« お散歩part2! | トップページ | 新宿御苑を一周! »

2006/05/04

地酒妖怪図鑑(その7)

日本酒を飲んでいて大分酩酊した状態になった時、誰しもこの一杯でやめようと思うものだ。
最後の一杯を飲む進め、最後の一口を嚥下しようとする際に、それまでに感じなかった途轍もない旨味を感じる事がある。
そしてやめる事が出来なくなり、撃沈するまで飲んでしまう場合がないだろうか。

そんな時は… 
妖怪「後引き爺」の仕業だ。

後引き爺は酒を飲み終えようとする気配を感じると、どこからともなく現れて飲んでいる人の鼻先・口元に旨味成分のフェアリーダストを振りまくのだ。
年甲斐もなく妖精の羽と全身タイツに身を包んだメルヘン翁である。

Youkai7

【後引き爺】
生息場所:最後の一杯を飲み干そうとする場所ならどこでも。
撃退方法:酒を最後まで飲み切ってしまうか、後引き爺の力を持ってしても旨くならない酒を飲むかだが、後者はあまりお奨め出来ない。

|

« お散歩part2! | トップページ | 新宿御苑を一周! »

コメント

毎夜毎夜、ご訪問くださってます。

投稿: 煮酒 | 2006/05/05 09:56

昨日、青空の下、海岸でよく冷えた生酒を飲んでいるときに、御訪問され、なかなか燃え尽きない備長炭とともに長居されました。おかげで、帰宅後、後片付けもマトモにやらぬまま撃沈!良く、帰ってきたものだと、途切れた記憶をたどりました。

投稿: 喜音家蜻蛉 | 2006/05/05 11:00

以前僕は、後者の旨くならない酒だったのですが、ブログをはじめて皆さんのお酒好きにつられ美味しいお酒を飲むようになってからは、この「後引き爺」にやられてしまってますね。

投稿: salmon | 2006/05/05 16:24

いつも妖怪図鑑&トマトちゃんの情報を
楽しみに読ませて頂いてます。
「メルヘン翁」というと、さくらもも子著者
「もものかんづめ」を思い出します。
トップページの「サザエさん」の絵が素敵
ですね。私は火曜日のサザエさんの主題歌が
好きでした。

投稿: hana_busa | 2006/05/05 17:04

【後引き爺】…地方へ行って 地元のお酒探索に行くと良く出会います。。。
「利き酒されますかぁ?」の甘い呪文で寄ってきます
この酒の美味い事…美味い事…
後に引いて購入予定のないものまで…気がつくと買っています
困ったものです

投稿: キキ☆ | 2006/05/05 18:12

特に美味いつまみが微妙に残った時、必ずやられます。。。

投稿: れも | 2006/05/05 18:28

《煮酒さん》
はい、我が家にもよくおいでになります(苦笑)。


《 喜音家蜻蛉さん》
おお〜、それはまた“後引き爺”に魅入られてしまったようですね。
海岸で撃沈というのも、なんか開放的で気持ち良いですね(^^)。


《salmonさん》
“後引き爺”も登場する酒の内容にうるさいのかもしれませんね。
どんどんやられてしまって下さい(爆)。


《hana_busaさん》
hana_busaさん、いらっしゃいませ〜♪
おお、するどいですね。メルヘン翁の出典をご存知でしたか。
トマトは今、妻の実家に行っていますのでつまらないです(^^;)。


《キキ☆さん》
うう〜ん、旅行先の試飲で現れると、買わずにはいられませんよね〜。
そして、その酒がまた“酒抱き小僧”に取り憑かれると・・・。
地酒妖怪も困ったものです(^^;)。


《れもさん》
お!なるほど。
そういうケースも有りますよね。
ツマミがこれだけ残ったからもう一杯・・・それからはエンドレス?
恐るべし、後引き爺(爆)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/05 22:26

この妖怪は、地酒星人さんのお宅・特に奥さんに取り憑いて!?いましたよね~(笑)。
山輝亭の家にはいないのですが、蔵見学とかに行くと必ずと言っていい程出没しますよね。
そうだっ!!蔵元が育てているのかも(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2006/05/06 07:46

酒飲みの特徴として、「これで最後」と言ってから三杯は飲む事があげられると思いますが、それはウチのカミさんに、特に顕著です(^^;)。
“後引き爺”がもれなく酒に入って来る蔵元が巷間、おいしい地酒と言われているのかもしれませんね。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/06 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/9901754

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒妖怪図鑑(その7):

« お散歩part2! | トップページ | 新宿御苑を一周! »