« げんしけん特装版! | トップページ | 平成29年の楽しみ♪ »

2006/12/25

酸味一体!竹鶴雄町にごり酒

いや〜っ、旨いっす。
夕べ飲んだのは竹鶴雄町純米にごり酒
Takenigori肩ラベルにある「酸味一体」の文字。
その文字の通り、そして竹鶴らしくひじょうに酸が強い。
さらに旨味も十分に乗っています。

地酒星人はにごりが大好きで、特に米粒がドロドロの状態で残っているもの(甘酒のような状態)が好きですが、この酒はまさにそれに近い。
味に関し、竹鶴のにごりはもっとドライな印象を持っていましたが、これはほのかに甘みさえも感じられる。
まさに好みのピンポイントを突かれましたねぇ〜。
あ、香りも“ザ・乳酸菌っ!”という感じでこれも好みでした(^^)。

【スペック】
竹鶴・雄町純米にごり酒 720ml(竹鶴酒造・広島県竹原市) 使用米:雄町(広島産) 精米歩 合米:65% 杜氏:石川達也 アルコール分:18度以上19度未満 価格:1470円 購入 場所:山枡酒店(鳥取) 出荷年月日: 06.12

|

« げんしけん特装版! | トップページ | 平成29年の楽しみ♪ »

コメント

危険な酒です。旨すぎて、クイクイ飲んでしまう。気がついたら、すっかり酔っぱらい。

投稿: kazu | 2006/12/25 11:24

にごり♪いいっすねぇにごり…
ウチには今 にごりが3本もあってどれから呑むか悩んでおりますょ
去年から好きになったのが「純米吟醸白川郷 ささにごり酒」
散歩がてらに公園に行きつい買っちゃって 歩きながら一本開けてしまいました
(300mlですから!)
純米にごり酒 白川郷とブレンドすると また「オツ」と聞いたのでやってみたいっす
…つか冷蔵庫のにごりがなくなってからですね…

投稿: キキ☆ | 2006/12/25 11:29

これを呑むと頭の中が冬の夜空。
って、そちらじゃ、星が見えませんかねぇ。X-)

投稿: 燗酒おやぢ | 2006/12/25 12:11

生もとのにごりが出ないかぁ~って贅沢な事考えてます。

投稿: 煮酒 | 2006/12/25 12:41

ホントに止まらなくてヤバいですよね(汗)。
いつの間にかなくなってしまいそうなので、
小さい瓶に入るだけ移し変えて、ガムテープで止めました。
これで、少なくともこの瓶に入った分だけはちょっと寝かせられそうです。。。
(って、また買えばいいんですが)

投稿: まき子 | 2006/12/25 13:20

《kazuさん》
>危険な酒です。
↑本当に。どんどん飲めてしまいますよね。
なおかつ度数が高いので危な〜〜いっ!(^^;)

投稿: 地酒星人 | 2006/12/25 13:54

《キキ☆さん》
ブレンドですか〜。良いっすね。
にごり酒と、その蔵の酒粕を混ぜてドロンドロンにして飲んでみたいな〜。
というか、スプーンで食べる(?)感じかも。

投稿: 地酒星人 | 2006/12/25 13:56

《燗酒おやぢさん》
夏に比べれば東京でも星は多少見えますが・・・。
せめて竹鶴飲んで夢の中で星を見ましょう〜♪

投稿: 地酒星人 | 2006/12/25 13:57

《煮酒さん》
>生もとのにごり
↑!!そんなのが出たら最高ですねぇーっ。
でも、どんな味するんだろうか?想像がつかない。
商品化希望っ!

投稿: 地酒星人 | 2006/12/25 13:59

《まき子さん》
>小さい瓶に入るだけ移し変えて、ガムテープで止めました
↑えっ、それって熟成用に保管って事ですか?
う〜ん、このお酒はよほど自制心が無いと残しておくことは出来ないです(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/12/25 14:01

旨いですね、竹鶴にごり!
焼酎とビールばっかりの我が家の親父さんに、
薦めてみたら、「なんじゃこりゃ!うまい!」と喜んでました。
たしかに旨い。

投稿: ダイチ | 2006/12/26 00:30

《ダイチさん》
竹鶴のにごりって、なんとなく上級者向けの感じがしていたのですが、このにごりは誰が飲んでもおいしく感じるんではないでしょうかね?
あ〜、一升を買っておくんだった。

投稿: 地酒星人 | 2006/12/26 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/13193687

この記事へのトラックバック一覧です: 酸味一体!竹鶴雄町にごり酒:

» 竹について-2007年年頭に当たり [自給自足の家庭菜園]
2007年新年の始まりということで、この1年がさらに良い年になるよう願いを込めて、1番最初に竹について書いてみます。うちにも竹やぶがあり、昔は百姓にとって必需品のようで各農家が竹やぶを持っていたようです。うちの竹やぶはほったらかしなので、荒れ果ててたけのこも取れませんが少しずつ手を入れていこうかと考えています。竹にまつわる話はたくさんあって、破竹の勢いというぐらい成長は早く勢いがあります。私も竹のように成長しようと、年頭に当たり目標を立てました。最近、いやいや5,6年前ぐらい...... [続きを読む]

受信: 2007/01/07 00:54

« げんしけん特装版! | トップページ | 平成29年の楽しみ♪ »