« 地酒妖怪図鑑(その12) | トップページ | 地酒星人的日常(その7) »

2006/05/25

地酒星人的思ひ出(その1)

それは地酒星人が小学生であった頃。
ある日(今くらいの季節であっただろうか)、夕飯を食べていると父が仕事から帰って来た。
左官の職人だった父。いつもは夕餉を共にする事が多かったが、その日は現場が遠かったらしく夕食が始まった後で家に戻って来た。
どうやら海の近くの現場だったらしく、珍しい物を獲って来たと言って、菓子缶のような物を持っている。
この辺の記憶は曖昧なのだが、おそらくは内容物を後で息子に見せようと思って部屋の奥へ持って行こうとしたのだと思う。

そこで、悲劇(喜劇?)は起きた。

誤って父の手からすべり落ちた菓子缶。開いて転がる蓋。
そして、その中からばらまかれた内容物。
これがもの凄かった。

当時、我が家は茶の間で卓を囲んで食事をしていた。サザエさんやちびまる子ちゃんの家の食卓を思い浮かべていただければおわかりかと思う。
畳の上に直に座るか、座布団の上に座るかのどちらかだ。

父が落とした缶から迸り出た無数の黒い物体。

それがもの凄いスピードで動いている。

伸びた触覚とたくさんの足。

ゴキブリ?いや違う!


見た事もない生物だっ!

畳の上をガササササッと音をたてながらそれらはランダムに超速で動き回る。

なごやかな夕餉の時間が一転パニック映画の舞台と化した。

母、妹、祖母、皆が悲鳴を上げて逃げまわる。

何匹かの黒い生物があぐらをかいていた足の下へもぐり込む。

地酒星人、一瞬思考がフリーズした後にご飯茶碗と箸を持ったまま、近くに重ねてあった座布団の上へ飛び跳ねた。この時のジャンプ力は自分でも凄かったと思う。
3〜4枚重ねた座布団の上へは“謎の生物”も上がっては来ず、呆然とその後の事態を眺めていた。手には茶碗と箸を持ったまま・・・。

“謎の生物”、それは父が海辺で捕まえて来た「フナムシ」だった。

現場近くの海でフナムシを見つけ、獲って帰れば息子が喜ぶと考えたのだろう、数にして30〜50匹ほどのフナムシを適当な器(菓子缶)に入れて持ち帰ったようなのだ。
(しかし普通、そんなに捕まえて来るか?)
しかし、ちょっとした手元の狂いから、上記の惨状を招いたわけである。
その後、畳の上を右往左往していたフナムシ達は再び父に捕まえられたり、何処かへ姿を消したりして、我が家に平和が戻った。

父は戦争の際に海辺の村へ疎開をしており、フナムシなどは良く捕まえて遊んでいたそうだ。
久しぶりに見たフナムシに、童心をくすぐられたのだろう。

そんな父も数年前に他界した。今では懐かしい思い出である。
しかし、あのインパクトは今になっても忘れる事は出来ない(^^;)。

Omoide1

フナムシ
をご存知ない方は、ここでどうぞ
これが集団で夕食の茶の間をかけずり回った図を想像してみてください。
まさにそれは阿鼻叫喚・・・。

|

« 地酒妖怪図鑑(その12) | トップページ | 地酒星人的日常(その7) »

コメント

フナムシ地獄・・・
すいません 想像しただけで身悶えます。
>フナムシをご存知ない方は、ここでどうぞ
恐ろしくてクリックできませんでした。。。

投稿: キキ☆ | 2006/05/25 23:16

昆虫は好きだったけど、
ゴキブリとフナムシだけは・・・f(^.^;)
>集団で夕食の茶の間をかけずり回った図
す、凄いね!
このジャンプ力も凄い!!
どこぞの、尊師の”空中浮遊”より跳んでそう!(笑)

>フナムシをご存知ない方は、ここでどうぞ
↑クリックしたら「交尾中 のフナムシ」が・・・
眠れなくなりそう・・・(笑)

投稿: 市っこ | 2006/05/25 23:43

フナムシは限りなくゴキブリに似てますからネエ。そりゃ驚いたでしょう。やどかりくらいは、持ち帰っても、フナムシ持ち帰った方は初めてお聞きました。家にも息子が一人おります。親父と息子の、親父のサービス精神がよく分かります。
、、、さて、酒はいつ頃、教えてやろうかなあ。いや、外で覚えてくるか。

投稿: おっかん | 2006/05/25 23:45

これは、トンボもカブト虫も、虫という虫は触れない僕にとっては、信じられないぐらいの非常事態ですね。泥酔していても、酔いがさめそうです。

投稿: あつし | 2006/05/26 00:13

幼少のころ、しょっちゅうフナムシを捕まえちゃ遊んでいたので
あまり、「心臓ドッキリ」な出来事にはビクともしないのですが、
それでも30~50匹のフナムシはびっくりするかも!!
一匹捕まえるだけでも結構大変なのに
それだけ集めたお父様、すごい!

投稿: まき子 | 2006/05/26 01:13

子供の頃海に遊びに行って、磯辺に近づいたら沢山のフナムシが一斉にソゾロと動いて、ゾーッとした事があります。

今は...そんな沢山のフナムシなんか見たくないです。今日の記事読んだらゾーッとしました。

投稿: Hory | 2006/05/26 04:08

《キキ☆さん》
リンク先はグーグルのイメージ検索なんですが、行かない方が賢明かと思います(^^;)。


《市っこさん》
これがカブトムシやクワガタだったら、びっくりはしたと思うけど、大喜びだっただろうな〜。
若き(幼き?)自分のあのジャンプ力、火事場の馬鹿力だったんでしょうね。


《おっかんさん》
普通、フナムシ持って帰りませんよね(汗)。
ウチには息子がいないので、息子さんとのそういう関係はちょっとうらやましくもあります(^^)。


《あつしさん》
あ、あつしさんって虫駄目なんですか?
同じ目に会ったら失神するかもしれませんね(^^;)。


《まき子さん》
いや、この話、昨日まき子さんが三浦半島でフナムシ遊び(じゃないか)をしていた文を読んで思い出したんですよ。
しかしタフな女の子だったんですね。
たしかにあの素早いフナムシを良く捕まえられたなとは思いますね。


《Horyさん》
もうあの瞬間は「ゾ〜〜っ」などと言う生易しいものではなく「ドッヒャアーーーーーーッ!!!」という感じでした(汗)。
それがトラウマとなっているのか、今でもあまりお近づきになりたくない生物です(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/26 04:25

Horyさんと同じ経験があります。
その昔、千葉の白子に海水浴に行った時、堤防際の岩場に立って「海のバカヤロー」と叫ぼうとしたら、でっかい岩がグラッと動いたんですよ。「あれ?オレ酔ったかな?」と思って、「海のバ・・」まで言うと、またでかい岩がグラッ。なんだあ、と思いよーく見ると、ゾゾゾー!!そこらじゅうの岩という岩にびっしりフナムシがついていたんです。わしの声に反応して一斉にザザッと動いていたんですねー。岩が動いて見えるほどびっしり!「オレは、フナムシの大群の中に立っている!」。とても怖かったです。アレを捕まえられるなんて!!

投稿: フットゴリ | 2006/05/26 05:20

わはは。

フナムシちゃん、すばやいですからね。
よく、そんなに捕れましたね。

騒然となったの分かります。もちろん、
トラウマになったのも。

磯遊びで、フナムシ掴みは、必須の遊び
だった記憶があります。

投稿: こむこむ | 2006/05/26 08:00

♪しみじみ飲めば しみじみとぉ~おおぉ~
 思い出だけが 行過ぎるぅ~ううぅ~
  涙がポロリと こぼれたらぁ~ああぁ~
   歌いだすのさー フナムシ を~・・・♪
by八代亜紀・・・「しつれいしました」

いい思い出ですね!
僕のおやじもある意味伝説の男です。

投稿: salmon | 2006/05/26 08:30

《フットゴリさん》
ひえ〜〜っ。
>フナムシの大群の中に立っている!
いやだーーーーっ(泣)。


《こむこむさん》
そうですか、フナムシ掴みしていたんですか。
どんな触感なんでしょうね。
私には浜のゴキブリにしか見えないんですけれど。


《 salmonさん》
おお〜、歌まで出来てしまった(^^;)
演歌「舟虫」(笑)。
salmonさんのお父上のお話も聞いてみたいですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/26 08:54

>フナムシ

 磯遊びの定番アイテムでしたから、懐かしく思い出されました。

 さすがに家に持ち帰りは、しませんでした。が、食べられれば持ち帰ったかも知れません。子供心にも食べようと言う気が起きなかったんでしょうね。

 佃煮とかで食べられるのかなー。

投稿: papaci | 2006/05/26 09:10

>磯遊びの定番アイテムでしたから、
そうですか〜。割とポピュラーな遊びなんですね。

>佃煮とかで食べられるのかなー。
ギョエ〜ッ。
佃煮、イナゴかフナムシかの選択を迫られたら迷わずイナゴを選びます(^^;)。
イナゴは物心付かない内は食べていたんだそうです。甘くておいしかった味の記憶は持っているもので・・・。
長じてからは、常識が邪魔をして食べられなくなりましたが(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/26 11:31

私が初めてフナムシを見たのは今でも忘れない。
海で岩の上に足を乗せようと思い、片足を岩に近づけた瞬間・・・黒い岩だと思っていたら、サーっと白い岩になった。一面フナムシの岩・・泣いた。

関係ないけど、小学生の時に、ゴキブリほいほいの生け捕り版みたいなのを兄が間違って蹴飛ばし、台所が同じような状況になりました。
も~、有り得ない!!って思うことしやがった。

投稿: hirorin | 2006/05/26 17:32

おお〜、ここにも出た!怪奇・フナムシ岩。
フナムシってそんなに群れて何を食べてるんだろう〜。
でも、あまり調べたくないから知らなくて良いや。

フナムシとゴキブリ、どっちが良いかな〜?
普通だったらフナ公かな。でも、トラウマ有るしな。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/26 20:23

検索したら、フナムシが何を食べているか知らないけど、フナムシは食べられるらしいです・・
でも、詳しいことは知りたくないので、検索画面以上には進めませんでした。勇気ないです・・


投稿: hirorin | 2006/05/30 17:33

>フナムシは食べられるらしいです・・

うひょ〜〜〜〜〜〜〜っ。
ぞぞぞぞぞぞぞ・・・。
どひゃあああああああ。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/30 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/10238592

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒星人的思ひ出(その1):

« 地酒妖怪図鑑(その12) | トップページ | 地酒星人的日常(その7) »