« 【会津センチメンタルジャーニー:参】飲むは会津の男酒篇! | トップページ | 会津でばったり。 »

2006/09/21

【会津センチメンタルジャーニー:肆】昼酒ぶらぶらグルメ篇!

Aizusj4

この旅は新選組と酒がメインではありましたが、何軒かおいしい物を食べられるお店も訪ねました。


【昼ビール、そして蕎麦!】
旅に出たらその土地のうまい蕎麦を食べたい地酒星人。
二日目、ホテルのチェックアウトの際にフロントの女性においしい蕎麦の店を紹介してもらいました。
昨日紹介の鶴乃江酒造からすぐ近く。
「きよ彦」
揚げたての天ぷらが絶品との話でしたので、天ざるをいただきます。
Kiyohiko2

平日の昼間に飲むビールの、なんと背徳的で旨い事よ。
ごめん、会社で働いている同僚。
パリパリの衣に包まれた夏野菜の天ぷら。おいしい。
蕎麦も腰があって、なかなかいけます。
たっぷりのそば湯をいただき、一服。幸せ♪
Kiyohiko1


【親戚気分で喜多方ラーメン!】
蕎麦をいただいた後は喜多方へと足を伸ばしました。
目的は・・・たいへんベタですが、ラーメンです。
喜多方は本当に蔵作りの建物の多い、蔵の町。
やはり蔵作りの喫茶店で情報収集。
おいしい店を教えてもらい、早速行ってみました。
喜多方ラーメンの店「まこと」
Makoto2
入り口が二つ有るようで迷いましたが、左から入ってみます。
店のスペースが完全に二つに分かれているようですね。
テーブルが4席くらいあり、その向こうは普通の民家風座敷(ほんとに普通のお茶の間)があり、テレビがついています。そこで手の空いている店員さんが座ってテレビを見ています。
やたら人懐っこいお店の人に迎えられ、なんだか親戚の家でラーメンをごちそうになっている気分に。
Makoto1

今回はチャーシューメンをいただきました。
喜多方ラーメンは基本的に醤油味のスープを使用しています。
「まこと」さんのラーメンは、醤油プラスなんらかのダシを加えているようですね。
麺は結構太く縮れの強いものです。
こってりした印象ですが、後口はあっさりしていますので、どんどん入ります(この仕組みは日本酒と同じ原理ですね:笑)。
一杯食べ終わっても、重い感じはなく。
特に際立った特徴はないですが、毎日でも食べられそうなところが喜多方ラーメンの魅力でしょうか。


【“麦とろ”で蹴飛ばし!】
喜多方でラーメンを食べた地酒星人。
その後、またまた会津若松へ戻って来ました。
ラーメンを食したのが午後4時過ぎだったので、中途半端な時間。
ホテルに戻り、今晩は部屋でおとなしく飲むかと思いましたが、やはり足は居酒屋の灯りに向かいます。酒飲みの性(さが)ですね〜。
辿りついたのは、東京でネットで見当をつけていたお店です。
「麦とろ」
Mugitoro1
厨房を囲む形でカウンターが有り、サイドに座敷があるレイアウト。
カウンターに陣取ります。
文字通り、麦とろもいただけるのですが折角ですから会津の名物を。
桜肉の事を会津では“蹴飛ばし”と呼ぶようですね。
贅沢にも霜降りをいただいてしまいました。
ごめんなさい。東京に戻ったら倹約します(爆)。

Mugitoro2

↑ちょっとピンボケですが。
とても柔らかく、旨味もありながらあっさりとしています。
ニンニク醤油につけていただきます。
絶品。
酒も地元のもの(銘柄失念)をお燗でいただきます。

“麦とろ”のオヤジさん、良い味出しています。
ひじょうに素朴でざっくばらんとした人柄の、楽しいお方です♪


会津のお店、この旅でいろいろ体験しましたが、軒並みひじょうにレベルが高いと感じました。

|

« 【会津センチメンタルジャーニー:参】飲むは会津の男酒篇! | トップページ | 会津でばったり。 »

コメント

あ!!
ここのラーメン屋さん、前を通りました!

去年ですが(汗)

あの辺りは観光客用のラーメン店なんかもあるし
情報誌見ても「ホントにうまいの?」なんて感じだし・・・

って思ってテキトーに入ったお店でも
十分にうまかったです。
さすが本場?!

投稿: まき子 | 2006/09/21 01:25

ひとり旅、満喫してますねぇ〜
うらやましい!!
喜多方ラーメンは自分も行きました。
自分も適当な店に入りましたが、旨かったです。

この近くに見学できる酒造があって、のぞきましたよ。
何てところだったかf(^.^;)

投稿: イケ | 2006/09/21 07:40

《まき子さん》
>ここのラーメン屋さん、前を通りました!
お〜、そうですか(^^)。

喜多方老麺会に加盟している店だけで、120店あるらしいですからね。あのコンビニも無い(←ほめ言葉です)小さな町にこの数はすごいですよね。
そんな町が全国から客を集めるんですから、やはり実力があるんでしょうね。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/21 10:11

《イケさん》
>うらやましい!!
↑いや〜、こんなお大尽旅行、年に1度しか出来ませんよ。

酒蔵もありましたよね。
荷物が増えてしまうので、あえて喜多方では入りませんでしたが(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/21 10:38

 今春、「まこと」~「なまえ」にラーメンのはしごをしました。「まこと」では、「大当たり」がでて、生ラーメンを頂いてしまいました。

 お蔵を回るのなら、喜多方~会津坂下がお勧めです。

投稿: papaci | 2006/09/21 16:03

《papaci さん》
お〜、喜多方ラーメンをはしごですか。
でも、後味がしつこくないので、少しあければ十分可能ですね(^^)。
しかし、「大当たり」ってあるのですか?

会津坂下、調べてみましたら只見線で行けるのですね。
天明蔵、飛露喜蔵がある町ですね。
今度会津に行く際は寄ってみたいです。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/21 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/11977017

この記事へのトラックバック一覧です: 【会津センチメンタルジャーニー:肆】昼酒ぶらぶらグルメ篇!:

« 【会津センチメンタルジャーニー:参】飲むは会津の男酒篇! | トップページ | 会津でばったり。 »