« 仙亀・にごり酒「かるくいっぱい」 | トップページ | 我が家の愛しきMac達! »

2006/03/08

睡龍・純米!

遂に我が家にこの“ぐるぐるラベル”がやって来ました。
一度見たら忘れない、インパクトのある細い帯状のラベルを斜めに貼り回したパッケージ。独特です。
睡龍・純米
これはもしかして、名の龍を表現しているのかな?などと思ってしまいました。

suiryu香りはアルコール感の中に穀物系のフレーバーが。
口に含みますと、思いのほか柔らかい当たりに引き続き、旨味がジワジワ〜と立ち上がって来ます。
黒蜜を薄〜くさせたような甘みを感じますね。
旨いです。
旨いですが、まだ若いのではないでしょうか。もっと置いておくと味がさらに開いて行くような印象です。
購入した“のだや”さんで試飲させていただいた同じく睡龍の原酒のインパクトに比べますとまだまだな印象です(原酒というだけで、詳しいスペック不明。もちろん、原酒ですから濃醇です)。
放置する事であの味のエッセンスに近づいて行けるかどうか。

私が変なのかもしれませんが、たまたま家に有った“どら焼き”を食べながら飲んだら旨味が増殖されて、おいしかったです。
普通は酒を飲みながらどら焼きには手を伸ばさないのですが、なにかこの酒には相性を感じさせる部分があったのかもしれません。
今後、経過を観察してみましょう♪
(というほど、残っているかどうかはわかりませんが。)

【スペック】
睡龍・純米 1.8l(久保本家酒造/奈良県宇陀郡大宇陀町)使用米:不明 精米歩合:65% アルコール分:15度 価格:¥2500 購入場所:リカーズのだや(千駄木) 出荷年月日:06.03 

|

« 仙亀・にごり酒「かるくいっぱい」 | トップページ | 我が家の愛しきMac達! »

コメント

このシリーズの「涼」(アルコールが1%ほど低い)が、これまたスイスイのめるんですよ。

投稿: 煮酒 | 2006/03/08 09:18

「睡龍」、名前は聞いてましたが、こんなグルグルラベルがあるなんて知りませんでした。
ラベルコレクターとしては、味は別にして是非欲しい1本です(苦笑)。
でも、味も良さそうなので、飲んでみたいです(笑)。

投稿: 山輝亭 | 2006/03/08 09:19

《煮酒さん》
ほお〜、「涼」などという酒があるんですね。
睡龍、最近までまったく知らない酒でしたので未知の部分が多いです。
いろいろ教えてください(^^)。


《山輝亭さん》
あ、ラベルコレクターでしたら是非揃えたい変わりダネのラベルですね。
どうやって保管するのかという点が心配ですが(^^;)。
睡龍、なかなかおいしいお酒です。

投稿: 地酒星人 | 2006/03/08 09:58

愛称が「グルグルラベル」ですよね。
確かに、龍をイメージしているのかも!
開けたてから時間がたった後の変化が
とっても楽しみなお酒ですね~。
・・・残っていたら?!ですが(笑)。

投稿: まき子 | 2006/03/08 12:39

>・・・残っていたら?!ですが
現在、我が家の飲んべえ二人に対し孤軍奮闘していますので、早く後続部隊を補充しませんと消滅の危機が・・・(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/03/08 13:16

このラベルっ、手貼りですかね〜?
貼るほうも大変ではないでしょうか?

投稿: 酔ゐどれ | 2006/03/08 16:36

どうやって貼ってるんでしょうね〜。
たぶんラベル貼り台のような物が有って、糊付けして置いてあるラベルの上を瓶の角度を気をつけながらゴロゴロゴロっとやっているんではないかと思います。
また違った意味で蔵見学をしてみたいですね(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/03/08 17:04

シルバーさんが一枚ずつ手貼りしています。

投稿: 煮酒 | 2006/03/08 18:08

おお〜、シルバー人材が活用されているんですね〜。
上記のような方法ではなく、一本一本丁寧にのり付けされてるんですかねぇ。
でも、馴れると楽しい作業かもしれません(^^)。

投稿: 地酒星人 | 2006/03/08 18:42

おお、睡龍を飲まれましたか!
このお酒を醸した加藤杜氏にいただいた
メールに一部です。
--------------
ラベルについては 私が考えましたが コレクターの方よりも瓶場の昔のお嬢様の「こんなラベル誰が張るの!!?」と言うクレームのほうが恐ろしかったですが・・・
澄酒も飲んでいきありがたいですが 機会がありましたら私の毎日の晩酌の「生もとのどぶ」を一度お燗で試してください 日本酒ライター 編集など彼女たちの営業上名前は出せませんが 「これを飲むと次の日、非常に体調が良い」 そうです
--------------
ってことでした。
ラベルはおばちゃん達の手貼りのようですね。

投稿: 明@由紀の酒 | 2006/03/08 20:29

↑ライターさんの顔が目に浮かびます。

投稿: 煮酒 | 2006/03/08 21:04

《明さん》
杜氏さんが自ら考案されたラベルなんですね?
それはスゴイ。
「生もとのどぶ」、翌日調子が良いとは!
是非ビタミン剤がわりに飲まなくては(^^)。


《煮酒さん》
ライターさん・・・あの人でしょうか?
それとも、あの人かな?

投稿: 地酒星人 | 2006/03/08 22:01

少し遅くなってしまいましたが、先日は、お越しいただきましてありがとうございました。
あの原酒は、睡龍純米生もとの原酒です。
ただ、試飲していただく直前に開栓したものでしたが。
涼は飲み過ぎてしまうので困ります(涼)

投稿: れも | 2006/03/12 20:06

睡龍純米生もと原酒でしたか〜♪
ほんの少しでも、濃醇な旨味を感じられました(^^)
・・・あ、今でもヨダレが・・・じゅる。

“涼”も旨そうですね〜。
またうかがいますね♪

投稿: 地酒星人 | 2006/03/12 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/8997026

この記事へのトラックバック一覧です: 睡龍・純米!:

» 「睡龍 生もと」と「のだや」 [Barcarolle]
先週の木曜日、鰻屋の「稲毛屋」さんの前に伺った、酒屋の「のだや」さんで購入した、 奈良県宇陀郡の久保本家酒造の醸す「睡龍 生もと」(4合瓶1500円で購入) あっきさんからご紹介頂いて、前々から行きたかった、のだやさんですが、 伺ってみると、地酒星人さんの....... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 23:55

« 仙亀・にごり酒「かるくいっぱい」 | トップページ | 我が家の愛しきMac達! »