« 司牡丹ほろよいカップ! | トップページ | 賀茂泉カップ! »

2005/10/25

義左衛門カップ!

【変わりカップシリーズ第2弾!】
見るのも初めてなら、飲むのも初めてです。
義左衛門。若戎酒造の醸す酒です。
gizaemon“青山の銘酒”と謳ってあるので、てっきり港区青山の事かと思ったくらいです(苦笑)。
三重県の伊賀青山の酒という事なのですね。

黒基調のアルミ缶に入っている、なかなかスタイリッシュなパッケージです。
プルリングを引っ張って、上面をすべて取り去る形です(菊水の“ふなぐち”等と同じ体裁)。

カップでは珍しい、純米吟醸です。
香りは、ごくうっすらと吟醸香を感じます。それに加えてアルコール感。
飲んでみましょう。
純米らしさを感じる、抑えめだけれど存在感を感じさせるアタックと、ひとテンポ遅れてやって来る塩気を伴った辛さ。含み香は上記の上立ち香を控えめにしたもの。余韻はごくあっさりしています。
はい、悪くない酒です。かといって、特に印象に残る事も無いかな、と・・・。

菊水の“ふなぐち”は、ひじょうにアクの強いパッケージで、「日本酒が嫌いなら買うな!」と言っている印象なのに対し、この義左衛門のアルミ缶のデザインは新しい客層が手を出してくれる可能性があると思います。
それであればこそ、もっと吟醸香の有る芳醇旨口酒をパッケージした方が面白い展開が出来るような気がしました。
義左衛門の特長を良くわかっていないので、見当違いな事を述べているかもしれませんが。
しかしこの黒いデザイン。伊賀の酒ですから、忍者をイメージしているのかもしれません。味の方もことさらに存在を感じさせない忍者のような・・・などと思っていたら、この蔵元で本当に「忍者」という酒を出していてビックリしました。

gizaemon2

上面から。プルリングを引っぱり上げます。

【スペック】
義左衛門・純米吟醸 180ml/若戎酒造(三重県名賀郡青山町)使用米:五百万石 精米歩合:60% アルコール度数:15度以上16度未満 購入場所:丸正(四谷) 購入価格:¥ 289 出荷年月日:05.09

|

« 司牡丹ほろよいカップ! | トップページ | 賀茂泉カップ! »

コメント

「若戎は飲んだことがあるのですが、「義左衛門」は初めてみました。飲んでみたいです。

余談ですが、三重と言えば・・・また、「三重錦」の蔵にでも行ってみようかと思っています。

「菊水・ふなぐち」のすごいところは、昔からコンビニで買える、ってことですよね。
あのちょっとオレンジっぽい熟成のふなくちも、なかなかいけますよね。 ^0^

私も、「タンレイカラクチ」は好みではないので、新潟のお酒は不向きなものが多いのかもしれませんが、年に1度、京都・伊勢丹で樽から直接量り売りをしてくれはるんです。(量り売りってゆっても、4合か一升か、ってことですが)(新宿の伊勢丹などでもやってはると思いますが)
それは好きで、にごりの「五郎八」と一緒に買ってきます。
蔵の人とも話ができるし、なかなか楽しいです。

投稿: はんな | 2005/10/25 10:41

お。三重錦といいますと、あの現役ボクサーの方がお一人で造っているという蔵ですか?すごく興味があります〜。
量り売りって、なんか良いですよね。小さな瓶で小分けして貯蔵よりも、ある程度まとまった量があった方が酒質が変化しづらい気がして、その酒本来の味を保てるような気がしますので(あくまでも「気」ですが)。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/25 11:53

>しかしこの黒いデザイン。伊賀の酒ですから、忍者をイメージしているのかもしれません。味の方もことさらに存在を感じさせない忍者のような・・・

伊賀上野には「半蔵」という銘柄の酒を醸す、大田酒造という蔵もアリ。
HPもあったはずなんで「半蔵」で検索すれば引っ掛かるかも。
機会があれば御賞味あれ!

投稿: 桂自然 | 2005/10/25 15:55

このアルミのパッケージ、今のカップ酒よりも気密性も高そうだし、デザインの仕方によっては、良い物ができそうですね〜
ベビーシャンパンではないのですが、なんかスタイリッシュに気軽に日本酒が楽しめるなんてコンセプトで作ったら面白うそうですね〜

投稿: 酔ゐどれ | 2005/10/25 16:23

近くのスーパーでも、こんなコア?な種類のカップ酒があるなんてスゴイ!
ウチの近くの赤札堂には絶対ないです(涙)。
でも、確かに「ふなくち」なんかと比べると、カッコいいですね。

投稿: まき子 | 2005/10/25 17:22

純吟っていうのがいいですね~。
この値段ですから、酸味さえきつくなければ、多少の(値段相応の)辛さやアルコール臭ぐらいはガマンして飲めそうです。いや、もちろん家では飲みませんけど、例えばどっかに出掛けていて、持って行ったお酒が切れたときの応急処置としてとか。

投稿: あつし | 2005/10/25 18:34

《桂自然さん》
あ、「半蔵」は山輝亭さんのブログだったかな?で、チラッと拝見した事があります。
酒の詳しい事は知らないんですが、我が家のお墓が服部半蔵が開いた寺にあり(半蔵の墓と使っていた槍も現存)、実はちょっと興味を持っているんですよ〜。


《 酔ゐどれさん》
ええ、なかなかカッコ良いパッケージなんです。デザインを頑張れば、かなりインパクトを持たせる事も可能なのじゃないかと思います。


《まき子さん》
四谷三丁目には「丸正」と「セイフー」という、深夜営業のスーパーがあって便利なんです〜。でも、本当は酒販店で選びたいんですよ〜。


《あつしさん》
>持って行ったお酒が切れたときの応急処置としてとか。
あ、それなら充分な内容だと思います。
いろいろな蔵でも純吟クラスを出して欲しいですね〜。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/25 23:25

う~ん、「義左衛門」を置いてあるスーパーって、相当日本酒に詳しい担当者がいるのでしょうか?そっちの方に興味があります・・・。

この「義左衛門・純米吟醸」、4合&1升瓶と全く同じデザインのラベルですね。と言う事は、同じ酒が入っているのだろうか?
)なんか、皆さんの記事を読むと別物という感じがするので・・・)
でもなんか、私の飲んだ物とは違う感じがします・・・。

投稿: 山輝亭 | 2005/10/27 07:55

いや〜、丸正はそんなにこだわりは持っていないと思いますが・・・。でも、たまに様々な地方の地酒特集のような事をやっているんですよね。
問屋がいろいろと仕掛けているのかもしれません。

>私の飲んだ物とは違う感じがします・・・。
カップの場合って、同じ酒でも印象が変わってしまう事がありますからね〜。
でも、義左衛門をご存知とはさすがです。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/27 14:16

いや~、「若戎」&「義左衛門」は大好きです~。

投稿: 山輝亭 | 2005/10/29 02:43

あ、お好きなんですね〜?
「若戎」&「義左衛門」、また機会があれば飲んでみたいです。
ラベルのデザインなんかもがんばっていますよね〜。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/29 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/6557804

この記事へのトラックバック一覧です: 義左衛門カップ!:

» 菊水 ふなぐち [なせばなる・・・]
[#IMAGE|/imgsrv24/c/u/r/e/reisanjin/photo/05/10/25_11302329018734.jpg|left#] 新米新酒と2005熟成。 どちらも生原酒。 新米新酒のは10月13日日付。一番絞りつうことは9月には仕込始まっているんですかねぇ〜炭酸ガスが含まれないということはもっと前ですか? そ・れ・と・も・・・今度調査します。 しかし、いつもと同じ味わいを感応できるロッドの大きさには驚かされる。これもアルミ缶の特異性でしょうかねぇ〜 原酒独特... [続きを読む]

受信: 2005/10/25 18:50

« 司牡丹ほろよいカップ! | トップページ | 賀茂泉カップ! »