« 各駅停車の旅4《雨の由比宿疾走篇》 | トップページ | 各駅停車の旅6・最終回《上諏訪リベンジは祭りの終わり篇》 »

2005/09/12

各駅停車の旅5《韮崎の里山探訪篇》

韮崎で落ち着いたホテルは、この旅の中では最も綺麗でくつろげる部屋だった。
シングルが空いていずにツインのシングル利用だったのだが、そのせいで部屋も広く、日中雨に打たれた体を休ませる事が出来た。
nirasaki3 落ち着いたところで、晩酌の出来る店を探して駅前方面へ出かけて行く事にした。
なかなか良さげな居酒屋を見つけたつもりだったのだが、この店は完全なハズレだった(詳しくは日をあらためて)。
帰り道、コンビニに立ち寄って明日の朝食を買い込む。
ホテルでも朝食バイキングはやっているのだが、それより早く出発したかったからだ。

何故?・・・そう、何故地酒星人は
ここ韮崎にやって来たのか?
ここに著名な地酒蔵でもあるのか?

・・・答えは否である。

・・・そう、
地酒星人は、ここ韮崎に
クワガタを採りに来たのだ!(爆)

・・・いや、これにはいろいろと理由がありまして。
ムシキング好きな地酒星人の次女。当然のごとく本物の昆虫も大好きで。
そんな彼女に、この夏本物の虫を実際に採集させてやりたいと思いつつ、果たせていなかったのだ。都心の秘密スポットへ何度も外灯採集に出かけたりの努力はしたのだが、さすがに採集には至っていなかった(セミの幼虫は無数に見つけたが)。
もう学校が始まってしまった次女を連れて来る訳にも行かないが、せめてこの旅を利用して虫を採って喜ばせたいという親心(バカ親?)。
それならば、虫のメッカ韮崎に行こうと思い、無理矢理日程に組み込んでいたのである。黒いダイヤとも称されるオオクワガタが素人に採れる筈も無く、コクワガタでも充分という心境だった(事実、韮崎でも乱獲および生息する樹のウロなどの破壊などによって、生息数が激減していると聞く)。

・・・しかし、外は台風による風雨である。様々な昆虫マニアの方のサイトを拝見するに、こんな雨の日に虫が採れる確立は相当低い。特に素人の地酒星人が採集出来る可能性は限りなくゼロに近いだろう。
しかし、虫は今年で居なくなる訳では無い。ならば、来年の下見も兼ねて行ってみよう、という決意でホテルを出た。
すると、雨が小降りになっている。
韮崎市役所の横を流れる河原に出た頃にはほぼ雨は止んでいた。
かすかな可能性を求めて、川沿いに立木をスクリーニングして行く。

nirasaki

いくつか怪しいクリの木などがあったので、薮をかき分け近づいたのだが、幹が完全に湿っている上に、根元はぬかるんでいて、素人目にもクワガタがいそうにも無い事がわかった。このまま雨があがり、明日になれば腹を空かせた虫たちがたくさん現れる感じはしたが・・・。

しかし、この土地は本当に虫の匂い(虫が居そうな雰囲気)が充満している。
普通に歩いているだけでトンボや蝶、バッタや蜂などが無数に挨拶にやって来る。その数がハンパでは無い。
見つける事は出来ないが、間違いなくここには無数にクワガタがいる事がわかる。
幼い頃、霞ヶ浦畔の母の実家の裏山で養った感覚がそう確信させる。

nirasaki2

歩いても歩いても、怪しい(虫のいそうな)林が続く。
しかし、もう駄目だ。やはり荷物を背負っての徒歩では限界がある。ここはやはり車を使って効率的に探す必要があるだろう。
来年は別の方法を模索する事として、韮崎の里山を後にする事にした。

実は、昨日の夕刻あたりから、仕事の問い合わせや相談が相次ぐようになっていた。台風はどうやらそれて行くようだったが、既に掛川行きを断念した時点で旅の予定は大幅に狂ってしまっていた。
「帰るか・・・。」
夏休みを一日残しながら、一人さびしく決意した地酒星人。しかし、このまま帰るのも物足りない。
ならば、と思い中央本線を再び北上。上諏訪駅へ再度降り立ったのだった。

《明日の最終回へ続く!》

|

« 各駅停車の旅4《雨の由比宿疾走篇》 | トップページ | 各駅停車の旅6・最終回《上諏訪リベンジは祭りの終わり篇》 »

コメント

これは寂しい。
でも、娘さん想いのお父さんのがんばりが伝わってきます。

投稿: あつし | 2005/09/12 09:57

いや〜、お恥ずかしい。
酒蔵めぐりの短い旅に、無理に韮崎を組み込んだが為に、なんとも消化不良となってしまいました。
来年はもう少し計画的に行きたいところです。

投稿: 地酒星人 | 2005/09/12 11:22

あともう一週間ぐらい早ければ、収穫の確率は高かったかもしれなせんね〜ホントこればっかりは、天候に左右されますね〜

投稿: 酔ゐどれ | 2005/09/13 01:08

日本全国どこいっても、チェーン店居酒屋が増えている今日この頃、地元の美味い酒、肴を安く飲ませる、食わせる居酒屋さんが少なくなりましたねえ。まあ地酒を看板に、やっている居酒屋さんも増えていますが、なかなか「正解」というわけには、、、。
当たり前だけど、人が入っている処はいい店が多かったかなあ。
それにしても、天候に恵まれませんでしたね。

投稿: おっかん | 2005/09/13 02:02

《酔ゐどれさん》
ホントにそうでした。まずは天候が良く無ければ始まりませんね。
も少し情報を仕入れて、来年再チャレンジします。


《おっかんさん》
>人が入っている処はいい店が多かったかなあ。
実はこの記事の韮崎で、良さげな店を見つけて(見つけたつもり)、夜行ったら最悪の味でした。道理で店にいる間中、他の客がひとりも入って来ませんでした。
賑わっている店でないと駄目ですね〜。

>それにしても、天候に恵まれませんでしたね。
そうですね。日頃の行いが悪いのでしょう。

投稿: 地酒星人 | 2005/09/13 07:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 各駅停車の旅4《雨の由比宿疾走篇》 | トップページ | 各駅停車の旅6・最終回《上諏訪リベンジは祭りの終わり篇》 »