/15 22:23

気にいってくれて良かったです。今度は幼虫が蛹になり、成虫になるとさらに興味がわくはずですね。よく観察して下さい。分からないことがあれば、聞いて下さい。

投稿: The Moon | 2007/04/16 20:58

エッ?菌糸瓶ですか?!
そいつは要注意ですよ。
私の友人で一時期オオクワにのめり込んでいたヤツがいるのですが、ちょっと管理を怠ったら、ある日菌糸瓶の中の菌(=キノコ)が一気に成長し、フタを持ち上げて胞子を大量に放出したそうです。
大量の菌糸瓶を保有していた彼の部屋は一面真っ白に・・・。

投稿: FUKAWA | 2007/04/16 22:24

《The Moonさん》
いやぁ〜、子供達も貴重な経験をさせてもらっています。
サンキューです♪
成虫になったら、また報告させてもらいますね(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2007/04/17 13:21

《FUKAWAさん》
なな・・なんとっ!
そんな事もあるんですね〜(汗)。
フタを持ち上げてしまうなんて、生命の力はスゴイ。
その場合、中にいた幼虫はどうなってしまうのでしょう?

投稿: 地酒星人 | 2007/04/17 13:23

私が幼少のころ(と言っても小学校高学年でした)地元の神社の林で捕まえたことがあります。産卵もさせれなかったしあまり長生きしなかったなあ。

投稿: 桂自然 | 2007/04/17 16:54

《桂自然さん》
オオクワって人里離れた場所に住んでいる印象がありますが、かつてはそのような所にも居たのですね〜。
野生のオオクワを捕まえたなんて、すごいなぁ。憧れます(^^)。
私の場合、茨城の親戚宅の裏の里山中心だったので、コクワ時々ノコギリ、といった感じでした(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/04/17 23:51

コクワガタは最大で20~30匹ほど飼っていて、越冬もさせて数年間は飼育していました。
私は大アゴのでかいノコギリクワガタやミヤマクワガタ(特に後者の方が)好きでしたね。でも彼らは越冬できないんですよね。
あの頃は毎晩、神社の林に採集にいってました。
数年前久々に林にはいるとすっかり様変わりしていて、あの昆虫が集まる樹液を出す木は枯れていたりなくなっていたり・・。
そういえばムカシヤンマなんていう珍しい大型のトンボも捕まえたこともあったっけ・・。
懐かしい思い出です。

投稿: 桂自然 | 2007/04/19 18:10

《桂自然さん》
>コクワガタは最大で20~30匹
↑うわ〜っ、スゴイですね♪

そうそう、ノコギリとミヤマはひと夏しか生きられないんですよね。
野生のミヤマは捕まえた事がなくて、ある意味オオクワよりも自分の中では憧れです(^^)。

自分の住んでいる地域で子供達がクワガタに接する事が出来たら最高なんですけどね〜。

投稿: 地酒星人 | 2007/04/21 13:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/14688840

この記事へのトラックバック一覧です: オオクワがやって来た ヤァ!ヤァ!ヤァ!:

« 平成風俗・大吟醸! | トップページ | 神亀・純米吟醸《小鳥のさえずり》! »