« 四谷→神楽坂アースダイバー! | トップページ | 口噛みの酒! »

2006/05/07

地酒妖怪図鑑(その8)

会費をとって大きなホテルなどで開催される日本酒の会。
地酒ファンにとって、様々な蔵のお酒を実際に飲んで経験出来る、またとない機会である。
日本各地の蔵元がそれぞれのブースで酒をふるまってくれるが、ごく稀に蔵元とおぼしき人が怒りを満面に表し、利き酒を申し出る人を威嚇している事がある。

妖怪・青筋入道の仕業だ。

限られた時間、安くない参加費を支払って会に参加している地酒ファンは、出来るだけ多くの酒の味見をしたいと思うものだ。時間がない為、蔵元への挨拶も無く次々と杯を差し出して酌をしてもらう事になる。
そんな人が多いため、蔵元もその無礼さに段々腹を立てて行き、青筋入道と化して行くようだ。
たまたまそのブースの人が出払っており、普段一般の客の相手をしていない蔵元が一人で居たりする際に出現しやすいようだ。

参加費の元をとりたい地酒ファンと、「挨拶もなく酌だけさせるとは何事だ!」と思う蔵元。
お互いの都合もわかるが、もう少しそれぞれを思いやり、歩み寄れると良い集まりになるのではないだろうか。

Youkai8

【青筋入道】
生息場所:有名ホテルなどで開催される大規模な日本酒の会。
撃退方法:知っている蔵ならば、普段の感想を述べたり、未飲の酒ならば、その内容について謙虚に尋ねたりしてみよう。
※イラストは特定の蔵元を描いたものではありません。あくまでもイメージです。

|

« 四谷→神楽坂アースダイバー! | トップページ | 口噛みの酒! »

コメント

 この妖怪にも出会ったことがありません。
 僕が参加したことのある酒の会では、蔵元さんはどこも愛想良かったですよ。
 でも、人気蔵や有名蔵の蔵元さんが、少~し天狗になってしまった場合、対応が悪い事はありますね。これも、妖怪の一種でしょうか?
 ではでは・・・。

投稿: papaci | 2006/05/08 08:50

ははは。
まあ、これはかなり強調して描いておりますで・・・。
しかし、都心の某ホテルで開かれます会などは、あきらかに客入れ過ぎじゃないかと思われる状態で、上に近いものが有ったと思います。
客層も良質な地酒ファンというよりは「なんか面白そうだから行ってみっか」的なノリが目につきましたので・・・(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/08 09:43

まだ静岡開催の日本酒の会しか出たことがないためか、私もまだこの妖怪には会っていません。
今後会うのが楽しみですが、私がこの妖怪を呼び覚ますことがないように気をつけます!

投稿: hirorin | 2006/05/08 10:13

昨年初めて、そんなイベントに参加したのですが、確かに、参加者の節度が気になる点もありました〜実際に、青筋入道になりかけそうな方もいたような・・・・(苦笑)

青筋入道もそうなのですが、ブースに貧乏神が取り付いたかのように、人が寄り付かないブースもありましたよ〜

投稿: 酔ゐどれ | 2006/05/08 10:56

この妖怪にはほぼ出くわした事がありませんねぇ
まぁ…愛想の悪い酒蔵もありますが…
百貨店の各地物産展のチェックも怠らず いそいそと出掛けます。
あー利き酒コーナーなのに頑なに利き酒させてもらえなかった酒造会社がありましたネ
あれはいかんです
今月の多摩地区である地酒会はどーしましょうかねぇ…

投稿: キキ☆ | 2006/05/08 10:58

親近感を感じます。(~_~;)

投稿: 煮酒 | 2006/05/08 11:22

《hirorinさん》
静岡の日本酒の会、行ってみたい〜。
たぶんhirorinならば蔵元を青筋入道にする事は少ないと思われます。
蔵元とモリゾーを一緒に写真に撮ろうなどと思わなければ?


《酔ゐどれさん》
大体2時間くらいの会が多いと思うのですが、たくさん飲まなければ損と思ってしまい勝ちですからね〜。
(自分もそうだったりしますが)
>人が寄り付かないブースもありましたよ〜
ありますよね〜。
無名の酒だからか、なんとなく暗い感じがするのか・・・。


《キキ☆さん》
頑なに利き酒させてもらえないって、なんでしょうね。
間違って水を入れて来てしまったとか?(爆)。
キキ☆さんのように蔵元とコミュニケート出来る人であれば、青筋入道も出現しないでしょう(^^)。


《煮酒さん》
ははは。
もしかして、よく青筋入道と化してます?

投稿: 地酒星人 | 2006/05/08 12:28

遭遇したことありまっせ。
それは、すごく会場が混んでいるのに、閑古鳥が鳴いているブースでした。ムッとしたおじさんが一人でいて、テーブルの上がさっぱりしてて、全然試飲させているように見えなかったのですが、ちょっと興味がある銘柄だったので「いただけますか?」と聞くと、めんどくせーなー、といった感じで大吟醸をついでくれました。
でもね、青筋入道はわりと簡単に退散させることができますよー。「うまい!」この一言で、おじさん、ニッと笑っていました。ホントにうまかった。

投稿: フットゴリ | 2006/05/08 16:00

>蔵元とモリゾーを一緒に写真に撮ろうなどと思わなければ

あぁ~、危なかった・・そろそろやりそうだったわ。
貴重なご忠告ありがとうございました!

投稿: hirorin | 2006/05/08 18:06

こういう大きなフェアみたいなのは、まだ行ったことがないです。
自分の場合、「沢山飲みたい」というより、
「絞って濃密に飲みたい」方なので
大きな会だと、どうしても気がアチコチに反れてしまって、
楽しめそうな気がしなくて。

商売が絡んできたらそうも言ってられないと思いますが
タダの飲兵衛なので、やっぱり楽しく蔵元さんとお喋りしたい!
という気持ちが先行してしまいます。

投稿: まき子 | 2006/05/08 20:41

私もこの妖怪には会ったことがないですねぇ。
どうにも接点が持てない、という「異次元」現象にはときどき出くわしますが(笑)

というか、そもそも「元を取らなきゃ」と思うほど高いイベントには行かないですから。なにせ酒量が少ないので、どうやっても損が出ますし(笑)
逆に「あそこの酒も利いてみたい」と思っても限られた酒量では全蔵制覇できず、いろんなものを諦めたりして、それはそれでつらいっす。

投稿: ろーじー | 2006/05/08 21:26

《フットゴリさん》
それはまたドラマチックな展開ですね。
でも、おいしかったから良いですけどマズかったら困りますね。
だんだんとフェードアウト、といったところでしょうか(^^;)。


《hirorin》
あ、でも愛知県の蔵元なら歓迎されるかも(^^)。


《まき子さん》
>「絞って濃密に飲みたい」
そうですね〜。日本酒にはまり初めの頃はとにかくいろんなお酒を飲みたくてあちらのブース、こちらのブースと移動したがるものですが・・・。
そんな経験も一巡すると、自分の好みが確立されて来ますからね。
ビバ! タダの飲兵衛!


《ろーじーさん》
30〜40くらいの蔵が参加している会でも、どんなにがんばっても半分くらいしか利き酒出来ませんよね〜。
(たまにすごいスピードで移動している人も見かけますが)
吐き出さないでちゃんと飲んでいると、だんだん酔って来て後半はあまり味がわからなくなったりしますしね。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/08 23:56

幸いな事にあまりお目にかかった事はありませんが、「お酒を頂く立場」もわきまえなければいけませんね。反省です。

投稿: 山輝亭 | 2006/05/09 08:57

私もこれから注意して、日本酒の会には臨みたいと思います(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/09 13:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/9950529

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒妖怪図鑑(その8):

« 四谷→神楽坂アースダイバー! | トップページ | 口噛みの酒! »