« 谷山先生新譜! | トップページ | 【会津センチメンタルジャーニー:壱】近藤勇墓参篇 »

2006/09/17

大七・ハイセブン!

遅い夏休みをとって、会津若松二泊三日の旅に出て来ました。
詳しいことは明日より記事にしたいと思いますが、会津若松駅近くの「SATY」にて入手したカップ酒を紹介。
地元・福島(二本松市)の大七。「ハイセブン」
大七のカップ酒は初めて見ましたので、早速購入。

紙製のパッケージに入っていまして、このデザインがイカしてます。
Haisevenpk1
↑表面。ハイセブンの線画が描かれています。

Hisevenpk2
↑側面。ハイセブンを片手に良い調子の男性がふたり描かれています。どういうシーンがよくわかりませんが、ちょっと古い感じのタッチのイラストが良い味を出しています。

そして、このパッケージの中に入っているハイセブン。
Highseven大七というと、なんとなく紺色のイメージがありますが、真っ赤なラベルが新鮮。
特定名称酒表示がありませんので、おそらくは普通酒なのでしょう。
しかし、生もとをブレンドされているようで、期待が持てます。
早速お味見。
ややアルコール感のある香り。味の方も強めの辛味を感じます。アルコールのピリピリとした触感も有り。それと分離する形で甘みも少々。
それでも“生もと”のブレンド故か、奥に隠れる形ではありますが味に奥行きも感じられます。

大七の酒を評価する際、冷やのままでは真価が発揮されない事が多いので、やはりこの酒も燗をつけてみます。
熱燗にしますと、少しアルコール感が立ち過ぎますが、温度が下がって来ると俄然マイルドな味に変わります。
不思議だな〜。
カップ酒、そして普通酒ではあっても、やはり大七ファミリーである事を主張する酒なんですね。
この酒、東京のコンビニに置いてくれたら、常備酒にしても良いと思いましたよ。
Hiseven2
ラベルの裏側には風景写真が。
この手法、大関がはじめたものですが、地酒のカップでは初めて見ました。
しかしこの風景、どこのものかわかりません。
大きなレンガ造りの蔵のような建物が撮影されています。
大七の地元・二本松市の風景でしょうか?
あるいは大七蔵の建物?

【スペック】
大七 ハイセブン 180ml(大七酒造・福島県日本松市) 使用米:不明 精米歩合:不明 アルコール分:15度以上16度未満 購入場所:SATY (会津若松) 価格:¥198 出荷年月日: 06.03

|

« 谷山先生新譜! | トップページ | 【会津センチメンタルジャーニー:壱】近藤勇墓参篇 »

コメント

あっ!ハイセブンだっ!
良いですよね〜このデザイン。
こちらでは見かけないのですが、
地元ではサティで購入できるんですねー

投稿: 酔ゐどれ | 2006/09/17 20:00

ハイセブンご存知でした?
ちょいレトロで良い味出してるラベルと箱ですよね。
旅でこういうものを見つけるとすごく嬉しいです。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/17 20:48

レトロなイラストが逆に新鮮ですね。 ^0^

投稿: はんな | 2006/09/17 23:23

「ハイセブン」を飲んでハワイへいこう!とか、なんである「ハイセブン」である、てな感じですね。

投稿: おっかん | 2006/09/17 23:58

《はんなさん》
おそらくはこのデザインのまま、かなりの年数(ひょっとすると数十年?)が経過しているのでは、と思います。
でも、そこがまた良い味を感じる所なんですよね。
もうこれからずっと、これで押し通して欲しいです(^^)/。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/18 01:14

《おっかんさん》
テイストとしては60年代後半から70年代前半でしょうか?
当時のモダンな感じが出ていますよね。

「お〜、モーレツ!ハイセブン!」
「あっと驚くハイセブン!」
↑おやぢでないとわかりませんね(苦笑)。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/18 01:18

会津にいらしてたんですね。
酒蔵巡りをなさったのでしょうか。
ハイセブン、福島市では見たことがありません。

投稿: みみず | 2006/09/18 07:41

>会津若松
 僕も2年連続で夏の家族旅行は会津でした。会津には良いお蔵もたくさんあるので楽しまれたのではないでしょうか?

投稿: papaci | 2006/09/18 12:52

《みみずさん》
今回はさほど酒蔵メインでは計画を立てていなかったので、市内の手近なところで二カ所ばかり(末廣さんと鶴乃江さん)。
おいおいアップさせていただきます(^^)。
ハイセブン、福島市内では見かけませんか?それは意外ですね〜。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/18 18:11

《 papaci さん》
会津は本当に見所がたくさん有って、良いところですよね(もちろん素晴らしいお蔵もたくさんありますし)。
二泊三日でも、まだまだ行けなかったところがたくさん有りますよ。
いつか家族連れでも訪れてみたい土地です。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/18 18:15

ラベル裏の写真、石造りだった大七の旧蔵でしょうか?
もっと大きな画像じゃないと分かりませぬ。(^^;

投稿: 燗酒おやぢ | 2006/09/19 18:28

《燗酒おやぢさん》
すみません、たしかにこの画像じゃわかりませんね。
なおかつレンズ効果で歪んでますしね。
でも、石造りの旧蔵という事ならば、それに違いないと思います。
中々立派な建物ですね〜。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/19 20:07

《燗酒おやぢさん》
追記です。
燗酒楽園でいただいた大七さんのパンフレットを見ておりましたら、ラベル裏の写真が掲載されておりました。
おっしゃるように、大七さんの蔵の写真のようですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/20 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/11931242

この記事へのトラックバック一覧です: 大七・ハイセブン!:

« 谷山先生新譜! | トップページ | 【会津センチメンタルジャーニー:壱】近藤勇墓参篇 »