« 陸奥八仙・純米吟醸無濾過原酒! | トップページ | トマト通信(その7) »

2006/07/25

地酒星人的思ひ出(その11)

先日の土用の丑の日、そのまた前日に霞ヶ浦の親戚が鰻を贈ってくれました。
辛抱堪らず、その日の内にいただいてしまった。
すごく脂が乗っていて、臭みもなくて柔らかい。ひじょうにおいしい鰻。
白焼きでいただきました。
合わせたのは「おこぜ」。生もと純米です。
鰻の脂と「おこぜ」の旨味が口中で溶け合って、とても良いハーモニーを奏でます。
もう、他のツマミはいらず、これだけで満足、といった感じでした。
Unagi

霞ヶ浦の鰻、といえば幼い頃に祖父に連れられて小さな木船に乗って、鰻を穫りに出かけた事を思い出します。
本当に小さな船で、長い竿を祖父が操り川底を突きながら沖へ進みます。
数カ所に仕掛けた罠を引き上げて中を確認して行くんですね。
見事な大物がかかっている事もあれば、まだ小さな小鰻の場合もありました。
小さい場合は、逃がしてやったりしていましたね。
何かを話しながらポイントを巡るわけでもないんですが、とても興味深く楽しかった事を憶えています。
今でも祖父の竿を操る姿、霞ヶ浦の風景を時折思い出します。
Kasumigaura
その後(昭和50年代?)、霞ヶ浦は水質がかなり汚染されたようで、様々な魚が穫れなくなったと聞きました。
最近は大分回復したようですが、鰻も以前のように獲れるようになったのでしょうか。

|

« 陸奥八仙・純米吟醸無濾過原酒! | トップページ | トマト通信(その7) »

コメント

自分も子供の頃から大好き!!

今話題のf(^.^;)うなぎのまち「岡谷」
うなぎを蒸さずにそのまま炭火で焼き上げてるから
香ばしさがあって、旨いですよ〜。

いつも親戚に送ってもらってたんだけど、
今はソレどころで無い感じで・・・f(^.^;)

観光荘 www.kankohso.co.jp/index.html
↑オススメです。

投稿: 市っこ | 2006/07/25 08:12

岡谷、大変そうですね。
岡谷での鰻というと、諏訪湖で獲れるのかな?
「観光荘」、う・・・旨そう。
“第二次酒蔵巡りの旅”の際には是非寄ってみたいなぁ。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/25 08:30

『鰻』関西出身の私的には『まむし』ですね~
っと言っても子供の頃一度食べてから『鰻嫌い』になりゥン十年…
東京に引っ越してから食べれるようになった食べ物です
東京の鰻はスッキリしていて脂嫌いの私でも平気でした
関西の鰻は皮と身の間に1mm程のヌメヌメした脂の層があるのです…(-"-;)
ご近所の天然うなぎだけ出してくれる『すが原』って店に毎年行きます
しかし問題はアルコールは『エビス』しか置いていない事!これだけは納得いかない…

投稿: キキ☆ | 2006/07/25 09:06

関西風うなぎ、経験した事ないんですが、そんなに違うもんですか。
それは鰻の種類が違うのか調理法が違うのか・・・。
鰻に旨口の酒、ぴったり合いますが「エビス」だけとはちと悲しい(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/25 09:39

小船だと、これまたよく揺れてイラストのようになりそうですね(笑)。
でもいいなぁ、そんなコトをしていた幼少時代。

小さい頃の鰻といえば
スーパーの魚売場で、ブルーのポリバケツにウナギが沢山入っていて
掴んで遊ぶ →怒られる を繰り返していたのを思い出します。

投稿: まき子 | 2006/07/25 12:53

鰻獲り!いいですねー。自分で獲って自分で七輪で焼いて食いてー。

白焼き、わさび醤油で食べるとうまいですよ。

わっしが関西で食べた鰻は、蒸さないで焼いてあるので、表面が少し「焼きめ」というか固めの部分があって中はジューシー。油のノリが決定的に違いました。うまく焼かないと、こげたり生臭くなったりしそうで、「焼き」が関東法より難しいのではないかと思います。しかし、うまいスよ。

投稿: フットゴリ | 2006/07/25 13:44

まだ、うなぎ歴 8ヶ月ぐらいの僕ですが、今年は生まれて初めて「白焼き」というものを食べました。うなぎは浜松からお取り寄せ、一緒に飲んだのは、初亀、正雪、磯自慢。いや~、うなぎって、あんなにうまいものだったんですね。

で、次は、いつ食べればいいんでしょう?

投稿: あつし | 2006/07/25 15:35

《まき子さん》
風の強い日ですと、結構船が揺れましてイラストのような感じに・・・(^^;)
スーパーで鰻掴みとはさすがです。そういえば、去年三社祭りの屋台で鰻釣りがあったなぁ。あれって釣れるんだろうか。


《フットゴリさん》
お、さすがフットゴリさん。
白焼きですと、焼き鳥の塩なんかと同じで素材の差が直接出そうですよね。
関西風も食べてみたいです。


《あつしさん》
浜松うなぎと静岡吟醸、やはり相性良さそうですね(^^)。
鰻、稲毛屋さんでも食されたんでしたっけ?
鰻、どんどん食べてみちゃってください(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/25 17:06

うなぎ 「岡谷」からクール便
キタ━━━━━━(((゚∀゚)))━━━━━━!!!!

早速食べました!
やはり東京のうなぎと違い
蒸してないので、そのぶん多少しつこいんだけど
そこがまた、旨いっすよ〜!!

>岡谷での鰻というと、諏訪湖で獲れるのかな?

↑諏訪湖から流れてる天竜川で採れるようです。
 昔は「屋な」があった。
(なかなか天然とはいかないみたいですが・・・)

投稿: 市っこ改め イケ(笑) | 2006/07/25 23:54

うなぎを獲る罠は、全国いろいろあると思いますが、和歌山、熊野川流域では、流線型のコーラの瓶のような形をした、「もんどり」と呼ばれる、竹で編んだ籠を使うのが主流だった思います。餌は小魚、ミミズなど。霞ヶ浦はどんなかな。
私は舟がなかったので、川岸から、みみずで釣りました。めったに釣れなかったけどね。
やっとの思いで釣っても、母親が気持ち悪がってさばいてくれず、悲しかった記憶があります。
どじょうを好きな方もいますが、私はどじょうも。xx。

投稿: おっかん | 2006/07/26 00:19

《イケさん》
おー、岡谷から無事届きましたか。
なるほど、蒸してないんすね。旨そう〜。
天竜川で獲れるんだ。そういえば、諏訪湖って漁船みたいなものは出てないですよね。
今度、観光荘行ってみたいな〜。


《おっかんさん》
あ、霞ヶ浦でも仕掛けは竹製の魚篭みたいなものでしたよ。
子供心に、よく沈めている場所がわかるもんだと思いましたが。
鰻を釣ったなんてスゴイっすね。さばいてくれなかった鰻はどうしたんでしょう?逃がしたんですか?

投稿: 地酒星人 | 2006/07/26 07:24

鰻を開き方。関西は腹から、関東は背からだってさ。ふつう、魚みたいな食材は腹から開くものだが、江戸時代、関東では「腹切り」を避けて背開きにしたとのこと。へぇー

投稿: フットゴリ | 2006/07/28 17:24

ほぉ〜、武家社会・江戸じゃあ、ハラキリは御法度ってぇことですかい?
そりゃあ、鰻やも難儀なこって。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/28 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/11090934

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その11):

« 陸奥八仙・純米吟醸無濾過原酒! | トップページ | トマト通信(その7) »