« 神亀・カメカップ! | トップページ | 妄想の地酒テーマパーク。 »

2005/11/10

杜の蔵・特別純米酒「杜氏の詩」!

杜の蔵(もりのくら)の、“杜氏の詩”です。
初めて飲む酒です。
気温が下がって来たこの季節、我が家のお燗要員として池袋東武より招集してまいりました。

toji始めから燗をつけて飲みます。
香り。熟成感のある落ち着いた香りです。
口に含んでみます。柔らかい当たりですが、その後にやや強めのアタックがあり、最後は辛さが立ち上がって、味をしめて行きます。コクのある飲み口といいますか・・・。
なかなか味わい深い良い酒ではないでしょうか?
特記すべき事はありませんが、丁寧に作られ、熟成されている印象を持ちました。

この酒はレギュラーの“神亀”に飲み口が似ているような気がしましたが、皆さんはどう思われるでしょうか?

【スペック】
杜の蔵・特別純米酒「杜氏の詩」 1.8l/株式会社 杜の蔵(福岡県久留米市三潴町)使用米:大地の輝 精米歩合:60%以下 日本酒度:+9 酸度:1.4 アミノ酸度:1.2 使用酵母:9号 杜氏:末永利幸 アルコール度数:15度 購入価格:¥2310 購入場所:池袋東武 出荷年月日:05.07

|

« 神亀・カメカップ! | トップページ | 妄想の地酒テーマパーク。 »

コメント

良酒であることは間違いないですが、神亀ほど背筋が伸びていないと思う。

投稿: 煮酒 | 2005/11/10 10:21

なるほど〜。なんとなくわかります、その表現。
ウチでもよく妻と「この酒は四隅がキチッとしてる」などと言い合ったりしています。でも、日本酒ってそうとも言わないと表現出来ない味の世界がありますよね。

投稿: 地酒星人 | 2005/11/10 12:55

画像が2つ交互に出てくる!スゴイ!!
私もデパ地下で見かけました。
この外側の袋についつい目が行ってしまいますね。
丁寧さのあるお酒って、飲み飽きしない、
食べながら飲むのによさそうな印象があります。

投稿: まき子 | 2005/11/10 15:33

この画像の見せ方、一度やってみようと思っていたんです(^^)。
始めにアップした時は時間の設定をしていなくて、ものスゴイ早さで写真が交互に変わってしまいました(汗)。
目がチカチカしてとても記事を読むどころじゃないので、速攻でアップし直しましたが。
「杜氏の詩」は完全に食中酒でしょうね。この季節、お燗で飲むと体がポカポカになります。

投稿: 地酒星人 | 2005/11/10 15:58

こちらの蔵の酒、独楽蔵と大手門は飲みましたが、
杜氏の詩は買ったことがありません。
蔵元のサイトを見ると「食卓で活躍するタイプ」とのこと。
地酒星人さんの感想のとおりですね。
ちなみに大手門は「優しく上品なタイプ」で、
独楽蔵は「熟成させた味わいタイプ」。
私が飲んだ感じでは、なかなか上手い表現だと思います。
普段用の食虫酒として、こんど試してみたいです!
そのときは神亀も一緒に購入ですね。

投稿: かず | 2005/11/10 16:28

こんばんわ!
先日「杜氏の詩」ではありませんが
「杜の蔵」のお酒を呑んだのでトラバいたしました~!

投稿: 純米狂@takezo | 2005/11/10 22:45

すごいな~、写真眺めていたらいきなり洋服脱がれたのでビックリ!!
さすが地酒星人さんですね~

ところで・・また素人質問。燗つけるのに適したお酒のワンポイント、あったら伝授していただけますか?

投稿: hirorin | 2005/11/10 23:50

「この酒は四隅がキチッとしてる」
これ、良い表現ですね。(・∀・)/

わたしはよく「枠がある」という言葉を使うのですが、これと同じ感覚でしょうか?といっても分りませんよね(^^;;

語感としては、「四隅がキチッと」の方がより重厚な味わいを立たせているニュアンスが出ているように思いました。

投稿: 菱沼かれい | 2005/11/11 01:27

昨夜は「おでん」、今夜は「なべ」でした。燗つけずにはいられない季節となってきました。
「四隅がキチッと」、写真の評価にも使えますね。

投稿: おっかん | 2005/11/11 03:16

《かずさん》
杜の蔵も様々なバリエーションを持つ蔵のようですね。
実は独楽蔵の2002燗バージョンは入手しているのです。
来週あたり記事に出来ると思いますが・・・。


《 純米狂@takezo さん》
TBありがとうございます〜。
記事を拝見させていただきますね。
なかなか素晴らしい酒の会のようですね!


《 hirorinさん》
>写真眺めていたらいきなり洋服脱がれたので
ははは。酒のコスプレみたいですね。
燗をつけておいしいのはどういう酒か?という事ですかね。
私も素人なのであまり良いアドバイスは出来ないですが・・・。
う〜ん、香りがあまり華やかではなく酸味のしっかりある酒という事ですかね〜。
あ、それと山廃とか生もと造りなどがされていると、燗上がりがするように思います。ある程度熟成されていた方が良いようです。


《菱沼かれいさん》
あ〜、「枠がある」も良い表現ですね。
これも「背筋が伸びている」に通じるところがありますね。
日本酒の表現、難しいですがわかる人はピンと来ますよね。


《おっかんさん》
黒牛は燗で飲んだ事ないですけど、あの酒も結構イケルんじゃないでしょうか。
「四隅がキチッと」。いろいろな分野で使えそうですね。

投稿: 地酒星人 | 2005/11/11 09:22

このお酒、去年の誕生日にお客さんから頂いたなー。
でも、車の中でしばらく置いていたらしく、なんだかぼんやりして、酸味が強くて、即料理酒行きになってしまいました。
それから避けてたんですけど、やっぱりちゃんと買って飲んでみようかな。

投稿: きくちゃん | 2005/11/11 22:05

あ〜、それは残念でした。
もともと酸味は強めの酒ですが、やっぱり車の中はいけませんね。
“車内燗”はちょっと・・・。
晩酌にはもって来いの食中酒だと思いますよ〜。

投稿: 地酒星人 | 2005/11/12 09:53

なるほど。四隅がキチッと・・・
いただき♪(笑)

投稿: 明@由紀の酒 | 2005/11/15 07:52

「四隅がキチッと」。なんか評判良いですね(^^)
その内、日本酒ブロガーの用語がみんな同じになったりして。

投稿: 地酒星人 | 2005/11/15 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/7009964

この記事へのトラックバック一覧です: 杜の蔵・特別純米酒「杜氏の詩」!:

» 【2005’銘酒を楽しむ会】 [純米狂 酔ゐどれ日記「酒もってこい(*'с'*)ノ彡☆ば...]
前日の盛大なる「前夜祭」の後遺症も殆ど感じられず 何とか依田酒店主催「銘酒を楽しむ会」に参加することが出来たtakezo達一行!今日も呑む気マンマンである!(・_☆) キュピーン!! さて今回も蒼々たる蔵元さん達が参加されて会場は大賑わいをみせいた! 参加された蔵元さんは次の通り ◎「秋鹿酒造@秋鹿」   ◎「旭菊酒造@旭菊」  ◎「泉橋酒造@いづみ橋」   ◎「杜の蔵@大手門 独楽蔵」  ◎「青島酒造@喜久酔」   ◎「月山酒造@銀嶺月山」  ◎「鯉川酒造@鯉川」   ◎「雑... [続きを読む]

受信: 2005/11/10 22:42

« 神亀・カメカップ! | トップページ | 妄想の地酒テーマパーク。 »