« 今年も麻布十番祭り! | トップページ | こんなキャラ、どうでしょう? »

2006/08/21

地酒の怪談(3)

今年もやって来ました地酒の怪談シリーズ。
地酒にまつわる怪異を今宵、お話ししましょう・・・。

Kaidan3

|

« 今年も麻布十番祭り! | トップページ | こんなキャラ、どうでしょう? »

コメント

ながいこと、人生過ごしていると
ありますよねっ!
そういうこと。
それ、拒否しますっ?
出来んよねっ!

結構、脚の無い人と
喋った時期があって、
最近は・・・です。

肩、
たまに、
トントン
したほうがいいですよっ!

投稿: ガッシー | 2006/08/22 00:41

>脚の無い人と喋った時期があって、
↑マジですかっ!?
ちょっと詳しく聞いてみたい気分(^^;)。

でも、それと気づかずに話をしている事だって、あるかもしれませんよね。

投稿: 地酒星人 | 2006/08/22 07:06

私の知ってる人、バーのカウンターで働いている時、自分には見えてお酒も注文されるのに、他の人には見えないってことあったって。
最後にレジしめたら、どうしても合わなくて、でもその合わない分が、自分しか見えなかった人が注文した分だったって・・
そういう現象があまりに多く、彼はいまだに水商売を転々としては、お店に霊現象を引き起こしてクビになるみたい。

やだやだ、見たくない・・・

投稿: hirorin | 2006/08/22 08:09

うひょ〜、それも恐い話。
やはり見えてる間は霊だとはわからないんだ。
なにか職業を変えるとその能力(?)が生かされるかも?

投稿: 地酒星人 | 2006/08/22 08:53

お酒はいいご供養になったんだからいいじゃないですか^^
バーのママさんも「お酒お土産にしてもらっていい結果になった」と思っているのでは・・・
客商売長いと 色んな人間にあって色んな目に遭います。
ただどんな店に勤めている時も「常連」と呼ばれる方が急に来なくなったりすると
「病気か?」「死んだか?」と気になったりするものです
噂で「あぁあの人死んだよ」なんて聞くと なんともやりきれないですョ
厨房で合掌する程度です・・・

投稿: キキ☆ | 2006/08/22 09:14

飲食店も長くやられていると、いろいろな経験があるんでしょうねぇ〜。
実はこのママさんは見えていたのかもしれませんよね。
その酒も実は亡くなった先輩が持って来たものだったりして(恐)。

投稿: 地酒星人 | 2006/08/22 09:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/11549132

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒の怪談(3):

« 今年も麻布十番祭り! | トップページ | こんなキャラ、どうでしょう? »