« お気に入りムック本! | トップページ | こんなデザイン、どうでしょう? »

2006/08/18

自由が丘でハプニングの夜。

いや〜、ブログを通じて知り合った方に初めて会う際はいつも緊張します。

先日お会いしたのは、漫画家の長尾朋寿さん。
漫画サンデーにて日本酒を中心としたマンガ「ホロ酔い酒房」を連載されている漫画家の方である。
嬉しいお誘いに地酒星人、いそいそと出かけました。
自由が丘駅にて待ち合わせ。
長尾氏は短髪に髭、サングラスの野性味溢れる風貌のダンディなお方。それでも語りはひじょうに気さくで、すぐに打ち溶けて・・・。
今日の目的は、長尾氏がよく行かれる居酒屋「金田」にての懇親の一献。
今年で70周年を迎える「金田」。まだ見ぬ名店に期待のひと時。
・・が、しかし。世間はお盆休みに入っていて、なんと「金田」も連休中なのでありました。
ガ・ガ・ガ〜〜〜ン!

初めてのお会いする方と一緒なのに、目当てのお店が閉まっているとは・・・。
いきなりのハプニングである。
・・・んが、しかし。良くも悪くもこういう展開からドラマが始まる事を、多少なりとも長く生きているので知っている地酒星人なのでした(笑)。

気をとりなおし、長尾氏の案内で別の店へ。
少し歩いたところにある「家庭料理 銀魚(ぎんぎょ)」
Gingyo2
こちらは、とてもセンスの宜しいおしゃれな居酒屋さん。
ほとんどが女性スタッフで、皆が和装。店内も若い女性らしい気遣いに満ちている。
きりもりしているのは若女将。美女。カウンター越しに包丁を振るう姿がカッコ良い。
長尾氏と地酒星人、カウンターに陣取ります。
・・んが、しかし妙に暑い。どうしたのかと思うと、急にエアコンが壊れてしまったとの事。
今宵2度目のハプニング。
背後に冷風扇を持って来てくれるものの、なかなか涼しくならず。
その後扇風機まで出していただいて、やっと一息(笑)。
とりあえずビールの後は、「美酒の設計・純米吟醸」
キーンと冷やされた竹筒の酒器に入ってきました。
Taketutu
これは最近のトレンドに忠実な香り高めの甘み・旨味のあるお酒だと思いました。これはやはり冷やして飲む酒だろうな〜。
Tukidashi

Samekarei
サメカレイのお刺身。聞いた事のない名前です。基本はあっさりしているのだけれど、モチモチとしていて脂が乗っている感じもする不思議な食感。
京茄子のなめこおろし。癒しの味付けでおいしかった。
Nasu
その後、八千代伝三岳などの焼酎を楽しみました。
長尾氏とはお互いの日本酒観を語ったり、修業時代の苦労話など貴重なお話を伺い・・・。
物を創る者同志、いろいろと苦労がありますな〜。
Gingyo1
「銀魚」を辞した後、まだ時間があるので二軒目へという事で、二人で自由が丘の町をフラフラ。

お盆休みの店も多く、なかなかコレといった店が無い。
そんな中、ふと目に入った看板が。
「たちのみ あつまり」
Atsumari2
「?????」
この看板以外にまったく情報が無いのですが、面白そうなので入ってみる事に。
いくつかの飲食店の入っている建物の二階。入り口のドアは閉まっていて、ちょっと入りずらい。
シラフなら入らないところが、酔っている二人、勢いにまかせドアを開ける。
・・・「!」
こじんまりとした店内に木のカウンター。中には店の人らしき男女三人。
微妙な空気・・・「?」
聞くとこのお店、まだ開店はしていなく、開店に向けてのシミュレーションをしている最中だそう。
実際に出す料理を作ってみているそうで、それならばと図々しい酔っぱらい二人。
開店シミュレーションの現場に飛び入りしてしまいました。
(今宵三度目のハプニング・・?)
Atsumari1

Guinmess
まずはギネスで。ウマイッ!!
ツマミに煮卵やジャガイモと蛸のマリネ・レモン風味、ペンネ(チーズ味)、冷やしトマトなどを出していただく。
また図々しくも味付けに注文を出してしまう二人。酔っぱらいに恐い物無し。
基本的にはビールとワインが中心のお店らしいのだが、この夜はたまたま日本酒があり、加賀鳶の山廃純米吟醸冷やおろしを出していただく。
しっかりした味の佳酒で、お燗でも結構いけそう。
Kagatobi
しばらくして、なにやら特攻隊あがりという老人まで店に飛び入りがあり、不思議で幸せな夜は更けて行く・・。

「たちのみ あつまり」の三人はひじょうに勉強熱心で感じの良い若者。
《こちらでお店のブログが見れます。》
自由が丘には夜遅く帰って来てから適当に飲んで食べられる店が少ないそうで、そんな時に利用しやすい店を目指しているという事・・。
いろいろ好き勝手な事を言ってしまいましたが、是非がんばって欲しいと思いました。
Mrnagao
↑「たちのみ あつまり」での長尾氏。弁舌が冴え渡ります(笑)。

さて、そろそろ終電。
「金田」へのリベンジを誓い、自由が丘駅にて長尾氏と別れたのでした。
あ〜、楽しかった。

|

« お気に入りムック本! | トップページ | こんなデザイン、どうでしょう? »

コメント

おおおお!
muracchoさんのお店だ!
しかも、ふらっと入ってOPEN前なのに
いろいろいただけてしまったとわ!!
偶然と酔っぱらいの勢いにビックリビックリです。

投稿: まき子 | 2006/08/18 13:29

おー、楽しげなことをやってるねー。
わっしなんか、一人で鼎だでー。
さびしー。

投稿: フットゴリ | 2006/08/18 13:32

《まき子さん》
あらら!?ご存知でしたか?
世間は狭いですね。
いろいろな物を運び込んだり、大工仕事をしたりで大変そうでしたが、学園祭前のワクワク感を思い出しましたよ。
なかなか楽しいお店でしたので、開店後に是非〜♪


《フットゴリさん》
いや、一人は一人でまた違った世界があるんですよ。
でも、他にする事が無いとピッチが早くなって、酔っぱらいますよね(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/08/18 15:31

ハプニング連鎖。こういう時って、次々「おぉぉ!」ってコトが起こりがちです。でも、良い方のハプニングに転んで、さっすが!!
>不思議で幸せな夜は更けて行く・・。
あぁ~もう、この一言で全て表現されている。私もこういう夜に出会いたいです~

投稿: hirorin | 2006/08/18 17:58

人生、ハプニングがあるから面白いのですね(^^)♪
悪い方に転んでいたら、そうは言えないセリフかも(汗)。

投稿: 地酒星人 | 2006/08/18 19:15

ハプニングも酒の肴!!
こうしてブログのネタにもなるしね(笑)
お店も客が育てる!!(な、何か高飛車だなぁ・・・)
と、今日も酔っぱらってコメントを打ってるん。。f(^.^;)

投稿: イケ | 2006/08/18 23:32

【金田】はいつでも行けるけど、こういうハプニングはその時でしか味わえないですもんね。

投稿: 山輝亭 | 2006/08/19 06:56

《イケさん》
ハプニングが有っても、最終的に楽しめるのはやはり行った町の懐が深いからでしょうね。
自由が丘はほとんど初めてだったんですが、面白い町だと思いました(^^)。
お店とお客で作って行く店が本当の良い店なんでしょう・・。


《山輝亭さん》
まさにそうですね。
「金田」も、近い内に行って来たいと思います(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/08/19 16:43

ブログに御紹介頂きましてありがとうございました。
昨日、無事にグランドオープン致しましたので、今度はご迷惑をおかけしないと思います(笑)。
あのときの体験は語り草になりそうです。

投稿: muraccho | 2006/08/23 15:44

グランドオープン、おめでとうございます。
これからはノンストップですから大変でしょうが、またやり甲斐の有る日々ではないかと思います。
がんばって下さい!
先日は失礼いたしました。その内にまたお邪魔いたしますね〜♪

投稿: 地酒星人 | 2006/08/23 19:40

老舗居酒屋金田って昭和を匂わすなんだか懐かしい居酒屋です.たまに行きます。
意外と場所がわかりずらいんで友人などにお店の場所を教える時は、このQRコードのついたサイトを便利に活用していますよ。
http://www.jiyugaoka.com/S16945.html

投稿: lee | 2007/03/23 09:17

《leeさん》
金田、まだ行けていないんです(泣)。
老舗居酒屋って、長い時間に作られた独特の雰囲気がありますよね。
なんとQRコード付きとは(^^)。
これはなかなか便利ですね。

投稿: 地酒星人 | 2007/03/23 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/11488962

この記事へのトラックバック一覧です: 自由が丘でハプニングの夜。:

« お気に入りムック本! | トップページ | こんなデザイン、どうでしょう? »