« トマト通信(その8) | トップページ | 一日一度はのぞくサイト! »

2006/08/31

正雪・純米大吟醸「天満月」!

久々の正雪です。これは初めて飲みますね。
純米大吟醸の「天満月(あまみつき)」
Amamitsuki 麹米に兵庫県産山田錦を24%使用、掛米に杜氏である山影純悦氏(南部杜氏)の地元産「吟ぎんが」を使用しています。

飲み始めは冷蔵庫で冷えた状態で。吟醸香もあまり立たないし味も平坦な印象を持ったのですが、室温に近づくに連れて旨味が顔をのぞかせるようになりました。
ただし、まだまだ固い印象でしたので、数日放置する事に(火入れですが、一応冷蔵庫で:汗)。

4日後に飲んでみると、思った通り味乗りがして来ていました。
爽やかな吟醸香もやや強くなり(ただし、いわゆる“正雪のバナナ香”ではありません)、前回よりも旨味が乗って来ています。
しかしそこはそれ、やはり正雪。どど〜んとした旨味では無く、ヒョッと現れサッと去って行く類いのもの。
甘みも結構ありますが、やや強めの酸によって、綺麗に流れます。

清純な女子高生のようなお酒。

【スペック】
正雪・純米大吟醸「天満月」720ml(神沢川酒造場・静岡県庵原郡由比町) 使用米:山田錦(麹米)・吟ぎんが(掛米) 精米歩合:麹米35%・掛米50% 日本酒度:+2 酸度:1.2 アルコール分:15度以上16度未満 杜氏:山影純悦(南部杜氏) 価格:1838円 購入場所:はせがわ酒店(麻布十番) 出荷年月日: 06.08

|

« トマト通信(その8) | トップページ | 一日一度はのぞくサイト! »

コメント

清純な女子高生・・・今では、なかなか見かけませんが
日本酒でいらっしゃったとは(笑)。
純米大吟醸だと、普段のものよりも
さらにサラっとしている印象を持っています。

投稿: まき子 | 2006/08/31 13:34

>今では、なかなか見かけませんが
↑お〜、たしかに(^^;)。

大吟醸ですと、米の磨きが多いですからサラリとしたお酒になりがちですよね。
個人的には雑味もまた好きだったりしますので、チョイ悪女子高生あたりが良いかな?(爆)

投稿: 地酒星人 | 2006/08/31 15:23

「な~んだ・・・、正雪バナナ香じゃないんだぁ」とガッカリさせておいて、「清純な女子高生」とは・・・(笑)。超貴重品ですね(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2006/08/31 21:51

正雪のバナナ香の場合、“清純な女子校生”という感じじゃないんですよね〜。
なんだろう?
“ちょっと天然入ってる不思議系女子高生”ってところでしょうか?(←複雑な比喩ですね)

投稿: 地酒星人 | 2006/09/01 00:00

「清純な女子高生」なお酒...最近、「清純な女子高生」は見てませんなぁ。天然ボケな女子高生は某楽団にいますが。

さらっとした味わいなんでしょうか?

投稿: Hory | 2006/09/01 00:12

そうですね〜、言葉で説明するのは難しいのですが、まだ味はこなれていないものの、爽やかな印象といった感じでしょうか?
いずれにしても正雪らしくない酒ではあると思います。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/01 09:48

TBありがとうございました。

これをきれいでさわやかでうまいと思うか、きれいすぎて物足りないと思うかは、好みの分かれるところですね。

僕としては、正雪っぽさを遠くに残しつつ、正雪っぽくないという、このうれしいはずし方。かなりツボにはまりました。

清純な女子高生と言われると、その表現はピッタリかも。でも、そうなると、僕の好みは、清純な女子高生!?そう言われてみると・・・・。いやいや、あくまでもたとえですから!!

投稿: あつし | 2006/09/01 11:59

このお酒を飲む前に、あつしさんのブログを読んでいましたので「あ〜、わかる。わかる。あつしさんの好みだ。」などと感じながら飲んでおりました(^^)。
私の好きな正雪は、山田錦を使ったスタンダードの純米吟醸がひと夏越した頃の少し風味に熟成感が乗って来たものなのです。
高校を卒業して一年間、新しい環境にもまれた元・清純な女子高生?

投稿: 地酒星人 | 2006/09/01 13:31

私もこれ、あつしさんのブログで見て以来飲みたい・・と思ってます。
でも、あんまり普通のお酒屋さんでは見かけないので、蔵に行って買ってこよ~と思いつつ・・由比方面の仕事がないので、まだ手に入っていません。地酒星人さんが先に飲んじゃったよ・・

投稿: hirorin | 2006/09/01 20:34

蔵に行ったらあるかな?このお酒って、特定の酒販店さん向けかもしれないので要注意。
“ひげ文字”ラベル正雪のラインで有るかも?
あ〜、由比で桜エビ食べながら正雪飲みたいな〜。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/02 08:40

「天満月」は、はせがわ酒店グループ向けの商品なので、蔵では売ってくれないかもしれませんね。正雪では、このほか「特別本醸造 山田錦」も問屋の塚本商店オリジナルなので、塚本さん経由で仕入れている酒屋さんにしかありません‥‥

投稿: 目黒の清水 | 2006/09/02 10:12

>はせがわ酒店グループ
↑おっ、やはりそうなのですね。

こういった商品というのは、仕込みの時点で既に売り先が決まっているものなのでしょうか?

投稿: 地酒星人 | 2006/09/02 23:14

「天満月」はどうなのか不明ですが、この手の特定の酒店グループや問屋向けの商品にもイロイロあるようです。()内は代表的な例です。

・タンク一本分、仕込む前から売り先が決まっているもの。(磯自慢の特別純米 雄町)

・同じ仕込のタンク数本の中から、出来のよい一本を選ぶもの。蔵元や杜氏が選ぶケース(磯自慢の純米吟醸「多田信男」)と、酒販店側が選ぶケース(開運の「呑み切り一番」)があります。

・レギュラー商品と同じタンクの酒で、「袋吊り」「斗瓶囲い」「中汲み」とか「瓶火入れ」とか、搾り以降の処理が違っているもの(東一の選抜酒シリーズ)

・レギュラー商品と同じだがラベルだけオリジナルにしてあるもの(笑)

などなど‥‥

投稿: 目黒の清水 | 2006/09/03 23:41

目黒の清水さん、こんばんは〜。
なるほど、いろいろなケースがあるのですね。
わかりやすい解説、ありがとうございます。

ラベルだけオリジナルですか、なんとなくいくつかの酒が思い浮かんだりしますが(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2006/09/04 00:12

わっしが土曜日に買った「神亀・純米」にも、「特定酒販店用」みたいなものが書いてありました。
さらには、瓶の首から提げるPOPには、「人生の機微がわかる35歳以上の方におすすめします」なる文言も。「神亀・純米」は女子高生じゃなく、いい感じの中年奥様ってことかあ?

投稿: フットゴリ | 2006/09/04 12:46

ほ〜、神亀にも特定酒販店用があるのですね。
首提げPOPの文章は有名ですよね(^^)。
女性にたとえるとどんな感じだろう?和服をきちっと着こなせて人生の機微を感じられる人でしょうか?

投稿: 地酒星人 | 2006/09/04 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/11700463

この記事へのトラックバック一覧です: 正雪・純米大吟醸「天満月」!:

» おまた (池袋) で 天満月 [トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ]
あまみつき(濁らない)と読むそうです [続きを読む]

受信: 2007/01/26 04:11

« トマト通信(その8) | トップページ | 一日一度はのぞくサイト! »