« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の28件の投稿

2006/02/28

純米ハレギク!

埼玉県羽生市の東亜酒造の醸す純米ハレギクです。
五百万石を用い、「彩の国酵母」こと埼玉県C酵母を使用しています。
瓶の肩にはモンドセレクション金賞受賞のラベルが燦然と輝いています。
さて、どのような味でしょうか。

haregikuまずは冷やで。
米の凝縮感ある香り。飲み口はやや濃醇。
苦みと粒子の細か〜い感じのする辛さ(酸味)が長く続きます。
なんとなく醤油感のある味。少しクセのある味わい。

次は燗で。
先ほど冷やで感じたクセが小さくなり、米の旨味が強く出て来ます。
鼻腔を抜ける米の風味がとても良いです。
これは燗上がりをする酒でした。
でも、醤油感はそのまま持っています。

なかなか個性のある、良い酒なのではないでしょうか。

【スペック】
純米ハレギク 720ml/東亜酒造(埼玉県羽生市)使用米:五百万石 精米歩合:60% 使用酵母:「彩の国」酵母(埼玉県C酵母) 日本酒度:+1 酸度:1.9 アルコール度数:16度以上17度未満 出荷年月日:05.12

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/27

ローソンの地酒!

いろいろなブログで紹介されていますローソンの地酒シリーズ。
遅ればせながら2本ほどを紹介します。

sawakara東京は青梅市の澤乃井
純米の“大辛口”です。
澤乃井は今まで数本経験しており、どれも水準が高く安定していましたので、何の心配もなく。
色はかなり黄色っぽく付いています。
香りはほとんどせず。
飲み口。 はい、辛口です。面白い。これは徹頭徹尾の辛口。
それもかなり辛い。
よくある味の無い辛口ではなく、しっかり味を感じる辛口。
澤乃井、またまたポイントアップです。

【スペック】
澤乃井・純米“大辛口” 275ml/小澤酒造(東京都青梅市)使用米:不明 精米歩合:65% 日本酒度:+10 酸度:1.5〜1.7 アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥480 購入場所:ローソン 出荷年月日:05.12

お次は窓乃梅
madonoume初めて飲みます。純米吟醸です。
こちらは一転して純米吟醸らしい柔らかい飲み口。
かなり甘いです(この辺り、澤乃井の後なので余計そう感じるのかもしれません)。
香りはうっすら吟醸香風を感じますが、さほど強いものではありません。
綺麗な酒質ですが、それにしても甘さがちょっときつい。
この日は飲み方の順番を間違えたかもしれません。
窓の梅→澤乃井の方が良かったか。
甘さがどうも馴染めず、中途でギブアップしてしまいました。

【スペック】
窓乃梅・純米吟醸 275ml/窓乃梅酒造(佐賀県佐賀郡久保田町)使用米:不明 精米歩合:55%以下 アルコール度数:14度以上15度未満 価格:¥500 購入場所:ローソン 出荷年月日:05.11

ローソンの地酒シリーズ、本醸造はわずかでほとんどが純米や純米吟醸を揃えているようです。地酒入門編として一般の人が手にとりやすいと思いますので、是非この後もがんばって欲しいです(でも、あまり売れていない感じなんだよな〜)。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/02/26

カップ酒2題!

今週はかな〜り忙しかったので酒が切れているにも関わらず、酒を買いに行く事が出来ませんでした。
「今日は日本酒無しか〜。」としょんぼり帰ってみると、なんとカミさんがカップ酒を買っておいてくれました。

キタ━━━━(T∇T)━━━━ !!!!!
ありがとう!!妻よ!!

近くのスーパーでご多聞に漏れずカップ地酒の扱いが増えているようです。
そんな訳でカップ酒2本。

kitashikaまずは北鹿。雪中貯蔵の純米酒のようです。
サブで「十和田湖畔貯蔵」とありますが、どういう事なんでしょう。
雪に埋もれた湖の畔で、杜氏以下蔵人数名が横なぐりの雪に負けそうになりながら酒貯蔵用の穴を掘っている様が脳裏をよぎりましたが、おそらくは妄想。
それはともかく、味です、味。
ハードな飲み口を想像していましたが、さにあらず。
ひじょうに柔らかい飲み口。ほんのり甘みを感じてスッと口中からなくなるイメージです。あっさりとしていますね。
由利正宗に似ている感じがしました。
【スペック】
北鹿・純米酒 180ml/株式会社北鹿(秋田県大館市)使用米:美山錦・こまち 精米歩合:65% アルコール度数:15.5度 購入場所:丸正(四谷)

続いての2本目は天の戸
amanotocup美稲(うましね)で有名な天の戸のカップ。これは普通酒になるのでしょうか。
美稲はしっかりとおいしい酒なので、こちらにも期待をふくらませましたが、残念ながら今ひとつの印象でした。
香りになにか違和感を覚えましたし(化合物的な匂いがうっすら)、飲み口の中に妙な甘さ(人工的な感じ)を感じました。
疲れから来る味覚のブレであれば良いのですが・・・。
【スペック】
天の戸 180ml/浅舞酒造(秋田県平鹿郡)使用米:不明 精米歩合:不明 アルコール度数:15度以上16度未満 購入場所:丸正(四谷)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/25

地酒星人の誤算。

体型を考慮せずにイナバウアーをやって転倒、リンクに酒をばらまき顰蹙をかった地酒星人。

skate

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/02/24

地酒ニュースヘッドライン!(2/24)

低タンパク米で日本酒(中日新聞)
富山県氷見市で栽培する低タンパク米「春陽」を使った地酒。高沢酒造では「どういう発酵をするか分からず、酒として出せるかどうか心配した」そうだが、「(これまでの)日本酒にはない、すっきりとした感じ」と納得の表情。
低タンパク米というものが有るのを初めて知りました。ちょっと食べてみたい。でも、酒としてはどうなんでしょう。良く言えばスッキリ、悪く言うと味が無い、みたいな事でないと良いですが。

古代米の日本酒を4月から試験販売(日本経済新聞)
仙台の森民総本家では紫がかった古代米「おくのむらさき」を使った日本酒の仕込みを始めた。ワインのロゼのような色の日本酒ができる見通しで、結婚式などの祝い事にも使える。通常品の日本酒よりも高めになるが、すでに百貨店などから引き合いが来ている。
こういうお酒って、前からありませんでしたっけ?瓶のデザイン等に凝ったものを使用するそうで、その辺りでブランド化を狙うという事でしょうか。

東北大発の日本酒お目見え(中国新聞)
創立100周年を記念し、原材料から製造販売まで東北大にこだわった日本酒「萩丸」を企画。卒業生が開発した酒米「蔵の華」を原材料とし大学農場で栽培、麹は教員が管理、製造は卒業生が会長の県内の酒造会社に委託、東北大生協が販売を請け負う。
そして学生が全部飲む、と。生協が学生に酒売るんでしょうか(^^;)。


250年前の日本酒再現、お薦めは「水割りで…」(読売新聞)
新潟市の上原酒造が江戸時代中期の250年前の日本酒の味をよみがえらせた。
きっかけは8年前に旧家で見つかった古酒。箱には「宝暦六年(1756年)」と書かれており、老酒のような香りだった。
成分分析で、現代よりも酸やブドウ糖が高く、酒母に近いものだったとわかる。5年の間、微調整を繰り返し、近いと思われる味にたどりついた。

これ、是非飲んでみたいですね。「鶴亀諸白」と名付けられ、アミノ酸や乳酸が通常の酒の8〜10倍含まれているようです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/02/23

フィギュアのアイドルといえば・・・

メダルを待望されている鳥の・・・じゃなかったトリノオリンピック。
フィギュアスケートの三人娘はなかなか好調な、文字通りの滑り出しを見せたようで何よりです。

最近の日本の女子はスタイルも良くなり、外人の間に入っても以前に比べて見劣りがしなくなって来ました。
三人ともそれぞれに魅力的だとは思いますが、フィギュアスケート界のアイドルといえばあの人しか思い浮かびません。

ジャネット・リン

そう、あの札幌オリンピックで活躍したアメリカの選手。元祖銀盤のアイドルです。
(この辺り、40代以上でないと記憶が無いと思われますが。)
ひじょうに愛くるしい顔立ちと、ちょっとポッチャリ型の体型。
外見のみでなく、性格がムチャクチャ良かった。
札幌での演技中、尻もちをついたにも関わらず、満面の笑みを浮かべてその後の演技をこなした様に、日本中のハートが射抜かれたのです。
結果、ジャネットは胴メダルでしたが日本中のほとんどの人が札幌の五輪はジャネットのオリンピックとして記憶に留めています(他にはジャンプの日の丸飛行隊でしょうね)。
あのような選手はもう出ないと思いますが、日本の三人には、もし失敗してもジャネットのように笑顔で滑り切って欲しいと思います。

私も「虹と雪のバラード byトワエモア」を聴きながら応援します!(爆)

あちゃ〜。夕べも会社でほぼ徹夜してしまいました・・・。
なんか毎週恒例になりつつあるな。いかん、いかん。
ネタ素材は家に置いてあるので、今日は期待されるフィギュアスケート・ネタでご勘弁を。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006/02/22

せんべろ探偵!

一昨年亡くなった中島らも氏。
「今夜すべてのバーで」などの著作で長年楽しませてもらいましたが、氏の生前最期に読んだのがこれでした。

「せんべろ探偵が行く!」

senbero

“せんべろ”とは、“千円でべろべろになるほど飲める店”の事。
大阪・新世界や神戸・新開地、横浜・黄金町などの酒飲みディープワールドを、らもさんが訪れるルポです。
らもさんが書いているというよりは、共著の小堀純氏がらもさんの“せんべろな店”での様子を活写するという構成。
ここに登場する店はいわゆる“居酒屋の名店”的な店はほとんど出て来ないのですが、ひじょうに雑多ながらそれなりの伝統を持った店がたくさん紹介されています。
だいたいの店で100円しないツマミがあったり、酒も一杯200円代であったりするわけですね。
中には朝7時からやっている立ち飲みの店があったりします。
夜勤明けの人なんかの需要があるんでしょう。

章の間にらもさん自筆のコラムもあったりします。
このコラムの中ですごいなと思ったのは、らもさんが以前乗り合わせたタクシーの運転手。
タクシー運転手は24時間毎の乗車勤務となりますが、休みの日は朝から晩までずっと酒を飲み続け、必ず二升を飲むという人物。しかもその間、ツマミは豆だけらしい。
24時間勤務の際は酒を飲めないわけで、自然に肝臓に休息を与えられるのかもしれませんが、凄い強者ですね。

自分が“せんべろ”をやるとしたら、やはり行き馴れた鈴伝の立ち飲みだろうか。
あそこで“千歳鶴380円”を2杯とツマミ一品というところだろうか。
う〜ん、べろべろにはならないか・・・。
しかし、こういう名店紹介には乗らないB級テイストな居酒屋、時折無性に探訪したくなります。
大井町に面白そうな店があるんですよねぇ〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/21

南カップ!

もう何回かこのブログで書いている事ですが、地酒星人は以前の“南”中取り純米が大好きでした。
あれは地酒にはまった最初の年、その爽やかな旨味に夢中になったものです。
(dancyu誌で太田和彦さんがダジャレではありますが“デビューした頃の南沙織のよう”と評した酒です。)
その後、南はおそらくは意識的に(なのか?)酒質を変えて行き、今ではあの時の面影を感じる事が出来ません。

minamicupでも、毎年一本は買ってしまうんだよなぁ。初恋の相手は忘れられないというヤツでしょうか。
そういう訳で今シーズンも飲んでみた南でした。
ただしカップを選んだところに諦めの気持ちが表れているのかも。
特別純米です。

平均点はあげられる純米酒だと思いますが、飲み口に苦みを感じます。
この苦み、強いものではないですが妙に口に残ります。
この辺り、過去のいきさつから点が辛くなっているかもしれません。

【スペック】
南・特別純米 180ml/南酒造場(高知県安芸郡安田町)使用米:不明 精米歩合:60% アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥275 購入場所;鈴伝(四谷) 出荷年月日:06.01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/20

小笹屋竹鶴・純米原酒大和雄町!

土曜日、池袋東武の竹鶴試飲販売で入手した小笹屋竹鶴です。
平成14酒造年度。大和町産雄町を全量使用しています。
以前にも飲んだ事はあり、その味わいのファンでしたが、燗酒で試した事はありませんでした。
旨いに決まっているのですが、その味わいやいかに。

ozasayaぬる燗などと言う事は言わず、かなり熱めに燗をつけます。
立ち昇る芳香。もちろん吟醸香ではなく、しっかり造られた純米酒、それも熟成が効いた物の放つ心地よい香り。
口に含むと、途端に舌の上に広がる力強い旨味。
そしてそれを引き締める酸味。
クリーミーな風味が鼻腔を抜けて行きます。
「旨いっ!!」
やはり燗にすると、以前飲んだ印象よりも味が際立つ事を感じます。

多忙だった先週、酒をあまり飲めなかった為に地酒星人とその妻、あっと言う間にほとんどを飲んでしまいました。
ああ、一升瓶を買っておけば良かった。
小笹屋竹鶴シリーズ、他にも様々ありますので、追々飲み比べて行きたいと思います。

【スペック】
小笹屋竹鶴・純米原酒 720ml/竹鶴酒造(広島県竹原市) 使用米:雄町(大和町産:契約栽培) 精米歩合:60% アルコール分:17度以上18度未満 杜氏:石川達也 価格:¥1575 購入場所:池袋東武 出荷年月日:06.02

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/02/19

雪しずく!

「くどき上手」を醸す山形は亀の井酒造の純米吟醸にごり酒「雪しずく」です。
この蔵で「くどき上手」以外を見るのは初めてかも。
生詰です。

yukisizuku香りはわずかな吟香にプラスして酸を感じさせるもの。ヨーグルト風の香り。酸っぱそ〜。
味わい。木目の細かい印象のねっとりした質感。やはり酸味が強めに感じられます。
「くどき上手」の味わいなどから、もっとあっさりした味かと思いましたが、さにあらず。なかなか濃醇です。
この強い酸味の部分で好き嫌いが分かれる酒だと思いますが、私は良いんじゃないかと思いました。
量を飲むタイプではなく、この300mlくらいが丁度良い印象です。
使用米の記載がなかったので、ネットで調べてみたら“亀の尾”を使っているようでした。亀の尾の50%と、かなり高スペックなにごりですね。

【スペック】
雪しずく・純米吟醸にごり酒/亀の井酒造(山形県鶴岡市羽黒町)使用米:亀の尾 精米歩合:50% アルコール度数:16度以上17度未満 価格:¥500 購入場所:鈴伝(四谷) 出荷年月日:06.02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/18

池袋東武へ〜♪

あ〜あ、また会社に泊まっちゃいました。
どうにも眠くて仕事がはかどらず、12時くらいに「ちょっと仮眠」と横になったんですが、目を開けたら明るくなっていた(汗)。
それからボチボチ仕事を片付けて、帰る事に(仕事持ち帰りだけどね)。
しかし、ちょっと寄り道。
知人に小笹屋竹鶴を贈呈したいと思っていたので、ちょっくら池袋へ。

東武の酒売り場。
サクッと選んで帰ろうと思っていたら、なんと竹鶴が試飲販売しているじゃあ〜りませんか。
“竹鶴”のハッピを着ている男性に小笹屋竹鶴数種を試させてもらいました。
12BY山田の番外と14BY大和雄町、年度忘れましたが純米吟醸など。
う〜ん、どれも旨い!
朝からなにも食べていない空きっ腹に、竹鶴がしみる、しみる。
迷いましたが、大和雄町を自分の分も含めて2本購入。

しかしこのハッピの男性、愛想も無くぼそっとした感じで初めは「なんだコイツ?」と思ってしまいましたが、話してみるとなかなか良い人。
煮酒さんの事を話題に出したら、さらに打ち溶けた様子でいろいろ話してくれました。
数日前にも煮酒さんのところでお酒を買っているという人が来ましたとの事。
(誰だろう。あっきさん?)
その後話題はなぜかインターネットの検索エンジンの事となったりしましたが、仕事の邪魔をしてはいけないのでその位に。

「煮酒さんによろしく伝えてください。」と言われたので「お名前は?」と聞いたら「竹鶴です。」との事(驚!)。
なんと、竹鶴の専務さんでした。
あ〜、びっくりした。

竹鶴さん、試飲販売がんばって下さい。

taketsuru-pf
パンフレットもいただいちゃいました〜♪

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/02/17

トリノ?

夜寝るときはNHKの「ラジオ深夜便」をつけ、聴くともなしに聴いている内に寝てしまう事が多く、早朝目覚める際も必然的にラジオの音が始めに聞こえて来る。
最近はニュースの中でもオリンピックについて触れられる事が当然多いのだが、寝ぼけた頭で無意識に近い状態で耳に入って来ると、こう聞こえるのだ。


鳥のオリンピック。

「え?鳥の?」
・・・一瞬の間があってから、「あ〜、トリノオリンピックね。」と思い直すのだが、不思議な事に寝起きの状態だと何日も同じ反応をしてしまう。

でも、日本代表・丹頂鶴の銀盤での華麗な舞、見てみたいと思いませんか?
ライバルは孔雀やフラミンゴか。
他にはピーチクパーチクうるさく騒ぎながら回る、雀のショートトラックや、鷹の格闘技なんかも良いな〜。
どこかでやってくれないかな。鳥のオリンピック。
でも、アフリカのダチョウの身体能力にはかなわないだろうな。

というような事を、はからずも泊まりとなってしまった会社で早朝アップしているのでした。
(帰らないとネタが無いよ〜:泣)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/02/16

地酒ニュースヘッドライン!

地酒ニュースをさらっと。

日本酒の魅力学びに 米サンフランシスコから来日(長野日報)
米国サンフランシスコの日本食レストランに勤務するシャーナ・ドゥーリーさん(29)が、「真澄」蔵元・宮坂醸造で酒蔵研修。米国で人気が広がっている日本酒に魅せられ「酒造りを直に学び、日本酒の魅力をアメリカで伝えたい」。
シャーナさんが勤める日本食レストランで真澄を扱っているそうで。
第2のセーラとなるか!?がんばって欲しいですね。

酒蔵の「女人禁制」今は昔(読売新聞)
岩手県紫波町の「廣田酒造店」で杜氏を務めている小野裕美さん(31)を紹介。2年前、南部杜氏協会の杜氏資格選考会に女性として初めて合格した。
っていうか、
紫波町って「月の輪」がなかったっけ?横沢さんの事かと思っちゃいました。
女性杜氏も一般的になって来たという事ですか・・・。

県産日本酒がハリウッド“進出”(秋田魁新報社)
ハリウッドにある高級日本料理店「KATANA」で、県産日本酒の魅力をPRするイベントを来月22日開催。県産酒15銘柄ほどの出品を予定。
なんか良くわからないニュース。県が主催らしいんですが・・・。

国外の日本酒愛好家が蔵元見学 (京都新聞)
米国やロシアの日本酒愛好家が13日、滋賀県高島市の蔵元・川島酒造を訪れ、日本酒を仕込む行程を見学、絞りたてを試飲。「甘みがあってのどごしもよく、とてもおいしい。」
蔵単位でこういう動きが盛んなんでしょうか。たしか「黒沢」という酒を海外で出して結構売れている蔵があったような。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/15

越乃白雪・吟醸レトロラベル!

昨日の本金とともに購入したレトロラベルシリーズの一本です。
新潟は弥彦村の越乃白雪。吟醸です。
弥彦村には二度ほど訪れた事があり、古い町の要素を現代的に残す取り組みに感心した事を思い出します。
国道をまたいで突然ニョキッと建っている大鳥居にはびっくりしました。
このラベルにもその鳥居は描かれていますね。
このラベルの絵、復刻されたものなのでしょうが、なんとなくアドビ・イラストレーターで描かれたもののような感じがします。

hakusetsu香りです。
ほんのり華やかに香ります。これはなんだろう・・・イチゴのショートケーキ?
甘い香りですね。
口に含んでも、序盤はイチゴケーキ的甘さをともなった含み香が強いです。
これは食中酒には向いていない印象。
飲み口自体はあっさりしているのですが。
その後、酒が室温に近づくにつれて上記の含み香はボリュームを小さくし、米の旨味が顔を出すようになりました。
あ、この位なら結構いけるかも。
ラベルの諸元を見ると、かなりの高スペックだという事がわかりました。

越乃白雪、いわゆる新潟酒ともちょっと違う面白い個性を持っている酒ですね〜。
レギュラー酒をちょっと試してみたくなりました。

【スペック】
越乃白雪・吟醸 180ml/弥彦酒造(新潟県西蒲原郡弥彦村)使用米:山田錦(兵庫県産) 精米歩合:50% アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥400くらい 購入場所:はせがわ酒店(表参道) 出荷年月日:06.01

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/02/14

本金・純米吟醸レトロラベル!

トリノオリンピック。
メダルが期待されていた日本勢の苦戦が伝わって来ています。
やはり各国の選手も五輪に照準を合わせており、さらにはプレッシャーもワールドカップ等に比べれば段違いなのでしょう。

いや〜、本当に金メダルを獲るのは難しいですね。

本当に金は難しい。

本当に金は。

本に金。

「本金」

・・・。

今、さざ波のように皆さんが引いて行くのが見えました(爆)。

honkin-r朝っぱらからオヤジギャグをとばしたところで、長野県は諏訪市の本金です。
昨夏、諏訪を訪ねた際に訪れた「酒ぬのや本金酒造」
直接買い求めた純米酒はあまりピンと来ませんでしたが、それでもひじょうに優しい飲み口だった事を覚えています。
はせがわ酒店さんが展開する復刻版レトロラベルを用いた180mlシリーズがありましたので、懐かしさもあり、試してみる事に。
香り。吟香、というほどではないものの、米の凝縮感のある旨そうなもの。
口に含んでみますと、上記の純米酒で感じた優しさはそのままに、中盤で強めの旨味が顔を覗かせます。鼻腔を抜けて行く風味が心地良いですね。
キレも良く、すぐに次のひと口を飲みたくなります。
いや、バランスの良い旨酒です。
本金さん、がんばっています。この内容なら4合瓶があっても買いたいところです。

【スペック】
本金・純米吟醸 180ml/酒ぬのや本金酒造(長野県諏訪市)使用米:不明 精米歩合:60% アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥380 購入場所:はせがわ酒店(表参道) 出荷年月日:06.01

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006/02/13

七本槍・純米吟醸!

初めて飲みます。
七本槍・純米吟醸。吟吹雪という酒米を用いた酒のようです。
地元産の酒米のようで、こういった本来の意味である“地酒”は応援したいですね。

sichihon香りはうっすら花のような吟香が漂います。
口に含むと、まず初めに若干の苦みを感じます。面白い事にやがてそれが甘みに転じて行きます。
旨味はさほど感じられず、そのまま収束して行きます。
常温に近づくと、序盤の苦みは小さくなり、甘みのボリュームが大きい物になって来ました。

燗をつけてみます。
これはあまり合わない印象でした。
甘みが立ち過ぎています。冷やで飲むのがよろしいのでしょう。

う〜ん、悪いお酒ではないですが、全体的に掴み所の無い味であるように感じました。この辺り、吟吹雪という米によるものなのかどうか・・・。

七本槍といえば、賤ヶ岳の合戦時に武功を立てた加藤清正を連想しますが、その通り。ラベルによりますと、この秀吉と柴田勝家の一戦に因んでいるそうです。
ラベルの文字は北王子魯山人の書になるようです。冨田酒造さんに逗留された事があるようですね。

【スペック】
七本槍・純米吟醸 吟吹雪 全量木槽搾り720ml/冨田酒造(滋賀県伊香郡木之本町)使用米:吟吹雪(県産米) 精米歩合:55% 日本酒度:+5 酸度:1.9 使用酵母:協会1401号 アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥1575 購入場所:はせがわ酒店(表参道) 出荷年月日:05.11

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/02/12

こしひかり仕込みビール!

新潟はスワンレイクビール「越乃米こしひかり仕込みビール」
スワンレイクビールは海外で様々な賞を獲得している地ビールブルワリーのようです。
これは先日の埼玉地酒に引き続いてのフットゴリさんからのいただきもの。
フットゴリさんありがとう。このお礼は小笹屋竹鶴にて(^^)。

koshibeerこしひかりでビールが作れるのか?というのが素朴な疑問ですが、原材料表示を見るとたしかに「麦芽・ホップ・米」とあります。
さてさて、どのようなお味でしょうか。
香り。うっすらフルーティーな香りがしますね。
飲んでみた印象は「思ったより軽いなぁ」、というものでした。
ライトビールに近い印象。
それでも麦芽の風味が鼻腔を抜けて行きます。このあたりは好印象。
米の味といったものは特には感じられません。
味の中に若干の甘みが有り、もしかするとこの辺がこしひかり由来なのかもしれませんね。

各地で地ビールの生産が盛んなようです。
その土地土地の個性を出しつつがんばって欲しいところですね。

【スペック】
越乃米こしひかり仕込みビール 330ml/株式会社天朝閣(新潟県阿賀野市)原材料:麦芽・ホップ・米 アルコール分:約5%

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/11

鈴伝で立ち飲み〜♪

表参道ヒルズに行った後は、帰りがけに四谷は鈴伝の立ち飲みに行きました。
久々だな〜♪
中をのぞくとほぼ満席でした。
繁盛、何よりです。
szdn__2
一番入り口に近い席が空いていたので、そこに落ち着きました。
何か出物は無いかと壁に貼ってある酒メニューを眺めます。
その中から陸奥八仙のにごりを注文。
やはりこの季節はにごりを飲みたくなります。
szdn__3
アテには冷や奴とまぐろ刺し、天婦羅を。
ここの牛すじ煮込みが好きなのですが、切れていた様子。
陸奥八仙のにごりは濃醇で旨かったです。
酸はあまり感じられず、スイスイ飲める感じ。
ヒルズのはせがわ酒店さんで結構飲んでしまっていたので、これだけ飲んでもかなり酔っぱらいました。

帰りは駅前に止めてあった自転車でしたが、端から見ると結構あぶない乗り方だったかもしれません(汗)。
考えてみたらこの日はずっと立ち飲みでした。
ひじょうにソフトかつ丁寧な応対のはせがわ酒店表参道店と、愛想なしで素っ気ない、しかし懐の深さを感じる鈴伝の立ち飲み。その違いを楽しんだ夜でした。

ここで金子みすずの詩から一節。
「みんな違ってみんな良い。」

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/02/10

表参道ヒルズへ!

内覧会へお招きを受けたので、昨夜いそいそと表参道ヒルズへ。
安藤忠雄氏の話題の建築。ゆるやかなスロープを上って行くと、ありました「はせがわ酒店」
なかなか品の良い内装。4合瓶中心の品揃えのようです。
hasegawa__3
店の中央にあるディスプレイが凝っています。
写真ではわからないのですが、米が玄米から30%までの精米度順に敷き詰められています。
hasegawa__2
お、レトロラベルシリーズも発見。
hasegawa__1
店内隅には立ち飲み用バーカウンターも有ります。
さっそくいただいてしまいました。
まずはオープン記念の特別な磯自慢。純米大吟醸。
磯自慢としてはひじょうに濃い味乗りのしている印象でした。
hasegawa__4
さらには十四代の純米吟醸・出羽燦々の生。
こちらはライトな印象。いつもの十四代。
升酒でいただきます。ネーム入りの升はおみやげでいただく事が出来ました。
hasegawa__6

その他、東一・吟醸生や義侠の純米吟醸等をいただきました。
個人的には東一がまだガスの刺激が感じられるフレッシュさが有り、好きでした。
カウンターには天井から小さなスポットライトがいくつか降りていて、よくみるとひとつひとつが米の形をしています。
いや〜、細かいところまで凝っていますね。
hasegawa__5

表参道ヒルズは現代的でありながら暖かいイメージもして、なかなか良い空間が出来上がっている感じがします。
はせがわ酒店さんもうまく馴染んでいる印象。がんばって欲しいですね。
ヒルズの一角に同潤会アパートの一部が残されているのが嬉しかったです。

| | コメント (19) | トラックバック (1)

2006/02/09

こんな地酒星人はイヤだ!

konna

jizake-mitsume

目が三つある。






jizake-harade

下腹が出ている。






jizake-cola

体がコーラだ。 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006/02/08

抜歯!!

抜歯しました。
奥歯です。
数年前からかなり傷んでいた歯で、だましだましこれまでやって来たのですが、先日とうとう咀嚼の加重に耐え切れなかったようで割れてしまったのです。
(神経を抜いた歯は脆くなるようですね。)
それも3つに割れていたようで、抜歯するしか選択肢がない状態。
以前に親しらずを含めて3連続抜歯も経験した事が有り、抜歯には馴れているもののやはり良い感じはしません。

なので、今夜は酒は御法度。
痛み止めと抗生物質を服用していますからね。
この抗生物質とアルコールというのが、ひじょうに組み合わせが悪いらしいです。
あ〜、今日はプレゼンもあるし、化膿しないと良いな。

考えてみれば今日抜いた歯って、おそらくは30年くらいは働いてくれていたんだよな〜。地酒星人のこれまで飲んだあんな酒やこんな酒も共に味わって来たのだよ。
お疲れさまと言ってやりたいモード。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/07

龍勢・蔵生原酒!

龍勢を初めて試す事が出来ました。
龍勢・蔵生原酒。吟造り純米無濾過。
八反錦を使用した文字通りの無濾過原酒です。

ryuseiこの八反錦に対してはひじょうに良い印象を持っています。以前に何本か八反使用の旨酒を飲んだ事があるからです。
ラベルには冷やして飲めと記されていますので、その通りに。
香り。強いものではありませんが、吟香があります。
フルーツというよりは、なんだろう・・・バニラ?
口に含みますと、やはり原酒の強さが舌を刺激します。味がすごく出ている印象。
濃い〜。
そして辛さと酸味がスクッと立ち上がってきます。
なかなか良いお酒ですね〜。でも、やはりちょっと強いかな?

この龍勢、燗酒のイメージを持っているのですが、この酒に火入れがされて熟成されると良い酒になる気がしますね。

この新聞紙を使った包装もよろしいですね。中国新聞で包まれており、そこにラベルが貼ってあるのです。「食で活力 地域に笑顔」という記事が使われていますが、この辺りは意識的に選んでいるのでしょうか。
(殺人事件の記事というわけにも行きませんものね。)
写真ではわかりませんが、一番上のキャップ部分には女性の顔が来るようになっています。このあたりもワザと?

【スペック】
龍勢・蔵生原酒 吟造り純米無濾過(143年目仕込み3号)720ml/藤井酒造(広島県竹原市)使用米:八反錦 精米歩合:60% アルコール度数:18度 価格:¥1470 購入場所:鈴伝(四谷) 出荷年月日:06.01

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006/02/06

お台場で犬散歩!

土曜日。お台場に出かけた本当の目的はレンタルドッグでした。
デックス東京ビーチにあるパピーザワールド
ここでは様々な犬種を時間制で借りる事が出来、目の前の海岸を犬を連れて散歩をする事が出来るのです。
しばらく前から長女が犬を飼いたいと言い出しているのですが、諸々の事情ですぐには無理。
ならば将来のシミュレーションも兼ねてレンタルドッグをしてみようか、となった次第です。
ここでは借り主の年齢等を考慮して借り出す犬種を推薦してくれます。
娘ははじめチワワを希望したのですが、リードではなく抱っこでしか移動は出来ず、しかも子供は抱っこは出来ないとの事(おそらく落としてしまったりするからでしょう)。なので、必然的にチワワは無理で。
それならばと、犬を飼う際の有力候補でもあるキャバリアに。
名前は“がじろう”。
“がじろう”と言うと、“佐藤我次郎”しか思い浮かばないけど、まあ良いや。
dog__4  
これが“がじろう”。

がじろうとお散歩グッズ(水用の容器やトイレの始末道具が入っている)を受け取り、さっそく散歩に。
店の外に出た途端、なにやらがじろうがソワソワ。挙動不審。
何かと思っていたら、さっそくウンチを。まだ散歩もしていない内からティッシュを出して始末をする事に。いや、犬を飼うというのはこういう事なのですね。

気を取り直して海岸へ。しかしこの“がじろう”。いろいろな柱を巡り歩いてはマーキングの繰り返し。散歩というよりはマーキングの為の移動。ちゃんと歩くようにするとしばらくは真っすぐ歩いてくれますが、すぐにまたマーキング行動。

サイトの犬紹介の文にもありますが、気も弱いようで他の犬が近づこうとすると露骨に避ける。そして地酒星人や娘と目を合わせない(でも、歩きながらチラッチラッとは良く見ている様子)。犬の本によるとキャバリアは物怖じしない性格と記されている事が多いのですが、やはり個体差も大きいのだなぁと認識しました。

この日は凄く気温の低い寒い日でしたが、犬を連れて悪戦苦闘していたのでそんなに気になりませんでした。
帰りは水上バスに乗り、台場の青い海を見ながら日の出桟橋へ移動しました。
陽光に反射する海が綺麗でした〜♪
dog__2
さよなら“がじろう”。
がじろう「疲れる人間だったぜ・・・。」

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/05

台場一丁目商店街!

今さらなんですが、デックス東京ビーチにある台場一丁目商店街を覗いて来ました。
ここは昭和30年代の町並みを再現したショッピングスペース。
あの頃に売られていたオモチャや駄菓子、食べ物などを買い歩く事が出来ます。
懐かしい射的やミニボーリングなどのゲームもありましたね。
あまり期待はしていなかったんですが、結構広いスペースだし各地に出来ている昭和30年代ものの中ではかなり本格派なのではないでしょうか。
ここまでやるか!と思わせる凝ったディズプレイが多く、予想外に楽しめました。

地酒星人的に不満なのは、やはり飲めない事。
赤ちょうちんのディズプレイがあるのだから、やはり一杯行きたいところですね〜。
運営上、いろいろ問題があるのは解りますけれど・・・。

odaiba__1
昔の茶の間のディスプレイ。

odaiba__2
ありましたよね〜。こんな電話ボックス。

odaiba__3

スバル360。なんて良いデザインなんだろう。このままサイズアップして、現代のエンジンを載せて復刻してくれたら買いたいな〜。

odaiba__4
中に入れると良いのだけど、壁面に作られたディスプレイなんですよね。でも、こういうのがたくさん有って凄く頑張っているのは伝わって来ます。

odaiba__5

地酒星人の生涯最初のアイドルがこのアトム。

odaiba__6

このような雑貨店がそこかしこにたくさん有ります。

odaiba__7
驚いたのが陳列ケースに飾られていた、この「美智子さまぬり絵」。
今ではちょっと考えられないかも。

というわけで、先週のハトヤに引き続き昭和の香りの中に遊ぶ後ろ向きオヤジでした(苦笑)。
旧正月のせいか、中国系の観光客がたくさん来ていたようですが、彼等の目にはこういう場所ってどう映るんでしょうか?ちょっと聞いてみたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/02/04

谷川岳・燗酒!

谷川岳、という酒が有るのを始めて知りました。
これはもちろん名の通り、群馬県の酒なのでありました。
特醸とありますが、特定名称酒表示がないので普通酒でしょうか。

tanigawadake「燗酒」と指定がありますので、もちろん燗で飲んでみます。
・・・え〜とですね。悪い酒ではありません。
どうしても燗の場合に添加アルコールのピリピリ感が少し強めに感じられますが、スペック的には仕方ない範囲でしょう。
香りも普通だし、飲み口も特筆すべきものではない印象です。

ブログをやっていると、たまにこういう特筆すべきものの無い酒に巡り会います。
記載するかどうか迷ったのですが、このブログは自分の地酒備忘録も兼ねている部分がありますので、後に思い起こすために掲載してみました。
逆にすごく欠点が有る酒の方が書きやすかったりするんですよね(^^;)。
なので、面白くない内容でごめんなさい。

あ、川場村って、川場スキー場があるところですね。

【スペック】
谷川岳・燗酒 720ml/永井酒造(群馬県利根郡川場村)使用米:不明 精米歩合:不明 アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥900くらい 購入場所:枡屋(四谷) 出荷年月日:05.10

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/02/03

未確認飛行物体!?

2日午後2時30分頃、長野県諏訪湖畔上空を飛行する謎の物体をアマチュアカメラマンが捉えた。この飛行物体は今までに見た事の無い、定まらない軌道で飛び続けていたと言う。撮影した山田さんは「まるで酔っぱらっているようでした。」と語った。
謎の飛行物体は諏訪湖駅周辺をフラフラと飛びまわり、いくつかの建物の真上に止まりながら、しばらくすると何処かへ飛び去っていった。飛行物体が止まっていた建物はすべて酒蔵だったらしい。諏訪湖周辺は酒蔵が密集している事で知られているが、何らかの関連性が有るかどうかはわからない。【共同】
ufo-1

あ〜あ、地酒星人の乗り物がとうとうカメラに撮られてしまったようです。
昼間にフラフラ飛んだら駄目だと言っておいたのですが、この季節、ただよう新酒の香りに我慢が出来なかったみたいですね(溜息)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/02

高砂・琉の扇!

先日、伊東旅行の際に偶然見つけた酒屋さんで購入した酒です。
このお店、磯自慢や喜久酔などの静岡の銘酒を軒並み扱っており、ひじょうに迷いましたが東京で手に入れづらい高砂を選びました。
高砂「琉の扇」。純米の生詰です。

takasagoこの高砂、富士宮市の富士山伏流水を使用しており、詳しくは知らないのですがひじょうに特徴がある水らしく、独特の味わいを持つ酒になっているようです。
以前に山廃純米を試した事がありますが、とても良い酒でした。
さて、この「琉の扇」はどうでしょう。

香り。上品な中に米の凝縮感有り。甘さを予感させる風味も混じります。
味わい。導入部、柔らかく感じます。その柔らかさの中に辛さが現れます。酒を舌の上に転がしていると、抑制が効いた中に米の旨味が立ち上がって来ます。
ほんのり甘さを伴った旨味。鼻腔を米の風味が抜けて行きます。
派手さは無いですがバランスの良い酒。旨いです。
最期を優しい辛さが締めて、次の杯をうながします。

食欲があまり無いような時に、カレーを食べると食欲を刺激されたりしますが、この酒はそんな感じの後を引く味わいを持っていますね。
今年はこの高砂をもっと経験してみたいと思いました。

【スペック】
高砂「琉の扇」純米生詰 720ml/富士高砂酒造(静岡県富士宮市) 使用米:山田錦 精米歩合:60% 日本酒度:+5.5 杜氏:吹上弘芳(能登杜氏) アルコール度数:15度以上16度未満 価格:¥1,155 購入場所:今井酒店(伊東) 出荷年月日:05.12

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/01

鶴の友・別撰!

鶴の友といえば新潟は樋木酒造の醸す銘酒として著名ですね。
ひじょうに小規模な蔵なので、そもそも流通している数が少なく、なかなかお目にかかる事が出来ません。
それでもたまに都内百貨店に出ている事があり、運良く行き会えばその味わいを経験出来ます。
この鶴の友・別撰も新宿伊勢丹で手に入れた一本。
あの新潟酒の中でも異色な上品な旨味とバランスの良さを楽しめるでしょうか。

tsurunotomo早速味わってみます。
香りはほんのり青リンゴのよう。
口に含んでみます。
鶴の友らしい優しい導入部に引き続いて・・・。
・・・あれ?・・・あれれ?
・・・う〜ん、あまり旨味が感じられず・・・。
少し苦みも感じてしまいますね・・・。

以前味わったバランスの良さが感じられません。各味がバラバラな印象が有り、なんというか、味の粒子がひじょうに荒い印象を受けます。

どうした!? 鶴の友。
もしかして、杜氏が変わったかなぁ・・・。
この別撰、アルコール度数が16度以上ありますので、その辺も荒さを感じる要因になっているかもしれません。尚かつ当月出荷という事で、新酒であるならばまだ若過ぎるという事なのかもしれませんね。

【スペック】
鶴の友・別撰 1.8l/樋木酒造(新潟県新潟市)使用米:不明 精米歩合:不明 アルコール度数:16度以上17度未満 価格:¥2,191 購入場所:新宿伊勢丹 出荷年月日:06.01

| | コメント (11) | トラックバック (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »