« 地酒星人的日常(その4) | トップページ | 辨天娘・純米にごり! »

2006/04/25

地酒妖怪図鑑(その4)

極めて入手しにくい酒をなんとか有名地酒専門店から購入した時、妙に値段が高い事がある。
そして、欲しくもない酒が一緒に付いて来ていたら…

それは、妖怪「抱き合わせ」の仕業だ。

どんどん売れて行く人気酒を恨んだ売れない酒が妖怪と化し、人気酒にくっついて行ってしまう。
勝手に付いて行くのだが、買い手からも当然歓迎されない。
中には良い酒もあるのだが、店からも客からも疎まれる、可愛そうな妖怪である。

Youkai4

【抱き合わせ】
生息場所:有名地酒専門店から購入した入手しにくい酒。
撃退方法:「抱き合わせ」の出現しない店を選ぶか、我慢して飲んでみるかのどちらかしか無い。

|

« 地酒星人的日常(その4) | トップページ | 辨天娘・純米にごり! »

コメント

妖怪「抱き合わせ」
私がすっごく嫌いな妖怪ですね。

やっぱり好きなお酒を飲むのが一番!!

投稿: れも | 2006/04/25 14:37

プレミア付きかと思いきや、まだこっちもおりますか。
撃退するのは簡単です。
誰も買わなければ、自然と死滅しますから。(^^;

投稿: 燗酒おやぢ | 2006/04/25 14:57

焼酎の方が多く棲息していますね。

投稿: 煮酒 | 2006/04/25 15:21

《れもさん》
れもさん、こんにちは〜。
>私がすっごく嫌いな妖怪ですね。
そうですよね(^^)。
たのもしい一言です。

>好きなお酒を飲むのが一番!
まさしく正論です!


《燗酒おやぢさん》
昔に比べると大分減った印象はありますけれど、ネットの世界ではまだまだ多く生存しているようです(^^;)。


《煮酒さん》
なるほど。
焼酎ブームも大分下火になった感はありますが、手に入れにくい銘柄は相変わらず有りますからね・・・。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/25 15:59

これと勘違いされるのが、妖怪「比較酒」ですね。
それ飲むんだったら、これ飲んでからじゃないと意味無いじゃん!と比較酒を用意すると、抱き合わせ妖怪と間違えられてしまう事がある。
抱き合わせが悪の妖怪だとすると、比較酒は善意の妖怪であるが、飲み手のレベルにより悪の妖怪と勘違いされる。
まっとうな売り手は、だんだん嫌気がさして、妖怪「比較酒」はよほど気心の知れたお客さんにしか見せないようになるのである。

投稿: 煮酒 | 2006/04/25 16:40

ほ〜、比較酒ですか。
知らない妖怪です(^^;)。
それはこういう事でしょうか?
例えばある銘柄の番外品的なものを注文した際に、まずは定番からというような意味ですすめるタイプの酒でしょうか?
そういう比較酒なら歓迎ですけれど。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/25 17:02

そういうものですね。

投稿: 煮酒 | 2006/04/25 18:10

 幸いにも、この妖怪に出会った事はありません。

 しかし、酒が妖怪化したのではなく、酒は使役されているだけで、操っている黒幕が真の意味での妖怪「抱き合わせ」ではないでしょうか?

 こいつは大嫌いですが、「抱き合わせ」を丸ごと飲み込んでしまう輩は、もっと嫌いです。

投稿: papaci | 2006/04/25 18:31

《煮酒さん》
“比較酒”を説明の上で奨められるのは、全然問題無いと思いますよ。
抱き合わせの問答無用な取引的感じとは正反対です(^^)。


《 papaciさん》
たしかに黒幕が一番のワルですね。
抱き合わせはまだ良い方で、プレミア価格で定価の何倍もの値付けをするブローカーが一番腹立ちます。そしてブローカーに横流しする輩も。
(日本酒もワインのようなシステムで値付けをされるのには反対ではありませんが。ちゃんと蔵元にも還元されるわけですから。)

投稿: 地酒星人 | 2006/04/25 19:58

お酒の抱き合わせに遭遇した事はあまりないのですが
日本酒にお猪口の「抱き合わせ」ってのによく出くわします
・・・おかげでウチには80個近い利き猪口が…
だれかいりませんか?>ちょっとマジ

投稿: キキ☆ | 2006/04/26 00:45

お猪口の抱き合わせですか!?
それは初耳です(米の抱き合わせは見た事ありますが)。
初めは良いかもしれませんが、80個となると「もういらない」という感じですね(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/26 08:37

この妖怪、昔はよくゲームソフトにくっついていたように思います。

投稿: hirorin | 2006/04/26 11:30

抱き合わせとかプレミア付きでは絶対にお酒は買いませんね。抽選ならまだ話はわかりますけど。でも、それでも買っちゃう人がいるってことですよね?

投稿: あつし | 2006/04/26 11:41

《hirorinさん》
へ〜、ゲーム業界でもやっていたんですか。
酒なら、なんだかんだ言いながら飲みそうですが、ゲームはやらないんじゃないかな〜。
内容にもよりますが。


《あつしさん》
そうですね、抽選ならアリだと思います。
かくいう私も十四代は今まで、すべて抽選で入手しました(^^;)。
自分でも買ってしまうかも?と思うケースは、たとえば得意先から「地酒星人さん、上司が○○○っていう酒を明日までに用意しろって言ってるんだけど、なんとかならない?」といったようなビジネス上の付き合いの場合ですね。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/26 12:37

なるほど、一個人としては買わなくても、
接待や贈答の名目では、まだかなりあるのでしょうね。
無いものねだり…
抱き合わせされる酒も、くっついていく酒も、どちらにとっても迷惑極まりないことだと思います。

投稿: 燗酒おやぢ | 2006/04/27 10:55

抱き合わせではないですが、さきほどオークションのサイトを見て来ましたら、相変わらずすごい価格で出ている酒がありますね〜。
ああいった形で蔵元や酒販店以上に利益を得ているのは、どうかと思いますよねぇ・・・。

投稿: 地酒星人 | 2006/04/27 13:46

真っ当な地酒専門店では見なくなった妖怪ですね。それこそ撃退されて、怪しい酒屋さんにいるという印象です。
怪しい酒屋だから、管理の仕方にも不安があるし、絶対に買いません。

投稿: 山輝亭 | 2006/04/29 08:44

たしかに最近は絶滅に近い妖怪かもしれません。
でも、まだまだ隠れて生息していそうですよね(^^;)

投稿: 地酒星人 | 2006/04/29 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/9759679

この記事へのトラックバック一覧です: 地酒妖怪図鑑(その4):

« 地酒星人的日常(その4) | トップページ | 辨天娘・純米にごり! »