« 今ごろ、セカチュー。 | トップページ | 2006年いろいろベスト! »

2007/01/04

辧天娘H17BY・10番娘!

辧天娘らしい、柔らかく優しさに満ちたお酒ですね。
通称“青ラベル”の十番娘。
Benten10やはりお燗をした方が味が広がります。
吟醸香とは違いますが、蜜を薄く溶いたような香りです。
それは味も同じで、優しい甘さが感じられますね。
やがて現れた酸が切ってくれますので、杯が進みます。
間違いなく辧天ファミリーの味。

このお酒、等外米を使用しているので純米表記が出来ないらしいのですが、まごうかたなき純米酒だそうですね。
米に詳しくないのですが、等外米というランク付けがあるのですねぇ〜。
初めて知りました。

【スペック】
天娘・青ラベル(十番娘)1.8l/太田酒造場(鳥取県八頭郡若桜町)使用米:五百万石/等外米 精米歩合:五百万石65%/等外米70% 日本酒度:+6 アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥2,450 購入場所:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日:06.12

|

« 今ごろ、セカチュー。 | トップページ | 2006年いろいろベスト! »

コメント

酒造好適米用の篩があるんですが、そこから落ちてしまったお米を使っています。
三等米以上でなければ特定名称酒の原料として使ってはいけないことになっています。

投稿: 煮酒 | 2007/01/04 10:44

以下のページの最後のほうに、酒造好適米の等級の説明があります。ご参考まで。

http://www.dd.iij4u.or.jp/~kshimz/sake/rice/

等外品には、死米や登熟不足の米が多数含まれているので、原価は非常に安くなります。

以下は余談。

むかしの「米だけの酒」のうち、特定名称表示の基準が変わってからも「純米酒」表示ができないものは、大別して、(1) 液化仕込みなどの製法を取っているため麹歩合が15%に満たないもの (2) 等外・規格外の米を使用しているもの、の2つがありますね‥‥

投稿: 目黒の清水 | 2007/01/04 15:52

《煮酒さん》
すみません、“篩”って初め読めませんでした(^^;)。
“ふるい”なのですね。
へぇ〜、そのようにして選別しているのですか。
ちょっと、その光景を見てみたいです。

投稿: 地酒星人 | 2007/01/04 16:55

《目黒の清水さん》
いつもながら詳しい資料をありがとうございます。
酒造好適米の一覧、思わず読み込んでしまいました。
“Mrライスくん”を目指したいと思います(笑)。
あ、記憶力ないんで無理ですが(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2007/01/04 17:00

籾ずりする時に、機械に一般米用の篩をつければ好適米の殆どが落ちずに残ります。
逆に、好適米の篩は目が大きくて、ここに一般米を通すと殆ど落ちてしまいます。

投稿: 煮酒 | 2007/01/04 18:34

《煮酒さん》
やはり酒造好適米は一般米より大粒なんですね。
大粒ゆえに倒伏しやすかったりするんでしょうねぇ。

投稿: 地酒星人 | 2007/01/04 19:25

 亀の尾は特に傾倒しやすいと聞きました。とにかく
酒米を育てるのは容易ではないですよね。背景を知って
ますます味わいが深くなります… それにしても(字が出ない!)娘さん、呑んだことないのです。羨ましい
~~!呑んでみたいっす!!

投稿: riezo | 2007/01/05 03:40

《riezoさん》
あ、昔「夏子の酒」で夏子が台風の時に倒伏を防ぐためにロープを張っているシーンがありましたね。
食米だって作るのは大変だと思いますが、酒造好適米もまた大変なんでしょうね。

投稿: 地酒星人 | 2007/01/05 10:01

やっぱりこれも美味しそうですね~。
優しそうな味わい・・・飲みたくなってしまいます。
青ラベルって、最初どこが青いんだろう?って思っていたのですが
縁の方だったんですね(汗)

投稿: まき子 | 2007/01/05 14:57

《まき子さん》
そうそう、青ラベルと言われてやっと気がつくんですよね。
図柄そのままで、ブルートーンの濃淡だけで統一したデザインなんかも綺麗じゃないでしょうか。

投稿: 地酒星人 | 2007/01/05 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/13327388

この記事へのトラックバック一覧です: 辧天娘H17BY・10番娘!:

« 今ごろ、セカチュー。 | トップページ | 2006年いろいろベスト! »