« 地酒妖怪図鑑(その13) | トップページ | Vamos玉田! »

2006/06/02

地酒星人的思ひ出(その3)

Omoide3

|

« 地酒妖怪図鑑(その13) | トップページ | Vamos玉田! »

コメント

>子供の頃、向かいがプラモデル屋!!
なんて最高ですね!!
自分もウインドウに飾ってあるジオラマを
目をキラキラさせて見てたっけ・・・

最近、お酒関係のフィギィアも多いよね。
”地酒星人の部屋”みたいなの作れるのでは?(笑)

投稿: 市っこ | 2006/06/03 00:43

同世代ですねー。
<戦車>ハンティングタイガー、タイガー1型、ロンメル、キングタイガー、パットン、シャーマン
<戦闘機>零戦、飛燕、隼、グラマン、メッサーシュミット、スピットファイア
<ジープ>シュビムワーゲン、キューベルワーゲン、ジープ
<装甲車>サラディン
<空母>エンタープライズ・・・・・・。
三笠のプラモデル探しているのですが、どっかにありますかねー?

投稿: フットゴリ | 2006/06/03 04:47

地酒星人も相当器用だけどね。漫画の「0戦はやと」や「紫電改のタカ」、なんかセツナイ思い出があります。フットゴリさん、もう寝ましょう。

投稿: おっかん | 2006/06/03 04:58

《市っこさん》
その店では小さい頃からよく買いましたよ。
でも小さい店なので品揃えにかたよりがあって、中学生くらいになると遠くの店まで買いに行ったりして。それを家に帰る時に見つかっちゃったりして気まずかったり(^^;)。
それはそれで、いろいろと苦労があるもんです(汗)。
酒フィギュア、いくつか有りますよね。一升瓶型のUSBメモリもあったりして笑えます(^^)。


《フットゴリさん》
戦車ならドイツ、戦闘機は日本が美しいですね。
もし日本が敗戦せず、あのまま戦闘機を作り続けていたらどうなったのか・・・すごく興味があります。
反対に米軍の戦闘機や戦車は不格好ですよね。効率的なのかもしれないけど、美学が感じられない。

三笠、ハセガワから出ているようですよ。旅順のロシア太平洋艦隊を破った時の仕様と、高名な日本海海戦時との2タイプのようです(^^)。
http://www.hasegawa-model.co.jp/J-index.htm


《おっかんさん》
大戦初期には運動性能とパイロットの技倆で優位に立っていましたが、だんだんとジリ貧になってしまいますから、空戦マンガは悲しい展開になってしまいますよね。

投稿: 地酒星人 | 2006/06/03 08:04

 田舎育ちのため、村には中学になるまで「おもちゃ屋」さんがなかったので、羨ましいです。

 プラモもと言えば、従兄弟がタミヤで働いています。最近の子供達はプラモを作らないようで、厳しいようです。

 路線変更して、中高年用シリーズを高価格・高細密で出せば売れるかも知れませんね。

投稿: papaci | 2006/06/03 09:36

♪トラトラトラ~ッ♪・・・ってMAXの歌。最近見ないなぁ、MAX。

トラトラトラとニイタカヤマノボレが幼少期に及ぼす影響が全く想像つかないので、またテキトーなコメントをしてしまいました。(^^ゞ

投稿: hirorin | 2006/06/03 09:40

プラモ不人気は、「シンナー系塗料追放運動」が原因のひとつのような気がします。人体への害を考えてか(特に子供)、塗料を置いてないプラモデル屋さんが実に多いです。そうすると、きれいに着彩したくなるプラモには手が出なくなる。ゆえに、売れなくなる。
でも、プラモデルって色つけてナンボですよね。そこで、全国の「プラモ好きだったおっさん」にお知らせです。最近は水性塗料もあるんですよ!

投稿: フットゴリ | 2006/06/03 12:02

地酒星人さん、とても良い環境で育ちましたね・・・
プラモデルは、僕らが子供の頃に夢中になりましたが今や大人の趣味です!

投稿: salmon | 2006/06/03 20:13

《 papaci さん》
タミヤですか〜。
1/35シリーズは大好きでしたよ。一番品質にも信頼のおけるメーカーでした。
中高年向け、内容によってはすごくウケルと思います(^^)。
是非出して欲しいですね。


《 hirorinさん》
こちらはそのMAXの歌を知らなかったりしますが・・・(^^;)。
「ニイタカヤマノボレ」→「真珠湾ヲ攻撃セヨ」
「トラトラトラ」→「我、奇襲ニ成功セリ」
です。


《フットゴリさん》
たしかにプラモに色を付けないと面白くないっすよね。
最近の食玩みたいに初めからパーツに色がついてるのが有ると楽で良いんだけどな〜。


《 salmonさん》
日本人は手先が器用だと良く言われますが、子供の時からのプラモ作りもそれに貢献している気がしたりして。
アキバのヨドバシなんかに行っても、プラモコーナーに居るのは大人ばかりみたいですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/06/04 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/10366923

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その3):

« 地酒妖怪図鑑(その13) | トップページ | Vamos玉田! »