« 辨天娘・純米にごり! | トップページ | 地酒星人的日常(その5) »

2006/04/27

地酒妖怪図鑑(その5)

百貨店などの日本酒売場に行くと、試飲を奨めるおばちゃんが立っている事が多い。
珠にこのおばちゃん達の中に、味が“すっきり”している事だけをセールストークにしている者がいる。
まるで“すっきり”する為に日本酒を飲むかのように「すっきりしてますよ〜」と繰り返す。
しばらくその売場にいると、“すっきり”していない酒は悪い酒のように思えて来る。
そんな経験をしたら・・・

それは、妖怪「すっきり婆」の仕業だ。

すっきり婆は試飲販売員の姿をして酒売場に現れ、“すっきり”“すっきり”と繰り返す。
戦後永らく造られて来た三増酒を嫌った人達の怨念が「すっきり婆」となったと言う説もあるが、定かではない。

Youkai5

【すっきり婆】
生息場所:百貨店などの酒売場。
撃退方法:“すっきり”は酒の数ある魅力の中の一つでしかない事をわかってもらう事だ。

|

« 辨天娘・純米にごり! | トップページ | 地酒星人的日常(その5) »

コメント

遭遇した事ないような気がします。
もしかすると遭遇していても、一瞥で黙ってしまうのかも。

投稿: 煮酒 | 2006/04/27 16:03

類似妖怪に「辛口婆」や「辛口爺」も生息しています。居酒屋や酒屋に出没して、「辛口の酒」を「おくれ~おくれ~」と言っています。
ではでは・・・。

投稿: papaci | 2006/04/27 18:38

《煮酒さん》
それは煮酒さんの気配を察知して、恐れをなしてその時だけ姿をくらませているのかもしれませんね(^^;)。


《papaci さん》
あ〜、居ます居ます。
「辛口」で「すっきり」は最強の(?)コンビですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/27 18:43

すっきり婆さん~こえぇーっす!
でも、僕は会社のイベントでは実演担当なので、同じフレーズを繰り返してしまう気持ちが分かるなぁ・・(一度その言葉で売れると・・・なのです!)

投稿: salmon | 2006/04/27 20:38

>一度その言葉で売れると・・・なのです!
なるほどね〜。と、感心してしまいました。
「すっきり」という言葉は、大方の人が違和感なく受け入れる言葉でもあるのでしょうね。
同じような言葉で料理に対する「あっさり」というのもありますね。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/27 21:09

「淡麗辛口のお酒で、スッキリしてますよっ!」なんて言われたら逃げてしまいます・・・(汗)。
でも、よくよく銘柄を見ると、知っている「淡麗辛口ではないお酒」だったりすると、
「生息地を、発泡酒か第3ビールに移した方がよいのでは?!」
と思ってしまいます。

投稿: まき子 | 2006/04/28 00:02

うわ!私も変身できるかも~。

そういえば以前勤務の酒造メーカーでキャンペーンにマネキンさんを出していたら、お酒屋さんから「どうでもいいけど、もうちょっと若い子きてもらえませんかね」という苦情がきました。

やっぱり同じお酒でも、なんか違う感じがするんでしょうか?

投稿: hirorin | 2006/04/28 00:28

《まき子さん》
そういえば、ビールや発泡酒関係でも「スッキリ」、「辛口」って良く言われますもんね(^^)。
でも、ビールでも濃醇で旨味たっぷりが好きなのは酒飲みだからでしょうか?


《hirorinさん》
>私も変身できるかも~。
はい。hirorinさんなら何にでも変身出来ますとも。

前に酒造メーカーに勤務なんでしたっけ?
バドガールみたいなマネキンだったら若い方が良いとは思いますが、どうなんでしょう?(^^;)

投稿: 地酒星人 | 2006/04/28 07:00

「すっきり」ではなく「女性向のお味ですよ~」によく遭遇します
女性がみんな甘い酒が好きだとか 低アルコールが好きだと決め付けてかかってきます。
それよりそっちの吟醸酒呑ませろよ!って心の中で呪文を唱えます

投稿: キキ☆ | 2006/04/28 09:00

あ〜、よくありますね。
低アルコール酒。飲んだ印象は良く言えば飲みやすい、しかしパンチや旨味の無い酒がほとんどです。
大体、普通の酒を飲みにくいと思っている女性は、低アルコールだろうとなんだろうと飲まないと思うんですが。
原酒好きのウチのカミさんを見てて、そう思います(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/28 10:04

私もよく「女性の方にも好まれるさらっとした感じですよ~」とか言って、低アルコール酒とか勧められます。勝手に「女性好みの味」って決めないでよっ!って思うんですけどね…。

投稿: えぬこ | 2006/04/28 10:23

発泡酒などのCMでも、やたらと『すっきり』がキーワードになってますからね。

うちの店のお客様、かみさんが神亀純米を買って、だんなが氷結レモンを買っています。
好みか、それとも家庭での地位か。。。

投稿: れも | 2006/04/28 11:04

《えぬこさん》
酒飲みの場合、味に男女差は感じませんからね〜。
一般人(というのも基準が良くわかりませんが)は低アルコール酒を飲んでおいしいと感じるんでしょうか。
飲む事って義務じゃないので、飲みやすいからってたくさん買うとは限りませんよね。


《れもさん》
お〜、そのご夫妻の関係って面白いですね。
旦那さんはあまり酒好きではないのかな?
そういえば、やたら「スッキリ」を強調するTVCM、目に付きますね。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/28 12:57

ビールは、濃い味のものを少量飲む方が増えてるような気がします。たとえば、まったりしたベルギービール。甘めの味がまだまだ女性に人気のようです。それから、キリンのチルドビール。小瓶がポイントですかね。現代は、「ときどき泥酔の時代から毎日ほろ酔いの時代へ」らしいすよ。

投稿: フットゴリ | 2006/04/28 17:03

にゃるほど〜。
毎日ほろ酔いと言えば私の事じゃないですか!?
また時代の先端を行ってしまった(爆)。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/28 20:01

そうですね~、この手の妖怪は「下っ端妖怪」ですよね。自分の意思じゃないわけですから、こちらが色々質問すると、助けを呼びに逃げていきます(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2006/04/29 08:48

なるほど、撃退方法に「酒の内容について質問を繰り返す」というのも加えたいですね(笑)。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/29 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/9786590

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒妖怪図鑑(その5):

« 辨天娘・純米にごり! | トップページ | 地酒星人的日常(その5) »