« 外苑の森で・・・。 | トップページ | 地酒星人的思ひ出(その14) »

2006/11/27

地酒ニュースヘッドライン!(11/27)

ひさびさに地酒ニュースを。

くるか?日本酒ブーム 若者に浸透、専門バーも出現(西日本新聞)
かつての「吟醸酒ブーム」のころは、有名銘柄の店頭価格が高騰したり、香りの華やかさだけをありがたがる傾向があったけど、今は、料理との相性や多様なかん酒など、本当の日本酒の楽しみ方が、じわりと広がってるみたい。ワイン、焼酎ブームの次は日本酒かも?
福岡は中洲の日本酒事情のようで。行った事の無い土地なのであまり実感がわかないのですが、東京での流行が一年遅れて到着という感が。
ブームではなく、地に足の着いた消費にしたいですね。
福岡の場合って、焼酎よりは日本酒が飲まれているんでしょうか?


 日本酒離れ 歯止め作戦 (読売新聞)
「酒どころ」東北地方でも日本酒離れが止まらない。1970年代から減少傾向が続く消費量は2004年、焼酎に抜かれた。消費低迷のトンネルの出口は見いだせるのか—。業界団体が酒造りの研究や技術者養成に取り組む中、福島県では、その努力が「日本一」という成果となって光明を与えている。
日本酒離れの歯止めが鑑評会で日本一になる事なのか・・・。
いや、もちろん技術の研鑽は大いにやっていただきたいと思うのですが。

酔ゐどれさんが以前紹介されていた「Jizake—Bar 蔵」さんが取り上げられていますね。

レンジで気軽に熱燗OK 口径広げ温度差解消 有田の窯元と商社開発(西日本新聞)
電子レンジで簡単に日本酒の燗つけができる有田焼の「至福の徳利&盃」を佐賀県有田町の窯元と商社が開発。「上は熱いけど下はぬるい」という温度差が生じにくいように工夫。「至福の時を味わってもらいたい」と全国へ売り出す。
へ〜。あまり徳利の上下の温度差って意識した事ないんですが、こういう形状だと問題は解決されるんでしょうか。
一度飲んでみたいですね。あ、でも自分の場合、違いがわからない可能性大。

|

« 外苑の森で・・・。 | トップページ | 地酒星人的思ひ出(その14) »

コメント

日本酒離れ・・・なんて寂しい言葉でせう
ただ言える事は「ホントに美味い酒を手頃に呑めるところがない」って東北に行くたびに思います
色々呑んでいて デパートとかネットとかで手が出ないほど高いプレミアムな日本酒でなくても
身近に美味い酒があるのを 知る機会があればいいのに…
と思う反面
日本酒って 呑みながらバカ騒ぎ出来る酒のイメージがないのが若者に呑まれない理由のひとつなのかなぁと
ウチの常連客の「ホスト」たちを見て思いました
…今 私が飲んでる純米大吟醸なんて4合瓶で2000円だョ?
1日限定400本発売だよ すげぇーうまいョ?
この酒呑めば 日本酒好きになると思うけどなぁ…

投稿: キキ☆ | 2006/11/27 21:09

《キキ☆さん》
そうですよね。たしかに若者は、本当に旨い日本酒を味わった事ない人がほとんどなんですよ。
若者の世界って案外狭いですから、その中に日本酒好きの人がいない限りはなかなか飲む経験を持てない・・・。
皆さんのような日本酒好きの方のブログがそういった先導者の役割を果たしてもらえると嬉しいですけどね。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/27 23:36

今朝のローカル新聞で秋の品評会(広島国税局)で入賞した県内のお酒が発表されていましたが、ひとつの蔵には気の毒な表現かもしれませんが、「飲める酒がねぇ!」というのが正直な感想でした。
まだ飲む事と審査する事には大きな隔たりがあるようです。この溝は、技術者では埋められないのかも知れません。

投稿: 煮酒 | 2006/11/28 08:22

《煮酒さん》
そうですね〜。
技術者の方は方向・目標が設定されればそこに向かって試行錯誤されて行くのでしょうが、向かった先の味がそのまま市場に受け入れられるわけではないですからね。
本来、鑑評会とはそういうものなのでしょうが・・・。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/28 09:34

日本酒離れは深刻な問題です。ただでさえ、ほとんどの居酒屋では、お酒メニューの中の日本酒比率が低いのに、これで人気がなくなってしまうと、地酒専門店以外では飲み会ができなくなってしまう。

というわけで、これからの忘年会シーズン、日本酒をたくさん注文することにします!(あ、いつも通りでした。)

投稿: あつし | 2006/11/28 12:15

この徳利、機能云々より形がいいですね!
ちゃんと蓋もついてるし、かわいいし。
自分は一応お燗にする時は、湯銭してるんですけど
やっぱり深夜で面倒なときはレンジでやります。
温度差は、まぜまぜしてしまうのでよく分かりませんけど・・・。

投稿: まき子 | 2006/11/28 13:01

《あつしさん》
>あ、いつも通りでした。
↑ははは、笑えます(^^)。

でも、やる気の無い(←日本酒に対して)フランチャイズ居酒屋などは、中途半端に日本酒置いてるんなら無くしちゃえ!などと乱暴な事を思ってしまいます。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/28 16:01

《まき子さん》
そうですね、形は良いのじゃないかと思います。
ちとお値段高めですが・・・でも、こんなものかな?
湯煎、休みの日なんかはやりますけど、仕事から帰った後はどうしてもレンジでチンが多いですね(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/28 16:04

いくら有田とはいえ、高すぎますよ、それ。
京大と某大手メーカーが共同開発した徳利は、
業務用の二合(300ml)入りで1本1,000円未満ですから。

投稿: 燗酒おやぢ | 2006/11/28 19:58

《燗酒おやぢさん》
う〜ん、やはり窯元だけではなく商社が入っているからでしょうか・・・?
有田だからこんなものかな、と思いましたが、買うか?と言われたらちょっと手が伸びないプライスではありますね(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/28 20:09

普通の形状の徳利をレンジでお燗するときは、すこし量を少なめにして、割り箸1本差し込んでおくと温度差が少なく、まろやかなお燗になります。

出来た後、すぐ混ぜれて便利だし。

お試しください。

投稿: あんこう辺 | 2006/11/28 23:13

《あんこう辺さん》
おぉ〜っ! これは初耳です。
割り箸1本でそんな効用があるとはっ。
是非今度やってみます。
そうか、上下の温度差は私はよくわからないのですが、ようするに“まろやか”になるわけですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/28 23:23

行きつけの飲み屋で聞いた話では、徳利をもう1本用意してお湯であたためておいて、レンジでチンした徳利から中身を移し換えると、移し換える際の勢いで熱い部分と冷めた部分が混ざり合って、いい塩梅になるんだそうな。

投稿: 目黒の清水 | 2006/11/29 01:10

《目黒の清水さん》
おお、なるほど、移し替えと。
ポットのお湯を入れておけば良いんですもんね。
これもまた試してみたいです。
様々な方法があるものですね〜(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/11/29 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/12847177

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒ニュースヘッドライン!(11/27):

« 外苑の森で・・・。 | トップページ | 地酒星人的思ひ出(その14) »