« 地酒妖怪図鑑(その16) | トップページ | カルピス!! »

2006/07/14

地酒星人的思ひ出(その10)

先日、やっとこさDVDを借りる事が出来、鑑賞をしました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」
Always
中々良い映画でしたね。
ストーリーとしては特に目新しい事はないと思いますが、今の時代、昭和30年代の高度経済成長期の雰囲気に浸れるというのは、それだけで一つの娯楽なのだと感じました。
この映画の中で、その当時の東京の(日本の)活気のシンボルとして描かれている建設途上の東京タワー。その姿を見るだけで様々な感情が刺激されます。
一方、庶民の足として活躍するミゼットや、大通りを走る路上電車(通称都電)も丁寧に描かれています。

地酒星人は子供の頃(幼稚園ぐらいの時分)、当時新宿通りを走っていた都電に乗せられ、たびたび新宿伊勢丹まで連れて行ってもらっていました(四谷二丁目あたりから新宿三丁目まで)。
今でも都電のホームで到着を待っている時の風景や、都電に乗り込む際の段差を昇って行く場面を憶えています。木製の床がワックスをかけられてツヤツヤしていたなあ。

調べてみますと、地下鉄丸ノ内線の霞ケ関~新宿間は昭和34年には開業していますので、地酒星人が子供の頃はそれで行く事も出来た筈なのですが、なぜか我が家では都電を利用していたんですね。
乗り馴れた都電が気安かったのか、あるいは料金が安かったのか(その両方であるような気がします)。

'68年〜'70年にかけての都電各路線の廃止によって、我が家の新宿へ向かう足は地下鉄か都バスになりました。
しばらくは路上に線路が残っていましたが、とうの昔に跡形も無くなっていますね。

いや、今でも走っていたら渋滞に拍車はかかるだろうし、邪魔に思ったりするのかもしれませんが、想い出はいつでも甘美なものなのです。

|

« 地酒妖怪図鑑(その16) | トップページ | カルピス!! »

コメント

路面電車、乗りたいな~。子供の頃乗ったこと、なんとなく覚えてます♪ 
名古屋だったか、まだ走ってますよね、確か・・。
この映画、名作!絶対にまた見たい。DVDで見るより、映画館で見たらもっとノスタルジックにひたれます。

投稿: hirorin | 2006/07/14 11:41

路面電車といえば、
関東に来てもう8年くらい経つのに、昨年初めて大塚で都電を見て
びっくり&感動した覚えがあります。
まだ東京都内にも、こんなのがあったんだな~っと。

投稿: まき子 | 2006/07/14 14:01

うちでもつい最近借りてきてみたばかりです。その時ちょっと感傷的な気分だったせいもあってラストで号泣。。
去年映画館で見たと言う父に話すと「30年代を美化し過ぎだー」とダメだしし始めました(笑
今はまって見ているのは「駅前」&「社長」シリーズ。「駅前団地」は非常に時代を映していて面白かったです。地酒星人さんはご覧になったことありますか?
あの頃の女優さんって綺麗で素敵だなーと思います。
それとここでもフランキー堺がいい味です。

投稿: あっき | 2006/07/14 14:28

最近、ダビンチコードで、何年かぶりに映画というものを見たら、なんか映画を観るのもいいなぁなんて思っていて、この映画も目を付けていました。(まだ観てません)

もちろん、ダビンチコードはストーリーぜんぜんわかりませんでした。

やっぱり、映画はわかりやすいのが一番!この映画はどうでしょう?

投稿: あつし | 2006/07/14 16:22

私は映画館で2回観ちゃいました。
1回目は数人でぞろぞろ行ってみんなで大泣きして、2回目は1人で行ってもっと号泣しました。
人の心って、こうなんだよなぁ、正直に素直に生きていきたいなぁ…なぁんて、思っちゃいました(~_~)ゞ

投稿: えぬこ | 2006/07/14 20:56

とうとう観ましたか。(笑)

「地酒星人タイトルバック」とリンクしてますね〜!

このベタなストーリー、願った通りの結末、
見終わると、皆が人に優しくなれる映画。
日本人には?ばっちりハマリましたね。

賞総ナメは、他にないの?日本映画!!
って感じもありましたが・・・

「はぁンズメマステェ〜」が
耳から離れません(笑)

投稿: 市っこ | 2006/07/14 21:51

私の祖父は錦糸町⇔青山間の路面電車の運転手だったので、色々な話を聞きました。私の父はよく運転席に同乗し、須田町あたりの風景を車窓から眺めるのが好きだったそうです。

投稿: hana_busa♂ | 2006/07/14 22:50

わっしも先日観ましたぜ。
微妙にリアルタイムではないのですが、思い切り子供の頃を思い出しました。3か所くらいグッときて泣きそうになりました。
手動で回してゴムローラーの間から衣類を煎餅のように搾り出す洗濯機、知ってる?
↑路面電車の運転手!すごい!運転してみたいです。あ、「レミオロメン」の「ロメン」は、路面電車の路面だって知ってた?

投稿: フットゴリ | 2006/07/15 12:31

>想い出はいつでも甘美なものなのです。

BGMは八神順子の「思いでは美しすぎて」をお勧めします。

>人の心って、こうなんだよなぁ、正直に素直に生きていきたいなぁ…なぁんて、思っちゃいました(~_~)ゞ

えぬこさんのコメントに激しく共感しました。
いや、映画は見てないんですが・・。

投稿: 桂自然 | 2006/07/15 13:55

私も見ました。田舎出身なので東京タワーや路面電車はないものの、テレビ、冷蔵庫のデビューはあんなものでした。「やきとり」もあんな感じなのが発見ですね。ゴムヒコーキでもあそびました。洗濯機はローラーの絞り機付いていましたね。毎日夕陽が出るころまで、どろんこになって遊びました。
ただ、うちの子供には見せられません。うちの子は、まだサンタのおじさんがいると信じています。

投稿: おっかん | 2006/07/15 16:03

《hirorinさん》
あ、路上じゃなくて路面電車でしたね。
でもいいや。路上の方がポツンとしたイメージがあって昔っぽい(←で良いのか?)。
そういえば前にhirorinが小雪のマネやってたよね〜♪


《まき子さん》
そうですよね、まだ走ってますよね。
でもアチラ方面にあまり縁が無いので乗った事ないんですよ。
そういえばこの間どこかで衝突事故があったような・・・?


《あっきさん》
お父様の言、もっともです(^^)。
そりゃ30年代にも良く無い事はいろいろありましたよね。でも今となってはただ懐かしいといったところです。
「駅前」や「社長」、残念ながらあまり詳しくないっす。たまにテレビで観ているくらい。でもこういうシリーズを貸している店も素晴らしいですね。なかなか無いでしょう。
古い日本映画で燗酒、良いですよね。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/15 16:57

《あつしさん》
この映画はわかりやすいですよ!
そして泣ける。笑える。
是非観てください〜。


《えぬこさん》
良い映画ですよね〜。
私は“アクマ”医師が酔って空襲で亡くなった妻子の夢を見るシーンがとても切なかった。
他のシーンの涙は未来につながっているのですが、あのシーンだけは取り返しのつかない過去に向かっていて・・・。


《市っこさん》
そうそう、この映画キネマ旬報でも第2位だったんすよね。キネ旬の2位って、結構好きな映画が何故か多いんですよ。
「はぁンズメマステェ〜」、かわいかったよね。
堀北真希ちゃん、「野ブタパワー注入!」より良かったな〜♪


《 hana_busa♂ さん》
いや〜、すごいお爺様ですね〜。
その頃の都電に乗って、車窓から街の表情を見てみたいな〜。
単純にそういった風景を再現したCGでもあったら、是非買うのにな。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/15 17:07

《フットゴリさん》
ローラー式洗濯機、我が家でも結構長い間活躍してました(^^;)。原始的構造だけど省エネかも。
レミオロメンは「路面」から来てるの?
ホントに?
「レミオ」は?


《桂自然さん》
八神純子だと80年代なので、もちっと古い曲を探したいところですね(笑)。
そういえばこの映画って、当時の歌謡曲があまり使われてないんですよね。
「三丁目の夕日2」があったら、歌謡曲たくさん使って和製「アメリカングラフィティ」のようなのを作って欲しいな〜。


《おっかんさん》
冒頭に出てくるゴムヒコーキのCGシーン、良いっすよね〜。
私も子供の時分は本当に勉強しないで、暗くなるまで遊んでましたよ。
サンタのシーンも良かったすね。あの子役の子が良い味出してた(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/15 17:16

メンバー3人の好きなものをくっつけたんだって。レディオヘッドの「レ」と、友達だか恋人だかの「ミオ」と路面電車の「ロメン」。もっと知るべきことがあるだろ!!ってコマーシャルが耳に痛い。

テレビでカラー放送が始まった頃、よく画面の端に「カラー」ってマークが出てたの覚えてる?カラーが当たり前になった頃、今度は白黒映画なんかに「白黒」ってマークがついてた。最近は、どっちもないねー。

和製アメグラ、いいね!!

投稿: フットゴリ | 2006/07/15 17:38

↑フットゴリさんの解説に「10へぇ~」♪
路面だったんだ・・なんだかずっと変な名前だと思っていたからスッキリ!

テレビのシール、ワイドっていうシールがあったような無かったような・・

小雪やってましたね、そういえば。自分的には「茶川さん」の真似が笑えた。ので、ちょっと探してTBしちゃおうかな~

投稿: hirorin | 2006/07/15 18:07

《フットゴリさん》
レミオロメン命名の話、妻にしましたらビックリしておりました。
しかし路面電車が好きなものというのもユニークですね(^^;)。
「カラー」マーク、よく憶えていますよ。茫洋とした子供だったので、何の意味かわかっていませんでしたが。


《hirorinさん》
「ワイド」のシールとは、ワイド画面対応という意味では?(違うかな?)
いずれにしても最近の話ですな。
TB、どうもです。茶川さんの真似、以前は意味がわからなかったけど、映画を見た後では笑えますな(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/07/16 12:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/10931344

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その10):

» ALWAYS 三丁目の夕日 主演:吉岡 秀隆 [読むなび!(裏) ]
≪採点(読むなび!参照)≫ 合計:80点 採点内訳へ ≪梗概≫ 携帯もパソコンもTVもなかったのにどうしてあんなに楽しかったのだろう…。 昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目には、人情味あ... [続きを読む]

受信: 2006/07/15 01:25

» 雨だ!休みだ!退屈だ!スペシャル [ヒロリンのおバカ日記]
サッカーを見たり見なかったりで、なんとなくドヨ~ンとした日曜日の朝。 ♪窓の外は [続きを読む]

受信: 2006/07/15 18:10

« 地酒妖怪図鑑(その16) | トップページ | カルピス!! »