« 川越芋掘りで月の中! | トップページ | ワンカップ大関・大吟醸! »

2005/10/21

土方復活!

いろいろなブログを毎日拝見しているのですが、この時期って、皆さん忙しい方が多いようですね。
そういう私もご多聞に漏れず忙しいわけで・・・。
なおかつ疲労した時にかかりやすい歯肉炎の為に抗生物質を服用しており、酒は飲めないわけです(実は多少飲んでいたりしますが)。
とりあえずは来週後半くらいになれば落ち着くかなあ・・・とは思っておりますが。

公私共にそろそろ来年の話もいろいろ出て来ていたりしますが、正月に自分にとってひじょうに大切なテレビ放送があります。
それは、「新選組!!土方歳三最期の一日」
昨年の大河ドラマ「新選組!」の続編として、89分の短い尺ではありますが正月時代劇として復活するわけです。
大河ドラマ自体は香取慎吾演じる近藤勇の死で終わったわけですが、近藤以上にカリスマ的な人気を誇る土方のその後(函館まで転戦)を見たいという声が強くわき起こったのですね(土方というより山本耕史ファンも多いですが)。ファンによる続編制作要望の署名などが大規模に行われ、NHKがそれに応えた形です。
単発ドラマとはいえ、大河の続編が制作されるのは史上初めてらしいですね。
丁寧に緻密に描かれた昨年の大河の続きとして、スゴク楽しみです。

まさにハマリ役である山本耕史の土方の最期を、正月は正座しながら見るつもりでおります。
hijikata2

写真は食玩の「歴史浪漫」シリーズ・洋装の土方歳三。カッコイイ!

|

« 川越芋掘りで月の中! | トップページ | ワンカップ大関・大吟醸! »

コメント

はじめまして。
あっきさんのページから飛んでまいりました。
日本酒を少し飲み始めようかと皆さんのページを読ませていただいておりましたが、この記事には書き込みせずにはいられなくて(笑)
私が時代劇にはまったきっかけは・・「新選組」でした。
大河は入り込みやすくま~気に入らない点もありましたが楽しみながら見ておりました。
昨年の年末、歌舞伎観劇の為京都へ日帰りで行った際は「壬生寺」と「八木邸」見物ははずせないと駆け足でしたが見学してきました。
刀傷や芹沢鴨の暗殺された部屋等、興味深かったです。幕末に義の為戦った彼らがここに居たのか・・と感慨もひとしお・・
正月の特番も非常に楽しみですね!
五稜郭での土方の戦いっぷり、どんな映像になるのかな~~

投稿: ちゃこ | 2005/10/21 10:05

わたしもすごく楽しみにしている1人です。また土方副長に会えるなんて、NHKの粋なはからいですよね。

NHK大河の「新選組!」のDVDBOXも欲しいなぁと思いつつ、値段と収納場所を考えて二の足を踏んでいるのです…。

投稿: Nosu | 2005/10/21 11:13

《ちゃこさん》
おお〜、ここにも「組!」ファンがいましたか〜。
私は東京周辺の史跡にしか行った事がないもので、壬生寺・八木邸を見学されたなんてうらやましいですね〜。
いつか訪れてみたいです。
なんかで読みましたが、前川邸の山南切腹の部屋が子供部屋として最近まで使われていたりしたそうで、京都恐るべし、って感じです。
正月を楽しみにしましょうね〜♪。(コメント修正させていただきました。)


《Nosuさん》
>NHKの粋なはからいですよね。
日頃不満の有るNHKも、こればかりは花マルを上げたいです。
惜しむらくは三夜連続6時間くらいの番組にして欲しかったですが。
「新選組!」は伏線張りまくりのドラマでしたから、始めの頃はのんびりした感じでしたが、後半になると俄然面白さが増して来ましたよね。DVDで見返したいものです。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/21 13:10

私は逆に東京在住がために近い史跡を見に行ってないのです。
実家が調布なくせに・・・
今日は久々に「新選組!」のビデオ見て改めて感動~~させていただきました
八木邸は想像したより狭く、あんな部屋で刀を振り回したのか!!と驚きましたし壬生寺は思ったより広く(笑)でもやっぱり観光地化してて新選組ゆかりの胸像などは見るのに有料。時間が無かったこともありなんか納得も出来ず入りませんでしたけど・・
でも、今では新幹線や飛行機で簡単に行ける京都へ徒歩で行かれたってことにまず敬意
質問なんですが、斎藤一は左利き?右利き?

壬生義士伝では左利きが強調されてるのに、オダギリジョーは左に刀さしてたし・・・

投稿: ちゃこ | 2005/10/21 23:04

おっ、実家が調布ですか!
完全に新選組エリアですね。
日野の日野宿本陣にも行かれていないですか?歳三の義兄の佐藤彦五郎邸ですが、最近各所補修されてリニューアルオープンしましたよ〜。土方昼寝の間なんかもありますので、まだのようでしたら是非。
↓くわしくは過去の記事で(と言ってもあまり内容は無いですが)。
http://jizake.cocolog-nifty.com/log/2005/05/post_b5b9.html

斎藤はどっちが利き腕だったんでしょうねえ・・・。
キャラクター的には左利きの方が“らしい”感じがしますが・・・。
御家人の家に生まれた男が、剣を習う際に左利きが許されたのかどうか・・・斎藤って大正まで生きたのに、ほとんど語っていないからミステリーな男なのですよね〜。
でも、壬生義士伝の竜馬暗殺の描き方には納得してしまいましたが。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/21 23:30

正座、ですか?
気合い入りまくりですね。
娘が新撰組大好き!なので、
私も観ることになると思いますが、
酒を飲みながらゆっくりさせていただきます。
すみません。

投稿: みみず | 2005/10/22 00:23

なんかしつこくコメントしちゃってごめんなさい(汗)
新選組!見てから壬生義士伝見て読んでもちろん号泣で、ほかの本も読みまくり、輪違屋糸里ももちろん読んで・・
それから京都へ行ったので八木邸では思うところたくさんありました。
私的には斎藤君はやはり左ききであってほしい・・どうしてもオダギリジョーより佐藤浩一のイメージのほうが強くて(笑)
新選組!でも斎藤君はあまり重要視されてないし・・
実家から近いがゆえに日野も遠くて(笑)
ブームが去ってから行こうと思ってたら今日までたってしまいました。
頂いた資料をもとにそろそろ行って見ます!
子供の頃大国魂神社もよくいったのにもったいないことに興味なかったもんで・・
今日改めて新選組!を見て、また感動も新たに、芹沢鴨もやっぱりかっこよくて(笑)
正月特番がますます楽しみに!!
明日は壬生義士伝を再再再再・・・・度見ちゃおう!!
夢に出そうです~~
またたまには新選組ネタも楽しみにしてますので宜しくお願いいたします~~

投稿: ちゃこ | 2005/10/22 00:33

《みみずさん》
あ、娘さんもお好きですか?
函館が中心に描かれると思いますが、福島(おそらく会津若松)のシーンも出て来ると思いますよ。土方は会津戦争の際は援軍を求めて藩外に出ていたのですが、白虎隊の少年達とも親交が有ったそうです。


《ちゃこさん》
大河での斎藤はたしかに描かれる比率は少なかったですが、とても丁寧に心境の変化を追っていたと思います。一介の不良少年から、冷酷な人斬りへ。そして、人を斬るのが怖くなり、最後は信じる人の為に命をかける喜びを知って行く・・・。
三谷氏は毎回脚本を書いた後に、斎藤を含めた試衛館の9人の視点で9回脚本を読み返していたと言いますからね〜。
でも、壬生義士伝の斎藤もハードボイルドで良いですよね。

投稿: 地酒星人 | 2005/10/22 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87121/6496570

この記事へのトラックバック一覧です: 土方復活!:

« 川越芋掘りで月の中! | トップページ | ワンカップ大関・大吟醸! »