« 地酒星人、試衛館跡地に立つ! | トップページ | ちょっと遅めの年頭所感(というか雑感)。 »

2006/01/05

飛露喜・特別純米無濾過生原酒!

3日の晩に放送された「新選組!!土方歳三最期の一日」。
地酒星人の思い入れの強いこの作品を観る時は、土方ゆかりの土地の酒を飲みながら過ごしたいと思っていました。
その為にわざわざ入手したわけではないのですが、会津の酒、飛露喜・特別純米無濾過生原酒がありましたので、これをいただく事にした次第です。

いくつかの日本酒ブログで新たな造りの飛露喜が好評のようです。
地酒星人は最近いただいていませんでしたが、このブログ開設以前は特別純米を中心に数本経験をしています。
抽象的な言葉ですが「チマチマと旨い」印象がありました。ガツンと旨味があるわけではないが、優しい飲み口の中にソフトな甘みが広がるイメージです。
範囲は大きくないのだけれど、限定された味の幅の中で旨味が乗っている感じ(わかりにくい表現ですね)。

hirokiさて、この酒はいかに。
品良い吟醸香を感じます。
口に含むと、甘みを中心とした強めのアタックを受けます。
おお、これはたしかに今までの飛露喜とは違う印象。
各味のトーンが以前飲んだものより強く、生原酒らしいフレッシュ感が有ります。
良い酒です。たしかに以前の飛露喜とは違いますね。
ただ、個性的かと言うと首を傾げざるを得ないかもしれません。
銘柄はすぐに出て来ませんが、以前飲んだ他の酒(たとえば十四代)、それ以外にも数銘柄と似ている感じがするのです。
充分旨い酒なので、そんな事を言うのも酷だとは思うのですが、地酒界の新たな旗手でもある飛露喜ですから、もっと個性を感じられる味を持っていて欲しいと思うが故の我がままとお思い下さい。
逆に前の「チマチマした旨さ」の方が個性的で有ったような気がします。
(日本酒って難しいですね・・・。)

【スペック】
飛露喜・特別純米生原酒 1.8l/廣木酒造(福島県会津若松市) 使用米:不明 精 米歩合:55% 使用酵母:不明 アルコール度数:17度以上18度未満 日本酒度:+1 酸度:1.6 アミノ酸度:1.3 購入場所:鈴木三河屋(赤坂) 価格:¥2552 出荷年月 日:05.12

|

« 地酒星人、試衛館跡地に立つ! | トップページ | ちょっと遅めの年頭所感(というか雑感)。 »

コメント

確かに個性的なお酒という点では以前飲んだもののほうが個性があったようにも思えますね〜やはり使用している米を王道に変えたことが、どこかで味わったことがある味わいになったのでしょうかね〜??
しかし、クオリティーは以前に比べ確実に良くなっていると思います〜

投稿: 酔ゐどれ | 2006/01/05 08:20

なるほど。僕は以前の飛露喜の味が記憶にないので、地酒星人さんの説明でなんとなく違いがわかりました。初めて今の飛露喜を飲んだときは、最近はやりの味だなと思いました。ただ、この味、僕は結構好きです。

投稿: あつし | 2006/01/05 12:04

4年以上前の飛露喜を知らないので、「チマチマした旨さ」がどんなものなのか、逆に味わいたいです~。
でも、確かにインパクトは無いにせよ、ウマイことはウマイんですよね。

投稿: まき子 | 2006/01/05 13:44

《酔ゐどれさん》
たしかにそうなんです。
以前の“チマチマと旨い”路線が好きというわけではないんです。
クオリティは高くなっているんですよね。
なので、言いがかりを付けているような話なのです(^^;)。
今思ったんですが、自分がこれ系の味を飽きて来ているだけなのかもしれません。


《あつしさん》
ここ数年の飛露喜はあまり評判が良くなかったようなんですが、それと私が“チマチマと旨い”と評した時期が重なるのかもしれません。
デビューした当時は、もっと“ガツン”と来る酒だったという事も聞きますので、逆に以前の味を取り戻しているのかもしれませんね。


《まき子さん》
そうなんです。ウマイことはウマイんです。
ただ、たとえば自分くらいの利き酒能力であれば、他の似た味の酒と目隠しで比べたら絶対違いがわからないのではないかと思います。
それは個性で売る地酒としてはどうなのかと・・・。
ただ、こんな事を言うのは大きなお世話だとは思っていますが(^^;)。

投稿: 地酒星人 | 2006/01/05 23:00

うぅ・・禁酒してるときは、やっぱりこういうお酒ブログは見るとダメですね。
チマチマってどういう味だろう~って想像してたら飲みたくなってきてしまった・・。こんな夜中だというのに・・寝よう!!

投稿: hirorin | 2006/01/06 01:28

hirorinさんが禁酒をしているなんて・・・。
天変地異がおこらなければ良いが・・・(爆)。

投稿: 地酒星人 | 2006/01/06 09:56

出たばかりの頃の飛露喜は、
ガツンとくる強烈なインパクトがありました。
それに色々な米を試し、
山廃にもチャレンジしたり、
とても魅力的な蔵でした。
個人的に、ポスト十四代はここしかないと思ったものです。
でも、売れすぎました。
急速に味がおとなしく水っぽくなり、
チマチマしていたのはその頃ではないでしょうか。
ここ1~2年、
急速に回復基調にあるとは思いますが、
以前のような輝きは確かに感じません。
リハビリ中ということで、
もう少し見守っていきたいと思います。
って、私が言い訳する必要はないのですが(苦笑)、
一応福島県民なので・・・・・・・・

投稿: みみず | 2006/01/07 09:38

やはりデビューの頃に戻りつつ有るという事なのですね。

>急速に味がおとなしく水っぽくなり、
なるほど〜。その辺りの事を私が“チマチマ”と表現したのかもしれませんね。

さらに旨味を増していって、是非十四代超えを狙って欲しいところですね。
あ、それだと今度は山形が?(^^;)

投稿: 地酒星人 | 2006/01/07 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/8004563

この記事へのトラックバック一覧です: 飛露喜・特別純米無濾過生原酒!:

» 飛露喜 無濾過生原酒 [日本酒素人~酔ゐどれ]
飛露喜の初しぼりを飲んで、その出来が気になっていた特別純米 無濾過生原酒~現在、我が家の冷蔵庫は満席でしたが、どうにもこうにも気になって購入してしまいました~ 香りは高くはないのですが、銘柄らしさを感じます~一口、口にすると甘みが広がりその後に酸味が煌めく感... [続きを読む]

受信: 2006/01/05 08:24

» 元旦に飲んだ盛岡のお酒、純米大吟醸「酒宝」 [煙草入れとブリキの車とコレクション]
岩手県盛岡市の菊の司酒造株式会社で作られた、日本酒です。 品書きに書いてある事の抜粋。 純米大吟醸「酒宝」七福神は、その年ごとに、最高の造りと認めた酒を、更に7年の歳月をかけ、ゆっくりと熟成した酒である。 とか書いてあり、限定たった200本との事で、幻(まぼろし)の地酒でしょうか? さすが伝統のある南部杜氏丹精をこめて作った酒、なのにあっと言う間に、無くなりました。もったいない。 盛岡の「彩四季」のお店の主人から頂き... [続きを読む]

受信: 2006/01/05 19:28

» 飛露喜 特別純米 無濾過生原酒 [暴飲族]
最近、酔ゐどれさんや地酒星人さんのブログでも紹介されていましたが、せっかくなので、暴飲族の感想も述べちゃったりします。(かなり好みが偏っていますので、聞き流してください。) ただ、違う点がひとつ。我々のは、プチ熟成酒なのです。以前、酒屋源八さんにおじゃましたときに、いろいろ試飲させていただきました。この飛露喜もその中にあったのですが、新酒と熟成酒を飲み比べてみると、完全に熟成酒の方がうまい。片方だけ�... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 23:18

« 地酒星人、試衛館跡地に立つ! | トップページ | ちょっと遅めの年頭所感(というか雑感)。 »