« 鯉川・純米酒! | トップページ | 地酒星人的日常(その6) »

2006/05/19

地酒妖怪図鑑(その11)

飲食店の棚に並んでいる入手困難な酒を見つけて注文をするのだが、店主が「これはまだ封を切れない」などと言い、もったいをつけて飲ませてくれない事がある。

妖怪「隠しん坊」の仕業だ。

「隠しん坊」は半端な知識で幻の酒を揃えたがる飲食店の店主を見つけると乗り移り、様々な銘酒を棚に並べながら客には飲ませないという悪戯を繰り返す。
熟成を考慮しているのではなく、ただただ幻の酒を店に飾りたいのだ。
あまりに客に飲ませない為、飲み頃を逸してしまい、客の不評を買う事が多い。
茶色く変色した越乃寒梅を見かけたら、「隠しん坊」の店と見て間違いない。

Youkai11

【隠しん坊】
生息場所:地酒にあまり詳しくはないが、銘酒を揃えて見栄をはりたい店主のいる店。
撃退方法:単に注文をしなければ良いだろう。

|

« 鯉川・純米酒! | トップページ | 地酒星人的日常(その6) »

コメント

でたー!隠しん坊!(笑)
撃退方法がウケました。
注文しないと、むしろチラチラ見せてきたりして。

投稿: まき子 | 2006/05/19 20:26

いや、先日のまき子さんの記事のお店じゃないんですけどね(^^;)
でも、ちょっとヒントにはなっていたりして(汗)。
いわゆる銘酒居酒屋にこういう店は少ないと思いますが、ちょっと中途半端なお店には結構有りそうな感じがします(しません?)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/19 21:44

好評!
地酒妖怪図鑑も(その11)に!!
目指せ "妖怪百物語"!!(笑)

茶色く変色した越乃寒梅!←も、勿体ない (T.T)。。。

>撃退方法:単に注文をしなければ良いだろう。
      ↑う〜ん、目に毒だ (T.T)。。。

投稿: 市っこ | 2006/05/19 23:07

そうだね〜。
百物語を目指したいね!!
でも、その頃にはまわりに敵が多くなっている気がする(^^;)。
「飲むりひょん」を先頭に妖怪パレードやりたいね〜(大映の“妖怪百物語”のラストみたいに)。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/19 23:22

うちにも封を開けてない越乃寒梅があります。
仕舞い込んでから半年くらい経つでしょうか。
もったいを付けてるわけじゃなくって
たんに飲む気がしないだけですけど。
隠しん坊の仕業とはとは関係なさそうですね~。

投稿: かず | 2006/05/20 00:33

地酒妖怪カード作って、ひと儲けはどうでしょう。スポンサー付かないかなあ。儲かったら、銀座連れてってー。←なんて言う妖怪?

投稿: おっかん | 2006/05/20 02:21

そんな妖怪が憑いている店だったら二度と行かないでしょうね。

それはともかく、呑酒界にも様々な妖怪がいるようで。目には見えなくても色々な悪さしてるんでしょうね、彼らは。

投稿: Hory | 2006/05/20 05:58

茶色く変色… せめて直射日光・紫外線を避けてくれれば…。
でも、身体が変わった今でも飲めるだろうか、越乃寒梅。
こわいもの見たさに試してみましょうか。(笑)

投稿: 燗酒おやぢ | 2006/05/20 07:25

幸いにもこの妖怪に出会った事はありませんが、一見客にはお断りと言われた事はあります・・・。

投稿: 山輝亭 | 2006/05/20 08:33

【隠しん坊】と極稀ですが、対になって現れる、客側妖怪【★イッテツン】なども見かけます。
備え付けのカウンターももろともせず、ひっくり返して出て行きます。

投稿: 煮酒 | 2006/05/20 09:25

「菊姫純米大吟醸入れたけど、飲む?」と言われたことがあります。
「だ、だ、だ、大それたことを!の、の、飲みますともさ」
ぐい飲み1杯分で1400円。涙で味が分からなかったですけど。

投稿: nao | 2006/05/20 09:44

《かずさん》
越乃寒梅あるんですか〜。
あのメンツの酒と寒梅が並んでいるというのも面白い絵ですね。
ものは試し、一度飲み比べやってみてください(^^)。


《おっかんさん》
酒を一本買うと地酒妖怪カード一枚プレゼント!
なんという酒屋さんがあったら楽しいですね。
でも、内容に毒があるのでお客さんを敵に回しそう(^^;)。


《Horyさん》
地酒界ほど様々な妖怪が巣食う場所はあまり無いかもしれませんね。
まだまだ妖怪、見いだせそうです(^^;)。


《燗酒おやぢさん》
身体が変わられたとの事で、拒絶反応の出ないと良いですが・・・。


《山輝亭さん》
一見客お断りですか・・・それも立派な「隠しん坊」ですね。
お得意さん用だったら、見えないところに置いておかなきゃあ。


《煮酒さん》
「隠しん坊」vs「★イッテツン」。
ちょっと見てみたい気もしますが(汗)。


《nao さん》
菊姫の大吟醸ですか〜(^^;)。
お値段がよろしいですからね〜。
菊理媛だったらどんな事になるんだろう・・・。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/20 12:24

まき子さんとこで見て以来、いつ登場する妖怪かな・・と楽しみにしていたら、お早い登場~!!感激です。
妖怪百物語・・楽しみだな~。
私はまだまだ修行が足りないので、妖怪に出会えてないです。(と思いつつ、乗り移られていることはあるのかも)

投稿: hirorin | 2006/05/20 17:01

 いわゆる銘酒居酒屋にも「隠しん坊」いますよ。それも、超有名店でHPに「○四代 ○泉」(四合瓶)を「見るだけ」って書いてあるの(笑)

 あと、「隠しん坊」じゃないけど、店内熟成させているお店もあります。かなり個性的なお店のようですけど、「東一 選抜」とか「磯自慢 35%」の10年垂直試飲とか凄いことやっています。

 神楽坂だと思ったけど、四谷なら近いから行かれてみたら如何でしょう? ネタ元になるかも・・・。

投稿: papaci | 2006/05/21 10:09

《hirorinさん》
おお〜、期待されていたとは。
びっくりです。
注意深くまわりを眺めてください。きっとどこかに地酒妖怪、いますよ〜。


《papaciさん》
「見るだけ」って・・・(^^;)。
あ、その神楽坂のお店、たぶん知ってます。
行った事ないんですが、かなり個性的なHPを運営されているお店ですよね?

投稿: 地酒星人 | 2006/05/21 17:56

>かなり個性的なHPを運営されているお店ですよね?

そうです。僕も行ったことはありません。お酒も肴も素晴らしいらしいですが、あのHP見ちゃうと引きますよねー(笑)

ではでは・・・。

投稿: papaci | 2006/05/21 19:32

磯自慢の垂直はスゴイですね〜。
経験してみたい気もしますが、お値はいかほどなんでしょうね。

投稿: 地酒星人 | 2006/05/21 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/10142286

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒妖怪図鑑(その11):

« 鯉川・純米酒! | トップページ | 地酒星人的日常(その6) »